記事の詳細

ローズウッドは、ローズのような香りに、さらに樹木の優しい香りがするという事で、とても人気のエッセンシャルオイルです。
しかも香りも長持ちするという事で、香水などにも利用されているのです。

今回は、ローズウッドの効果効能をお伝えします。
効果的に生活へ取り入れてください。

ローズウッドとは

ローズウッドは、南米を中心に生息しています。
ブラジルでは森林伐採や、家具を作る材料などに使用していたため、ローズウッドは一時期絶滅危惧種とされていました。
現在では法律もつくられて、ローズウッドの植林活動も活発になり、絶滅危惧種としては解除されました。
しかし、まだエッセンシャルオイルとしての入手は困難なため、ホーリーフを代用品として使っている方も多くいます。
また、ローズウッドの葉のエッセンシャルオイルは、ローズウッドより入手しやすいので、試してみてください。

ローズウッドの効能:リラックス作用

ローズウッドの主要成分リナロールは、心を落ち着かせる働きに大変優れています。
強いトラウマや、問題を抱え過ぎて、パニックになってしまった場合などに有効です。

気分が落ちているときは、前向きな気持ちにさせてくれます。
逆に、怒りによって頭に血が上っている時や、気持ちが高まりすぎた場合には落ち着けてくれるのです。
香りの持ちも良いので、眠る時の芳香として使用すると良いでしょう。

ローズウッドの効能:殺菌作用・抗ウイルス作用

風邪予防におすすめできるエッセンシャルオイルです。
風邪、インフルエンザが流行ってきた時には、ルームスプレーを作っておくと重宝します。
他にも、エッセンシャルオイルを入れていい加湿器などがあれば、冬場試してみてください。
ユーカリ・グロブルスをブレンドすると、効果も高まります。

ローズウッドの効能:保湿作用

ローズウッドは、どんな肌質にも使用できる、使いやすい香りです。
乾燥肌や老化肌でお悩みの方には、肌の細胞を活性することで、ハリを戻してくれて、さらに潤いを取り戻してくれます。
ニキビなどの脂性肌でお悩みの方には、出過ぎてします油分のバランスを整えてくれるのです。
他にも、傷の治りを早めたり、妊娠線予防とケア、アトピー性皮膚炎や湿しんにも使用できます。
そのため、クリームやキャリアオイルにブレンドしてマッサージオイルを作っておくと重宝するでしょう。

ローズウッドの効能:鎮痛作用

ストレスによる痛みの緩和をしてくれます。
例えば、頭痛や腹痛、生理痛などです。
まずは薬に頼らず、ローズウッドの香りで深呼吸し、気持ちを落ち着けてみてください。
痛みが和らいでいくでしょう。

ローズウッドの効能:催淫作用

異性に、自分をより魅力的に見せたい場合は有効です。
家に招くときの芳香は、ローズウッドを使用してみてください。
ジャスミンやイランイランのブレンドもおすすめですが、香りが強くなり過ぎないよう調整して下さい。

アロマオイルの使い方の注意点

・特になし

相性のいいアロマオイルの香り

・柑橘系(ベルガモットやオレンジ・スイートなど)
・フローラル系(イランイランやネロリなど)

いかがでしたか。
ローズウッドは注意事項の特にない、数少ないエッセンシャルオイルです。
誰でも安全に使用できるので、既定の使い方を守って、香りを楽しんでみてください。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る