記事の詳細

貧血の原因

貧血の種類にはいくつかありますが、鉄不足による貧血を鉄欠乏性貧血といいます。鉄欠乏性貧血は、貧血の中で最も多く、その原因には体の中での鉄の生産が不足している場合や、食事からの鉄の供給が少なくなっている場合、鉄の吸収がうまくいかない場合、出血が多い場合があります。貧血が進むと、めまいや立ちくらみ、動機、息切れなどの症状が現れます。特に女性は月経により、鉄欠乏性貧血になりやすいのが特徴です。対策として、食事によって予防や改善することができます。ハーブティーでは、主に鉄が多く含まれるものなどを選ぶようにしましょう。

ポイントは鉄分、ビタミンCなどが含まれるハーブティー

鉄が多く含まれるハーブとして有名なのは、ネトルやマルベリーなどです。また、鉄の吸収には、鉄だけよりもビタミンCを一緒に摂取したほうがより効果的です。ビタミンCは長官での鉄の吸収を高めます。ビタミンCが多く含まれるものにはローズヒップなどが挙げられます。

貧血におすすめのハーブティー

第一位:ネトル

古くから、造血作用があることで貧血に処方されてきたハーブです。鉄を多く含み、その他に鉄分の吸収を助けるビタミンCも含まれます。また、血液に含まれる血色素のヘモグロビンに構造が似ている葉緑素のクロロフィルも多く含まれます。貧血予防によく用いられ、妊娠期にも処方されることがあります。

第二位:マルベリー

糖の吸収を抑制し、結党の上昇を防ぐことで有名なマルベリーですが、鉄も多く含まれており、貧血予防としても処方されます。マルベリーは、蚕が食べる桑の葉のことで日本でも古くから健康茶として親しまれてきました。また、その他に、腸内環境を改善する働きもすることから、便秘の場合にも処方されます。

第三位:ローズヒップ

ローズヒップの最大の特徴は、ビタミンCが豊富なことです。その量は、レモンの20~40倍と言われています。ストレスなどで消費しがちな、ビタミンCを補うのに処方されます。ビタミンCは鉄の吸収にもかかわっており、鉄を多く含むハーブと一緒にブレンドして飲むのがオススメです。

第四位:マテ

鉄分が含まれ、精神面・肉体面での疲労回復をもたらすため、貧血に処方されることがあります。飲むサラダと呼ばれるマテには、鉄分のほか、カルシウムやビタミンB群、ビタミンCなどを含みます。カフェインも含まれるため、心身の疲労回復のほか、頭痛の緩和などにも作用します。

第五位:サフラワー

ベニバナとも呼ばれ、日本では親しまれてきました。もともと染料として使われることが多く、口紅などにも使われてきました。血行を促進する作用があり、貧血に処方されることがあります。また、体を温める効果が期待できます。また、生理痛などの婦人科の症状にも処方されることがあります。

貧血のときにはハーブティーと一緒に食改善

鉄不足による貧血には、ハーブティーの摂取も有効ですが、食事から鉄を摂取することも同時に行いましょう。食品では、鉄分を多く含むレバーや肉を取り入れるとともに、鉄の吸収を助ける良質なたんぱく質やビタミンCを一緒にとるようにしましょう。食事とハーブティーの両方からアプローチすることで、効果的に貧血を予防しましょう。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る