記事の詳細

緊張や不安を感じた時にもハーブティーがオススメ

テクノロジーが発展し、仕事などに迅速さが求められる近代では、仕事や人間関係で緊張や不安を感じることもあるかもしれません。緊張や不安は、適度なストレスとして生活の上では必要です。しかし、キャパシティーを超えるストレスや長期に及ぶストレスにさらされると、疲労感や頭痛、腹痛など心身の疲労や全身性の症状や不眠などの症状が現れます。ひどい場合はうつ病を発症することもあります。そうなる前に、運動などのストレス解消法を工夫するとともに、ハーブティーなどを飲むことでリフレッシュしてすることが大切です。そこでここでは緊張や不安を感じた時にオススメのハーブティーをご紹介します。

緊張や不安を感じた時には向精神性ハーブなどがオススメ

緊張や不安などのストレスを感じた時には、ストレスとの向き合い方や自分なりのリフレッシュ法を見つけるとともに、ハーブティーを飲むこともオススメです。特に、向精神性ハーブと呼ばれる、セントジョーンズワート、リンデン、バレリアンなどを選択しましょう。また、パッションフラワーやジャーマンカモミールなどの鎮静系のハーブティーもオススメです。これらをブレンドして飲むのと、さらに効果が高まります。

緊張や不安を感じた時におすすめのハーブティー

第一位:セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは、古代ギリシア時代から使用されていた歴史の古いハーブです。悲しみや絶望、恐れなどの感情や抑うつに効果が確認されており、季節性の感情障害(SAD)にも処方されるハーブです。サンシャインサプリメントとも呼ばれ、セントジョーンズワートは夏至の日に収穫することで、治癒力が最大になるといわれていました。

第二位:リンデン

リンデンは、鎮静・発汗・利尿作用があることで有名で、古くからヨーロッパなどで用いられてきました。不安や不眠などの神経疾患などにも用いられ、深いリラックス効果があります。オレンジフラワーとのブレンドティーも、古くから親しまれてきた心を穏やかにさせるブレンドとして有名です。

第三位:バレリアン

バレリアンは、ヒポクラテスの時代から睡眠障害に用いられてきたハーブです。中枢神経系を抑制することで、筋肉の緊張を緩める働きがあります。現在でも睡眠障害のほか、不安や緊張などを和らげる目的で使われます。睡眠の面では、睡眠薬より質の良い眠りをもたらすことで有名です。

第四位:ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミールは、様々な作用を示し幅広い年代に使用できることから、世界中で古くから親しまれてきたハーブティーです。そのうちの一つが、鎮静効果です。興奮した状態をリラックスさせる働きをします。

第五位:パッションフラワー

パッションフラワーの作用は、穏やかでどの年代にも使用しやすいことで有名です。植物性の精神安定剤として用いられており、過度な緊張や不安に処方されます。そのほか緊張や不安などの精神性の不眠や高血圧、過敏性腸症候群などにも処方されるハーブティーです。また、パッションフラワーの花の中央部が、キリストが処刑されていた時にかぶっていた冠に似ていることから、キリストの受難の花と呼ばれています。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る