記事の詳細

子どもの情緒不安定の原因は不明

注意力散漫状態や落ち着きがなく座ってじっとしていられないといった注意欠陥多動性障害(ADHD)や、子どもの情緒が不安定な原因については、食生活に起因するといった説、環境ホルモンなどの内分泌かく乱物質が原因だという説など諸説ありますが、原因が明らかではありません。まずは専門医に相談し、対処をするというのが第一選択です。また、子ども一人一人によっても原因が異なってくることもあります。大人でも子どもでも、どのような時に、情緒不安定な状態になるのか見極める必要があります。それとともにハーブティーによってその症状が軽くなることもあります。そこでここでは、子どもでも飲める情緒不安定な時にオススメのハーブティーについてご紹介します。

情緒が不安定な時には鎮静系ハーブティーがおすすめ

先述の通り、子どもが情緒不安定な状態が続く原因は明らかになっていません。しかし、情緒が不安定な時には、子どもでも大人でも興奮性の成分であるカフェインが含まれているものや含有量が多いものは控えるようにしましょう。そのうえでオススメなハーブティーは、鎮静系の作用があるハーブティーです。例えば、ジャーマンカモミールやリンデン、セントジョーンズワート、オレンジフラワー、パッションフラワーなどは、鎮静作用があり、かつ子どもでも飲めるハーブのためオススメです。

子どもの情緒不安定におすすめのハーブティー

第一位:ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミールの味は甘く、においもリンゴのような優しい匂いがするため、子どもでも飲みやすいのも特徴です。そのため、世界中で愛されているハーブティーの一つです。炎症を抑える働きをするとともに、鎮静作用もあるため、興奮した時や不安を感じているときにもオススメのハーブティーです。

第二位:リンデン

リンデンの葉には、鎮静作用があるため、高血圧や不眠などにも用いられてきたハーブティーです。インフルエンザなどにも処方されてきたハーブティーで、フランスではティヨルの名前で親しまれています。

第三位:オレンジフラワー

オレンジフラワーは傷ついた細胞に作用し、修復を促す作用などがあります。また、鎮静・緩和作用をもつハーブであるため、精神的不安などに作用し、リラックス効果も期待できます。効果が緩やかなため、大人だけでなく子どもも使用することができます。また、オレンジフラワーから取られた精油はネロリと呼ばれる、リラックス効果をもたらすアロマオイルです。

第四位:セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは、もともと傷の手当などに用いられてきましたが、現代になりその効果が科学的に明らかになり、不安や悲嘆、絶望といった感情や抑うつに対する効果が確認されています。また、季節性感情障害にも処方されるハーブティーです。

第五位:パッションフラワー

パッションフラワーは植物性の精神安定剤と呼ばれ、作用が穏やかであるため子どもから高齢者、更年期にも使用することができるハーブです。精神ストレスや過度の緊張などに作用し、リラックスさせます。また、ストレスや緊張などがもたらす不眠なの体の状態にも処方されることがあります。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る