記事の詳細

下痢の原因は様々

下痢の原因は、精神性のストレスのほか、体の冷えや食べ過ぎ・飲みすぎ、食中毒など様々です。また、食物アレルギーを起こした時にも下痢の症状が出る場合があります。食物アレルギーや食中毒が疑われるひどい下痢の場合には、医師の診断を必ず受けるようにしましょう。ハーブティーを飲む際には、冷たいものではなく、常温のものや少し暖かいものを飲むのがオススメです。刺激も少なく脱水症状の時の水分補給にもなるため、下痢の時にハーブティーはオススメです。

下痢の時には胃腸の調子を整えるハーブや鎮静効果のあるハーブ

下痢の時には、胃腸の調子を整えるハーブがオススメです。例えば、ジャーマンカモミールやラズベリーリーフ、ウィッチヘーゼルなどです。また、精神的ストレスによる下痢の場合には、ジャーマンカモミールのほかローズなど鎮静効果のあるハーブティーがオススメです。腸内環境を改善する、ローズヒップやダンディライオンもオススメです。

下痢におすすめのハーブティー

第一位:ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミールンは、胃を健康に保つ働きや、消化器の運動促進などの働きがあるため、食べ過ぎや下痢などに作用します。また、鎮静作用ももつため、ストレス性の下痢や不眠、不安などの情緒にも効果的です。

第二位:ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフは、もともと安産のお茶として古くから用いられてきました。妊娠初期の使用は禁忌とされていますが、妊娠後期には、陣痛の痛みを和らげたり、子宮や骨盤周りの筋肉を調整する働きがあるため、ハーブティーを飲用されることが多いです。女性のためのハーブと呼ばれており、生理痛や生理前症候群に処方されることもあります。また、収れん作用があるため下痢や口内炎などにも効果的とされています。

第三位:ウィッチヘーゼル

ウィッチヘーゼルは昔から切り傷などの外用として用いられてきました。収れん作用があり、それはウィッチヘーゼルに多く含まれるタンニンのためです。タンニンには、抗菌効果があるため、外用として止血やニキビの治療に用いられることが多いです。そのほか、ハーブティーとして飲むと、消化管の炎症を抑える働きがあるため、下痢などで傷んだ腸の粘膜を保護する働きがあります。

第四位:ローズ

ローズの香りは、甘く上品な香りで、花の女王や香りの女王と呼ばれています。精神的に疲れているときや気分が落ち込んでいるとき、不安や恐れを感じているときにオススメです。また、胃腸の疲れなどにも効果が期待できることから便秘と下痢の場合にも処方されます。そのほか、ホルモンバランスに働く作用があり、生理痛などにもよく飲まれるハーブティーです。

第五位:ダンディライオン(セイヨウタンポポ)

ダンディライオンは、健胃効果から日本でも昔から親しまれてきました。その働きは、健胃効果のほか、利胆、緩下、催乳などの働きがあるとされています。特に肝臓を強化し脂肪分解などを促進することから、飲みすぎや食べ過ぎの際に処方されることが多いハーブティーです。そのほか、消化不良を改善したり、腸内環境を改善する作用があるため、便秘や下痢の場合でも飲まれてきました。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る