記事の詳細

乾燥肌の原因は環境や生活習慣のほか体質も関係

乾燥肌になるとお肌がカサカサして、痒くなってしまったり、炎症を起こしてしまったりすることもあります。乾燥肌の原因には、秋や冬などの季節になりお肌を取り巻く環境が乾燥すること、生活習慣の乱れのほかに、その人の体質も関係しています。お肌が乾燥すると、粉をふいたり、カサカサしてしまったりします。お肌の乾燥が続くことで、痒くなってしまったり、炎症を起こしてしまったりすることもありますので、早めの対策が必要になってきます。そこで、ここでは乾燥肌にオススメのハーブティーをご紹介します。

乾燥肌の時には血行を促進する、もしくは鎮静作用のあるハーブティー

乾燥肌の時には、お肌を清潔に保ち、保水・保湿やお肌のルーティーンを高めるよう、お肌を直接ケアするとともに、ハーブティーを飲むとことでもケアすることができます。例えば、ジンジャーやルイボス、ローズマリー、ハイビスカスなどはお肌の血行を促進することで、お肌のルーティーンが高まります。また、炎症が起こっているときには、ジャーマンカモミールなどもオススメです。

乾燥肌におすすめのハーブティー

第一位:ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミールは、もっともよく使われているハーブの一つです。その作用は幅広く、胃痛や生理痛などの痛みを和らげる作用のほか、冷え性の体を温めたり、不安などが原因の不眠にも働きます。体を温め血行を良くし、炎症を抑える働きがあるので、乾燥肌でかゆみや炎症が起こっているときにもオススメです。乾燥肌の時にはジンジャーと一緒にブレンドして飲むのもいいです。

第二位:ジンジャー

ジンジャーには、体を温める作用があります。古代から特にアジア圏において医療に用いられてきました。日本では食事にも提供される親しみやすいハーブです。吐き気を催すときなどにも処方され、つわりの際にもハーブティーとして使用されることがあります。消化不良のときにもオススメです。血行を促進する作用もあるので、乾燥肌の時にも処方されるハーブティーです。

第三位:ルイボス

ルイボスティーは、不老長寿のお茶として、アフリカの人々に昔から親しまれてきたお茶です。ルイボスはもともと南アフリカの先住民たちが使用してきたハーブですが、その効果からヨーロッパでも注目され、世界中で普及するようになりました。血行を促進するため、冷え性や便秘などにも処方されるハーブです。

第四位:ローズマリー

ローズマリーは古くから若さを取り戻すハーブとして知られています。強い抗酸化作用を持ち、消化機能の亢進や、血行促進などの作用を持っています。そのため全身性の強壮ハーブとして用いられています。乾燥肌にはジンジャーとブレンドして飲まれることもあります。

第五位:ハイビスカス

ハイビスカスは、含まれているクエン酸やミネラルにより新陳代謝を高める作用があります。また、体内のエネルギー代謝を高めることで、肉体的な疲労にも効果が期待できます。その効果から、天然のスポーツドリンクとして有名です。酸味があるため、ビタミンCを多く含むローズヒップと一緒に飲むと酸味がまろやかになるためオススメです。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る