記事の詳細

神経痛にも効くハーブティー

神経痛とは、主に神経の炎症による疼痛とされています。神経に沿って痛みがあるのが特徴です。痛み自体は、針に刺されたような鋭い痛みが変則的に表れます。顔面神経痛や座骨神経痛が良く知られています。原因が不明なものも多いですが、炎症、腫瘍、外傷を原因とするものもあります。例えば、帯状疱疹ヘルペスの罹患後に表れるものや、妊娠中に現れる座骨神経痛などの原因があるものの一つです。神経痛の原因を突きとめ、その原因を除去することで治療を進めていきます。原因不明の場合や治療の補助として、ハーブティーをもちいるのもいいかもしれません。そこで、ここでは、神経痛にオススメなハーブティーについて、ご紹介します。

神経痛には、痛みを和らげるハーブティー

神経痛には痛みを和らげるものハーブティーを用います。例えば、セントジョーンズワートやサフランがその代表例です。また、慢性関節リウマチなどにも用いられる、疼痛緩和作用を持つキャッツクロウやデビルズクロウなども有名です。痛みがひどく、不安がある場合には、ジャーマンカモミールなどもオススメです。

神経痛におすすめのハーブティー

第一位:セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは、古代ギリシア時代から用いられてきました。特に、近年は抗うつ作用があることから注目が集まっています。もともと月経困難や傷の手当などに用いられてきましたが、抑うつ、落ち込み・不安などにも処方されています。また、鎮痛作用もあることから、神経痛にも用いられます。

第二位:サフラン

サフランはハーブティーとして用いられるほか、食事にもスパイスとして用いられます。例えば、サフランライスなどとして着色目的にも用いられます。ハーブティーの効能としては、女性に多い生理痛、生理不順などに処方されることもあります。また、血行作用もあるので、冷え性にも用いられます。鎮痛作用もあるため、神経痛などにも用いられます。

第三位:キャッツクロウ

キャッツクロウはもともとインカ帝国の時代から用いられてきました。ペルーやアマゾンに住む先住民たちは、キャッツクロウを神経痛などの他、疫病にも用いてきました。最近では、疼痛を伴う関節炎やリウマチ、神経痛などの炎症に用いられることが多いです。WHOでは、1994年にキャッツクロウを副作用の少ない抗炎症剤として認めています。また、サプリメントとして用いられることも多です。

第四位:デビルズクロウ

デビルズクロウは、もともとアフリカの先住民によって用いられてきました。先住民たちは苦味強壮剤として用いてきましたが、消炎、鎮痛作用があるため、リウマチや関節炎、神経痛に処方されることも多くなりました。サプリメントとして用いられることも多いです。

第五位:ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミールは、胸焼け、胃炎、疝痛、疼痛、生理痛、冷え性、不眠など、数多くの症状に用いられています。その作用は、消炎や鎮静、鎮痛作用のほか、精神不安などにも作用します。

神経痛がひどくなるタイミングは人によって異なります。例えば、雨の日に痛くなる人もいれば、晴れの日に痛くなる人もいます。自分がどのようなタイミングに痛くなるのか見極める必要があります。痛いな、痛くなりそうだな、と感じたときにはリラックスしながらハーブティーを一杯飲むのもオススメです。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る