記事の詳細

ニキビの原因は皮脂分泌が関係

ニキビができる機序には、様々な原因により、皮脂分泌が過剰になることにより皮脂腺が詰まります。さらに皮膚に常在しているアクネ菌がこの詰まった皮脂のところで増殖することで、炎症が起こってしまいます。皮脂の分泌が過剰になる原因として、食事の乱れ、ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れ、ケア不足、髪の毛などの接触による刺激、腸内環境の乱れなどが挙げられます。ハーブティーを飲むときには自分のニキビがどうしてできてしまったか、原因を考え、症状に合うハーブティーを選びましょう。ここでは、ニキビの時にオススメのハーブティーをご紹介します。

ニキビが気になるときには血液浄化作用、腸内環境改善作用、ホルモン調整作用のあるハーブティー

ニキビができるときには、油物や甘いものを控え、洗顔や保湿などでお肌のケアをするとともに、ネトルやダンディライオンなどの体質改善・血液浄化作用のあるハーブティーを飲むのがオススメです。また、腸内環境が悪い状況だと、お肌のルーティンを補助するビタミン類が生成されにくいです。腸内環境が原因でニキビが起こっている場合には、ハイビスカスやローズヒップのハーブティーを選びましょう。女性の場合、生理の前後などホルモンバランスの乱れが原因な場合はチェストベリーがオススメです。

ニキビにおすすめのハーブティー

第一位:ネトル

ネトルは古くから用いられてきたハーブティーで、その働きから血液の見張り番と呼ばれています。鉄分が多く、鉄の吸収を高めるビタミンCなども含まれるため、鉄欠乏性貧血に良く処方されます。そのほか、血液の老廃物を排出し体質改善にも用いられます。ニキビの改善にも用いられます。

第二位:ダンディライオン

ダンディライオンは、昔から肝臓によいハーブとして用いられてきました。日本でもその効果は有名で、健胃効果、利胆作用、催乳効果の目的で用いられてきました。特に肝臓を強化し解毒作用の働きを補助することから、ニキビなどにも処方されます。そのほか、腸内環境を改善する作用もあります。

第三位:ハイビスカス

ハイビスカス、という名前は古代エジプトの美の神ヒビスからつけられたものです。その名の通り、新陳代謝を高めます。また、消化機能の促進の働きもすることから、便秘などにも、処方されます。ローズヒップと一緒にブレンドティーとして飲むと、腸内環境に効果のあるビタミンCが吸収しやすくなるのでオススメです。

第四位:ローズヒップ

ローズヒップは、かつて狂犬病の治療にも用いられていたことから、「ドッグローズ」とも呼ばれていました。豊富なビタミンCが含まれており、ストレスや炎症によって消耗されがちなビタミンCの良い補給源となっています。ビタミンCはその他、効果酸化作用もあるため、細胞の酸化やシミの予防としても用いられています。ビタミンCの吸収を高めるためにも、ハイビスカスとのブレンドティーがオススメです。

第五位:チェストベリー

チェストベリーは古くから生理痛などの女性の疾患に処方されてきました。科学的にもその働きが実証されており、その働きは女性ホルモンの分泌を調整作用などです。生理前症候群などによるニキビに処方されることがあります。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る