記事の詳細

あなたは友達や上司などとお食事に行ってついつい食べすぎたり、飲みすぎてしまって、翌朝起きたらカラダが重い、胃もたれがしてやる気がでないなんてことはありませんか?食べ過ぎたり飲みすぎてしまうと、翌朝まで胃腸の疲れが残ってしまって、気持ちまでやる気ダウンになりがちです。そんな時に、カラダと気分をリフレッシュできたら1日を少しでもラクに過ごせますよね。こちらでは、そんな食べ過ぎたり飲みすぎた後に効果的なハーブティーをご紹介しますので、是非試してみてくださいね。

食べすぎた時の後に効果的なハーブティーとは?

食べ過ぎ、飲み過ぎの時に飲むと効果的なハーブティーは、「オートムギ」「ジャーマンカモミール」「キャラウェイ」の三種類です。では、それぞれどんな特徴を持ったハーブなのでしょうか。次に、ハーブの持つ特徴、効果、ハーブティーの淹れ方をみていきましょう。

オートムギのハーブティーの特徴と効果と淹れ方

オートムギは、イネ科カラスムギ属のハーブで、ビタミンやミネラル、タンパク質が豊富にふくまれているのが特徴です。中国では気を高めるハーブとしても使われています。成分に含まれるアベニンは神経系を強くする作用があり、精神的に不安定な状態やイライラを鎮めたい時、やる気を出したい時に飲むと効果的です。暴飲暴食は、ストレスが原因となっている可能性もあるので、そんなときはオートムギのハーブティーで心とカラダをリラックスさせましょう。

ハーブティーの淹れ方は、オートムギ小さじ1杯をティーカップに入れて熱湯を注ぎ約10分蒸らします。暴飲暴食を防ぎたい方は、オートムギのハーブティーを日常的に飲むことで、その衝動をおさえるのに役立ちます。

ジャーマンカモミールのハーブティーの特徴と効果と淹れ方

ジャーマンカモミールは、キク科シカギク属のハーブで、化粧品の材料として使用されてきました。青りんごのような爽やかな香りは、気分を穏やかにしてくれて、精神的なストレスを軽減するのに役立ちます。また、胃の粘膜の炎症を抑える作用もあるので、食べ過ぎ、飲み過ぎによる胃の疲れを癒やす効果を期待できます。また、リラックス効果もあるので、就寝前に飲むことで安眠へと導いてくれます。

ハーブティーの淹れ方は、小さじ1杯をティーカップに入れてお湯を注ぎ5分蒸らします。胃の痛みが激しい場合は、カモミールティーにタオルなどを浸して絞り、胃のあたりに湿布としてあててあげると症状緩和の効果が期待できます。

キャラウェイのハーブティーの特徴と効果と淹れ方

キャラウェイは、セリ科ヒメウイキョウ属のハーブで、お菓子や料理のスパイスとして使用されています。少し甘みがあって爽やかな香りが特徴で若干のほろ苦さがあるのが特徴です。腸の中にたまったガスを出してくれるはたらきがあり、おなかのはりを解消したい時に役立ちます。食後に飲むことで胃もたれを防ぐ効果も期待できるので、食べ過ぎ、飲み過ぎの後に飲むのがおすすめです。その他、口臭を予防する作用もあり、ヨーロッパでは食後にガムのようにキャラウェイを噛む習慣があります。

ハーブティーの淹れ方は、小さじ1杯分のキャラウェイを軽くつぶしてティーカップに入れて、お湯を注いで約5〜7分蒸らします。

ブレンドして相乗効果をアップさせよう

それぞれのハーブティーを単独で飲むのも効果的ですが、今回ご紹介した三種類のハーブをブレンドすれば、より相乗効果が期待できておすすめです。暴飲暴食の原因となるストレスを緩和し、胃の調子を整えてくれるハーブのブレンドなので、食べ過ぎ、飲みすぎた後の胃もたれや食べ過ぎ、飲み過ぎの防止としても活用できます。

ブレンドのレシピは、オートムギが小さじ1、ジャーマンカモミールが小さじ1/2、キャラウェイ(すりつぶしたもの)が小さじ1/2の分量をティーポットに入れてお湯を注ぎ、約5〜7分蒸らします。

ハーブティーを常飲して暴飲暴食を防ごう

ハーブティーは、毎日日常的に飲み続けることでゆるやかですが、そのハーブの持つ効果を期待することができます。食べすぎたな、飲みすぎたなと思った時は、食後に今回ご紹介したハーブティーを試してみてはいかがでしょうか。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る