記事の詳細

高血圧の90%以上が原因不明

高血圧の原因は、その90%以上が原因不明の本態性高血圧と呼ばれるものです。ただし、遺伝的な要因や、肥満、塩分などの過剰摂取、運動不足などの生活習慣的な要因が関与していることがわかっています。また、ストレスなどで精神が興奮したり、緊張したりすることでも血圧は上昇します。そのため、高血圧の予防には、適切な体重管理、バランスのとれた食事、適度な運動とストレスを解消することが大切です。高血圧はそれ自体が健康にすぐ害を及ぼすわけではなく、自覚症状がないのが特徴です。そのため、治療を行わないと重症化し血管損傷により心血管障害や脳血管障害を引き起こすことで、心臓病、脳卒中などになってしまいます。高血圧を予防するためには日々、健康管理に気を付けるようにしましょう。

ここでは、高血圧予防にオススメのハーブティーについてご紹介します。

高血圧予防には強心作用や利尿効果があるものやストレスを緩和するものがオススメ

高血圧にオススメのハーブティーには、強心作用や利尿効果があるものがオススメです。強心作用がある代表的なハーブティーには心臓病などによく用いられるホーソンが挙げられます。また、利尿効果のあるハーブには、リンデンフラワーや、クミスクチンなどが挙げられます。その働きは、体にたまった余分な水分を取り除くことで、血圧を下げ、心臓への負担を軽減します。

また、ストレスを緩和するハーブティーや、リラックス効果のあるハーブティーもオススメです。

口内炎や歯肉炎におすすめのハーブティー

第一位:ホーソン

昔から欧米やアジアなどの地域で用いられてきており、動機や息切れなど心臓に関連する疾患に処方されてきました。その働きは科学的にも証明されており、心臓のほか、血管を健やかに保つ働きをします。特に、オリゴメックプロアントシアニジンというホーソンに含まれる成分は強力な抗酸化作用も示します。

第二位:リンデンフラワー

ストレスによる高血圧にオススメです。また、利尿効果もあるため余計な水分を取り除いてくれます。また、リンデンフラワーのビオフラボノイドと呼ばれる成分は、血圧を下げる効果が期待できます。リンデンフラワーとオレンジフラワーとブレンドしたものは、ヨーロッパで昔から親しまれている高血圧予防のハーブティーです。

第三位:クミスクチン

ネコノヒゲと呼ばれるクスミクチンは、古くから利尿剤として、ヨーロッパなどで用い垂れてきました。利尿剤として用いられることが多いクミスクチンは、カリウムに富み、余分な水分とともに高血圧に関連するとされるナトリウムや塩素などを排出します。

第四位:セロリシード

セロリシードはその名の通り、野菜のセロリの種子です。利尿効果が優れており、水分のほかに体の中の余分な老廃物なども排出します。その結果、血圧を下げる効果も期待できます。肝臓疾患がある場合や妊娠中の方には禁忌となりますので、気をつけましょう。

第五位:ドクダミ

ドクダミ茶は日本でも昔から用いられており、親しまれてきました。デトックス効果や、便秘やむくみ改善に効果があるため、特に女性に人気があります。利尿効果があるので、余分な水分を取り除くことで血圧を下げる効果が期待できます。

手湿疹の原因は様々

手湿疹とは、手にかゆみを感じ、次第に湿疹が出るもので「主婦湿疹」とも呼ばれます。水仕事が多い人に多くみられる手荒れの一つで、主婦のほか、調理師、美容師の方などにも見られます。はじめはかゆみ、次第にぶつぶつの湿疹が出てきたりひび割れしたりします。手がカサカサしてひび割れなどができる乾燥型と、発疹や水ぶくれのできる浸潤型の二つのタイプに分けられます。再発を繰り返すことも多く、悪化すると手にあとが残ってしまったり、化膿することもあります。気が付いたら早めに対処するようにしましょう。また、基本的には、患部に薬を塗ったりすることが治療の第一選択になりますが、その他にハーブティーを摂ることで、治療を補助的に作用してくれます。そこでここでは手湿疹の時にオススメのハーブティーをご紹介します。

手湿疹の時には消炎作用、血行促進作用、代謝亢進作用のあるハーブティー

手湿疹の時には、ぶつぶつができてしまったりかゆみを伴います。また、お肌のトラブルには、血行を良くすることで細胞の代謝を高めお肌のルーティーンを高めることが大切です。そこで、ハーブティーを選ぶなら、消炎作用のあるものや血行促進作用、代謝亢進作用のあるものがオススメです。例えば、消炎作用ではジャーマンカモミールやヤロー、血行促進作用ではジンジャー、代謝促進作用ではローズヒップやハイビスカスなどがオススメです。

下痢におすすめのハーブティー

第一位:ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミールには、様々な作用があり、それゆえに多くの地域で用いられてきたハーブティーです。胃炎などの痛みに作用するほか、体を温める効果も期待できるので、冷え性にも処方されます。また、鎮静作用もあるので精神的不安や、精神不安に伴う不眠などにも処方されます。消炎作用もあるため、手湿疹などの際にもオススメです。

第二位:ジンジャー

ジンジャーは日本でも昔から体を温める食べ物として親しまれてきました。また生薬としても有名です。血行促進作用があるほか、乗り物酔いや食べ過ぎ、つわりなどの吐き気にも処方されることがあります。

第三位:ローズヒップ

ローズヒップには、ビタミンCが多く含まれており、その量はレモンの20~40倍とも言われています。ビタミンCはお肌の治癒に必要なコラーゲンの生成に関連しているため、炎症があった時などにお肌のルーティーンを高める働きをします。

第四位:ハイビスカス

ハイビスカスは酸味のある赤色のハーブティーが有名です。酸味の成分はクエン酸などの有機酸です。有機酸はエネルギー代謝や新陳代謝を高めることで、肉体疲労などに効果をもたらします。ローズヒップと一緒に摂取することで、より効果が期待できます。

第五位:ヤロー

ヤローは、北アメリカの先住民たちによって、風邪や胃腸の症状に用いられてきました。消炎作用のほか、止血や収れん作用、抗菌作用、食欲不振などへの作用も知られています。また、生理痛や自律神経系の緊張にも用いられます。ヤローの学名は、ギリシア神話のアルキメデスに由来しています。これは、アルキメデスが戦いで受けた傷をヤロー出直したところに由来しているといわれています。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る