記事の詳細

膀胱炎や尿道炎の原因は感染によるもの

尿路感染症とは、おもに大腸菌による感染によって膀胱炎や尿道炎を引き起こす疾患です。症状としては、排尿時の痛みや、頻尿、残尿感などが有名です。尿路感染症では大腸菌などの細菌が尿路から入り込み、炎症を起こします。特に膀胱炎では、尿路が短い女性の方が男性よりもかかりやすい病気です。感染が原因ですが、その背景には疲労などのストレスや冷えによる免疫力の低下がかかわっています。細菌などの感染力がある程度高くても、免疫力が高ければ感染を防げることもあります。そのため膀胱炎や尿道炎かな、と思ったら、免疫力を高めることが大切です。また、そのまま放っておくと高熱、腎盂腎炎などの症状を引き起こします。尿量を増やすことで、体外に細菌が排出されやすくなります。そのため水分をなるべくとるようにして、尿の排出とともに細菌を洗い流すようにしましょう。

膀胱炎や尿道炎の時には、免疫力に作用がある、利尿効果のあるものを選択

膀胱炎や尿道炎の時に処方されるハーブティーとして有名なものはエキナセアが挙げられます。エキナセアには免疫力を高める効果があります。また、スギナ、クミスクチンなども免疫力を高めるハーブティーとして、尿路感染症の場合に処方されます。エキナセア、スギナ、クミスクチンには利尿効果も期待できます。また、クミスクチンは腎機能を高める働きがあります。一方、スギナには、ケイ素という組織を強化する成分も含まれます。そのほか、ヒースには尿路を清潔に保つ働き、クランベリーは尿路に大腸菌などの細菌が付着するのを防ぎます。

口内炎や歯肉炎におすすめのハーブティー

第一位:エキナセア

エキナセアには、免疫に関連するインターフェロンを活性化して免疫力を増強する働きがあります。さらに、ウィルスに対する効果も科学的に証明されています。そのため、感染症に使用されたり、風邪の予防としてハーブティーが処方されます。抗菌力が強いため、パウダー状にして傷口に塗る場合もあります。

第二位:スギナ

スギナはつくしの葉の部分のことを指します。古くから日本にも生えており、親しまれてきた植物です。特徴は、ケイ素やシリカといった他のハーブにはあまり含まれていない成分を含んでいることです。ケイ素は骨や軟骨の形成、コラーゲンなどを強化する働きをします。

第三位:クミスクチン

利尿効果が高く、尿路感染症のほか、痛風、高血圧などの疾患に処方されることもあります。クミスクチンという言葉は、マレー語で猫のひげを表しており、花の形が猫のひげに似ていることから名づけられたといわれています。

第四位:ヒース

ヒースはもともと美白成分で有名ですが、泌尿器を浄化する作用を持つことから、膀胱炎や尿道炎などの尿路感染症に処方されます。そのほか、前立腺の肥大による排尿障害や痛風時の尿酸の排出も促す働きをします。

第五位:クランベリー

クランベリーは昔から膀胱炎などの泌尿器系の感染症や尿路結石などの腎臓・泌尿器系疾患に処方されることが多いハーブティーでした。クランベリーのハーブティーは、尿のPHが酸性化することで、尿路に大腸菌などの細菌が入りにくくします。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る