記事の詳細

軽いやけどや虫刺されにはハーブティーも一緒に使うと効果的

軽いやけどはまず早急に患部を冷やすことが大切です。そのうえで、患部に塗り薬などを塗ることで治療していきます。そのうえでハーブティーを飲むと効果的に治療することができます。虫刺されも同様で、まずは患部に直接アプローチする処置をしたうえで、有効にハーブティーを飲むようにしましょう。そこでここでは、軽いやけどや虫刺されにオススメのハーブティーについてご紹介します。なお、患部がひどく腫れている場合や炎症がひどい場合には、病院で受診するようにしましょう

軽いやけどや虫刺されには創傷治癒を促すハーブティーなどがオススメ

軽いやけどや虫刺されの時には、炎症が起こっている傷口の治癒を促す創傷治癒作用のあるハーブティーがオススメです。例えば、ローズヒップなどが含まれます。そのほか炎症部から細菌などが感染しないよう免疫賦活作用のあるエキナセアなども処方されます。また、やけどなどで外傷のショックを受けているときなどはジャーマンカモミールやリンデンなどが処方されることがあります。

軽いやけどや虫刺されにおすすめのハーブティー

第一位:ローズヒップ

ローズヒップには、ビタミンCが多く含まれています。ビタミンCの働きは様々ありますが、やけどや虫刺されに関連するものとして細胞の接着剤の役割をしているコラーゲンの生成に関連して働くというものがあります。コラーゲンはアミノ酸が結合することで生成しますが、コラーゲンの前段階としてプロコラーゲンという物質ができます。このプロコラーゲンには、コラーゲンとしての働きはありません。プロコラーゲンにビタミンCが働くことによって、はじめてコラーゲンの働きをするようになります。ローズヒップに含まれるビタミンCの量はレモンの20~40倍ともいわれています。

第二位:エキナセア

エキナセアはもともと北アメリカの先住民たちの秘薬とよばれるものでした。傷口に塗ったり、ハーブティーを飲んだりすることで、健康を保っていました。その後科学的にもエキナセアには、免疫賦活作用や抗菌作用があることがわかっています。傷口の感染防止などにも処方されるハーブティーです。

第三位:ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミールには、様々な働きがあることから今日に至るまで世界中から親しまれているハーブティーの一つです。消炎、鎮静、鎮痙作用などがあるため、肉体的な痛みのほかにも、精神的な興奮を鎮め、リラックスさせる効果もあります。傷口ややけどが痛むときや、外傷のショックなどが激しい場合にも処方されることがあります。

第四位:リンデン

リンデンは、セイヨウボダイジュと呼ばれる大きな樹木です。リンデンの葉には、鎮静作用や利尿作用などの働きがあります。そのため、不安やストレスによる高血圧や不眠のほか、風邪などにも処方されます。外傷によるショックの時にも処方されます。

第五位:ハイビスカス

ハイビスカスは、天然のスポーツドリンクとして有名です。ハイビスカスには、ミネラルやクエン酸が豊富に含まれることから、エネルギー代謝や新陳代謝を高めることで、肉体的疲労などを回復します。新陳代謝を高めるため、傷の回復にも効果的です。ローズヒップと一緒にブレンドティーとして飲むのがオススメです。

肩こり・腰痛・筋肉痛はその日のうちにケア

近年、肩や首のこりや腰痛、筋肉痛などを訴える人が増えています。主に、長時間に及ぶデスクワークによるものや、パソコン、スマートフォンの普及による長時間の使用によるものが原因です。また、腰痛などは、ストレスにより引き起こされることもわかっています。コリや腰痛、筋肉痛などの筋肉の疲労は、その日のうちにケアしないと、どんどんと疲労がたまっていってしまいます。これらのコリや痛みは次の日に持ち越さず、その日にケアすることが大切です。そこでここでは、肩こり・腰痛・筋肉痛になっていしまった時のオススメのハーブティーについてご紹介します。

ハーブティーは疲労物質を排泄するものや代謝に関係するものを選択

ハーブティーを飲むことで肩こり、腰痛、筋肉痛などにアプローチする場合、疲労物質を排出しやすいものを選ぶのがオススメです。例えば、ハイビスカスはエネルギー代謝を高めて、さらに疲労物質を排出する作用があります。

またエゾウコギ、ガーリック、マテなど、身体的に披露した際に必要なビタミンや有効成分が含まれるハーブを摂るのもオススメです。

精神的なストレスから引き起こされるコリや痛みには、ローマンカモミールなどをハーブティーとして飲みましょう。

肩こり・腰痛・筋肉痛におすすめのハーブティー

第一位:ハイビスカス

ハイビスカスには、クエン酸が多く含まれており、エネルギー代謝を助ける働きがあります。ミネラルも含まれているため、運動による肉体疲労にオススメです。ローズヒップとブレンドすると、ビタミンCの補給にもなるので相乗効果が期待できます。

第二位:エゾウコギ

エゾウコギは、ストレスに対応する適応力に効果が期待できるハーブです。かつて、スポーツ選手などに運動能力を向上し、集中力を高めるために処方されていました。肉体面と精神名の双方のストレスに対する疲労に効果が期待できます。

第三位:マテ

飲むサラダと呼ばれるマテはカルシウム、鉄、ビタミン群などを多く含みます。カフェインが含まれるため中枢神経系に働きかけるとともに、利尿効果が期待できます。そのため、疲労回復をもたらします。

第四位:ジャーマンカモミール

カモミールには、ジャーマンカモミールとローマンカモミールがありますが、ジャーマンカモミールは飲料用でハーブティーとして使われることが多いです。もっとも身近なハーブティーの一つで、世界中で愛されています。胸焼けや冷え性などのほか、精神的な緊張を緩める効果があり、精神性の腰痛や疲労に効果が期待できます。

第五位:ペパーミント

ペパーミントのスーッとしたメントールの香りはリフレッシュ効果があります。また、鎮静作用があり、不安や緊張などのストレスでイライラした気分を穏やかにする効果があります。鎮痛作用もあるので、精神性の痛みや疲労に効果が期待できます。

疲労を感じたらゆっくりと休む

肩こり、腰痛や筋肉痛を感じたときには、シャワーで済ますのではなく、しっかりと湯船につかりましょう。入浴することで、血行が促進し、体が温まることでハーブティーとの相乗効果も期待できます。また、入浴後にハーブティーを飲みながら気になる部分をマッサージするのがオススメです。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る