記事の詳細

肌荒れの原因は様々

肌荒れには、様々な原因がかかわっています。ストレスや不眠のほかに、腸内環境の悪化によって、肌が荒れることがあります。これは、腸内環境の悪化によって口内炎になる機序と一緒で、腸内細菌の善玉菌によって作られていたビタミン類などが善玉菌の減少などによって不足し、肌荒れが起こるという仕組みです。そのほか、食生活の乱れや便秘、タバコやお酒の飲みすぎなども原因となります。肌荒れが起こった時には、お肌に直接働きかける対処法を実践するとともに、生活習慣も見直すようにしましょう。

肌荒れの時には、腸内環境の改善を促すハーブ、ストレスへの抵抗力があるハーブ、消炎作用をもつハーブを使用

既述の通り、肌荒れになった時にはお肌のルーティーン(新陳代謝)を高めたり、炎症を抑えたりするとともに、腸内環境の改善やストレスへの抵抗力を高めることが大切です。オススメのハーブティーは、腸内環境の改善を促すものとしてネトルやダンディライオン、ストレスの抵抗力を高めるハーブティーとしてローズヒップ、炎症を抑えるハーブティーとしてジャーマンカモミールなどです。

肌荒れにおすすめのハーブティー

第一位:ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミールには、消化管の蠕動運動の亢進などの作用があります。そのため下痢や便秘が原因の肌荒れにオススメです。そのほか、鎮静作用ももつため、ストレスやストレスによる不眠による肌荒れにも効果的です。消炎作用の働きもするので、肌に直接作用して肌荒れの炎症を抑える働きもします。

第二位:ダンディライオン(セイヨウタンポポ)

ダンディライオンには、腸内環境の改善するように働きます。また消化不良にも効果が期待でき、便秘や下痢の時による肌荒れなどに処方されます。ダンディライオンは、少し苦味があり健胃効果があるため、日本でも親しまれて飲まれてきました。また、催乳効果があるので今でも産後に授乳を助けるハーブティーとして、飲まれています。

第三位:ネトル

ネトルは主に貧血の時などによく用いられているハーブティーです。鉄分やビタミンCを多く含むことから、血液に関する働きがよく知られています。そのほかに、体内の老廃物を排出したりするため、肌荒れ、アレルギーやニキビなどの皮膚炎症にかかわる疾患や花粉症などの春先におこりやすいアレルギー系の疾患に処方されることが多いです。

第四位:ローズヒップ

ローズヒップに含まれる成分として有名なのがビタミンCです。ビタミンCは腸管で善玉菌を増やす作用をするほかに、コラーゲンの生成に必要なビタミンです。そのため腸内環境の改善するほか、お肌に直接働きかけて肌荒れを改善します。ジャーマンカモミール、ネトル、ダンディライオンとブレンドしてもおいしくいただけます。

第五位:ローズ

ローズはその上品なフローラルの香りが有名です。ローズの香りには、悲観、不安、恐れなど精神的な情緒に働きかける作用があり、それらを和らげます。ストレスやストレスによる不眠が原因の肌荒れにオススメです。また、鎮静作用や、緩和作用、収れん作用も持っていることから様々な疾患や症状に用いられることが多いハーブティーです。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る