記事の詳細

花粉症だけでなく、アトピー性皮膚炎や、ハウスダストなどによる鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状は季節的なものだけでなく、年を通しての悩みの種で結構ツライですよね。できれば、少しでも症状を緩和できればラクになりますよね。アレルギー体質の改善は免疫力をアップさせることなど、普段の食生活や生活習慣の改善をすることがまず大事ですが、こちらではサポート役として役立つハーブティーを活用した体質改善方法をご紹介します。お茶感覚で毎日続けやすいですので、是非参考にしてみてくださいね。

ルイボスとネトルのハーブティーでアレルギー体質を改善しよう

アレルギー体質の改善に役立つハーブティーは、ルイボスとネトルのハーブティーです。では、それぞれのハーブは具体的にどのようなものなのか、特徴と効果、ハーブティーの淹れ方を見ていきましょう。

ルイボスのハーブティーの特徴と効果

ルイボスは、マメ科アスパラトウス属のハーブで、アフリカの限られた地域でしか育たず、アフリカでは不老長寿のお茶として愛飲されています。オレンジのようなさわやかな香りがあるのが特徴です。ポリフェノールの一種であるフラボノイドが豊富に含まれており、抗アレルギー作用があるのでアレルギー症状の改善に役立ちます。また、老化の原因となる活性酸素を除去し、若々しいカラダを保つのにも役立ちます。

ルイボスティーの淹れ方

ルイボスティーは、煮出すことでよりルイボスティーの持っている効果を発揮します。煮出す場合は、1〜2リットルの沸騰したお湯にルイボスの茶葉を大さじ1入れて、蓋をしない状態で約20分煮出します。アレンジ方法として、メープルシロップを少し加えることでコクのある風味を楽しむことができます。

ネトルのハーブティーの特徴と効果

ネトルは、イラクサ科イラクサ属のハーブで、ビタミンCや葉酸、鉄分などが多く含まれており、造血作用があります。緑茶のような味わいで飲みやすいのが特徴です。血液に含まれるヘモグロビンと似た構造を持っているクロロフィルは、血液をキレイにする作用があり、アレルギーのもととなるアレルゲンに反応しにくい体質に導いてくれます。貧血予防や生理痛なの痛み軽減にも役立ちます。

ネトルのハーブティーの淹れ方

ティーカップにねとるの茶葉を大さじ1杯淹れます。その中に沸騰させた熱湯を注ぎ蓋をして2〜3分蒸らします。

ルイボスとネトルのブレンドハーブティーで相乗効果を

それぞれの茶葉を使ったハーブティーも効果的ですが、より相乗効果を得たい方や、また違った風味も楽しみたいという方は、ブレンドしたものもおすすめです。ルイボスは小さじ1/2、ネトルは小さじ2を用意し、ティーカップ一杯分(約200cc)のお湯を注ぎしばらく蒸らします。約1〜3ヶ月、毎日続けて飲むことで、アレルギー体質の改善効果が期待できます。

ハーブティーで美味しく体質改善しよう

アレルギー症状を改善するためには、カラダの免疫力をアップさせて体質改善することが必要ですが、ハーブティーはそのサポート役として役立ってくれます。花粉症の方は、シーズンが始まる前から飲みはじめるのがおすすめです。お気に入りのタンブラーに入れて持ち歩けば、いつでも好きな時に飲むことができて便利です。これを機にあなたもハーブティーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る