記事の詳細

前立腺炎や良性前立腺肥大は老化現象

前立腺炎や良性前立腺炎は、前立腺が炎症を起こすことで肥大したものです。前立腺が肥大すると、尿道を圧迫するため残尿感、頻尿、排尿障害などを引き起こします。肥大の原因は、一般的に性ホルモンの減退によるものです。50歳以上の男性に見られる女性では閉経にあたる状態で、一種の老化現象と言えます。ハーブティーを飲むことで排尿障害などを軽減する働きをしてくれます。そこでここでは、前立腺炎や良性前立腺肥大にオススメのハーブティーについてご紹介します。

前立腺炎や良性前立腺肥大には利尿効果のあるものやケイ素を含むものがオススメ

前立腺炎や良性前立腺肥大では、残尿感や排尿障害を引き起こすことがあります。尿の出が悪い時などは、利尿効果のあるネトルなどのハーブティーや泌尿器の組織を強化するスギナがオススメです。また、残尿感などの不快感のケアにはセントジョーンズワートやジャーマンカモミール、パッションフラワーなどが用いられます。

前立腺炎や両性前立腺肥大におすすめのハーブティー

第一位:ネトル

ネトルは、古くから血液関係の疾患や循環器の疾患に処方されてきたハーブティーです。血液中で鉄を運ぶたんぱく質のヘモグロビンに構造が似た、クロロフィル(葉緑素)を多く含みます。そのほか、鉄分やビタミンCも多く含むため、鉄欠乏性貧血などに処方されることがあります。利尿効果が高く、また老廃物を排出する働きが強いため、前立腺炎や良性前立腺肥大の排尿障害の際にも処方されることがあります。スギナとブレンドして飲むこともあります。

第二位:スギナ

スギナには、ほかのハーブではあまり含まれていないケイ素やシリカ(二酸化ケイ素)を多く含んでいるのが特徴です。ケイ素は結合組織の強化をするため、泌尿器の組織も強化してくれます。また利尿効果もあるため、泌尿器系の疾患にオススメのハーブティーです。前立腺炎や良性前立腺肥大のときには、ネトルとブレンドティーとして飲むのもオススメです。

第三位:セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは古代から、傷の手当や月経に関連する疾患などに用いられてきました。また利尿効果も有名です。そのほか、悲観、絶望、不安などの感情、抑うつに作用することが知られています。残尿感などの不快感などにも処方されます。

第四位:ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミールは、婦人科系の疾患によく用いられるハーブティーですが、その他にも痛み全般に処方されることもあります。消炎作用や鎮静作用もあるため、不安や不眠にもハーブティーとして飲まれます。作用が幅広いため、様々な疾患に処方されることも多く、親しみやすいハーブティーです。

第五位:パッションフラワー

パッションフラワーは、植物性の精神安定剤として有名です。その作用は穏やかで、子どもにも処方することができます。精神性の緊張やストレス、不安などに効果が期待でき、またこれらによって引き起こされる不眠や高血圧、過敏性腸炎にも働きます。また、生理痛や頭痛にも処方されます。前立腺炎や良性前立腺肥大では、残尿感などの不快感を緩和するハーブティーとして処方されることがあります。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る