記事の詳細

頭痛の原因は様々

頭痛には緊張によるもののほか、偏頭痛や群発頭痛など種類が様々です。そのため原因も様々で、詳細にはわかっていません。しかし、多くの場合、頭痛が起こる原因に不安や緊張などによる心身の緊張がかかわっているといわれています。そのため、頭痛が起こった時にハーブティーを選ぶ際にはリラックス効果のあるハーブから自分に合ったものを探すことをオススメします。

そこでここでは、頭痛のときにおすすめのハーブティーランキングとその飲み方についてご紹介します。

頭痛の時におすすめのハーブティー

第一位:フィーバーフュー

古代ギリシア時代から偏頭痛や生理痛などの激しい痛みに対して処方されることの多いハーブです。科学的にもパルテノライドという成分によって脳の血管収縮を抑え、偏頭痛を鎮めることが報告されています。そのためサプリメントとして摂っている方もいます。ただし、刺激があるので、ハーブティーとして飲むときには注意しましょう。

第二位:ペパーミント

ペパーミントは食事にも用いられており、一般の人でも親しみのあるハーブの一つです。精神的疲労にかかわる頭痛に効果が期待できます。メントールのすーっとした香りによって脳が活性化されます。また、リラックス効果もあるのでゆっくりしたいときにもオススメのハーブです。

第三位:ジャーマンカモミール

甘いリンゴのような香りがすることから人気のハーブの一つです。生理前後の頭痛や冷えによる頭痛に効果が期待できます。また、頭痛が激しい時には、パッションフラワーと一緒にブレンドハーブティーを入れると、鎮静作用がありオススメです。

第四位:リンデン

優しい香りのするリンデンは鎮静作用のほか、利尿作用もあります。ヨーロッパでは昔から千の用途を持つ木、と言われ様々なところで使用されてきました。特にリラックス効果が高く、不安による頭痛や血圧が高めの方にお勧めのハーブです。

第五位:パッションフラワー

香りと味にクセがなく作用が穏やかなため、子どもなどにも処方されやすいハーブの一つです。植物性の精神安定剤とも呼ばれ、精神不安や緊張、それらによっておこる不眠や頭痛、生理痛などにも効果があります。

頭痛の時にはゆっくりした気持ちでティータイムを楽しむ

ハーブを決めたら実際にハーブティーを入れてみましょう。ハーブティーの飲み方にも気を配るとさらに頭痛に効果が期待できます。

ハーブティーを入れたら、香りを楽しみつつゆっくり深呼吸しながら飲みます。これは痛みによって呼吸が浅くなり、自律神経が頭痛を起こすように作用してしまう悪循環を起こさないようにするためです。

また、頭痛は精神的不安などの他、睡眠不足などの生活習慣の乱れによっても引き起こされます。また、カフェインの過剰摂取によっても引き起こされるといわれています。頭痛になることが多い方はハーブティーを摂るとともに、生活習慣にも気を配りましょう。

自分に合ったハーブティーを選ぶ

最初に述べたように、頭痛の原因は様々です。そのため、どのハーブも、自分の頭痛に合う人と合わない人が出てきます。ランキングなどを参考にしながら、自分に合ったハーブを見つけましょう。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る