記事の詳細

ベンゾインは、バニラのように甘く、しかもずっしりと重みを感じる香りです。
その優しい甘さは、疲れた気持ちを一気に吹き飛ばしてくれるでしょう。
昔から多くの方に愛されていた香りは、今も多くの方に愛用されています。

今回は、ベンゾインの効果効能をお伝えします。
効果的に生活へ取り入れてください。

ベンゾインとは

ベンゾインは、安息香(アンソクコウ)とも呼ばれています。
樹脂から抽出される濃厚なエッセンシャルオイルで、ジャワ島やスマトラなどの温かい地域に生息しています。
タイ産はベンゾイン・シャム、スマトラ産はベンゾイン・スマトラと言います。
ベンゾイン・シャムの方が香りはいいと言われていますが、あまり採れないため、入手しづらいエッセンシャルオイルです。
そのため、基本的にベンゾインとして販売しているのは、ベンゾイン・スマトラです。

古くから親しまれているベンゾインは、宗教の儀式などで用いられたり、薬として使用されたりしていました。
現在では、香水やお酒の香り付け、ハンドクリームなどにも使われています。
意外と、私たちの生活と馴染みのある香りなのです。

ベンゾインの効能:リラックス作用

ベンゾインと言えば、リラックス効果の高い甘い香りが有名です。
不安やストレスによって疲れた気持ちを癒し、気持ちを落ち着けてくれます。
考え過ぎてしまう時や、眠れない時にはぜひ使ってみてください。
樹木系をブレンドすれば、より効果的でしょう。

ベンゾインの効能:呼吸器系の不調緩和

喘息や気管支炎に良いとされているエッセンシャルオイルです。
せきや、のどの痛みが気になる方は、使ってみてください。
ディフューザーで香りを楽しむというよりは、蒸気によって吸引する方法がおすすめです。
桶にお湯を入れて、そこにベンゾインを垂らして、その蒸気を吸い込んでみてください。
さらに、バスタオルなどを被って吸引すれば、蒸気をより効率的に取り込めるでしょう。
少しずつ、呼吸がしやすくなります。

ベンゾインの効能:あかぎれやしもやけなどのケア

ちょっとした傷の治すスピードを速めてくれます。
手作りのハンドクリームを作って、手やかかとなどを塗ってケアしてみましょう。
ハンドクリームを作るのが大変と言う方は、キャリアオイルにブレンドするだけでも良いでしょう。
保湿効果もあるため、しっとりした肌へ戻してくれます。
乾燥しすぎてかゆみが出てしまう方にも有効です。

ベンゾインの効能:精神統一

気持ちを落ち着かせてくれるので、ヨガや瞑想で使用すると良いでしょう。
余計なことを考え過ぎてしまう時には、ベンゾインの香りを嗅ぎながら深呼吸をしましょう。
深い呼吸をすることで自分の意識に集中することが出来、色々なことを見つめ直せるはずです。

アロマオイルの使い方の注意点

・妊娠中の方は避けてください
・強い香りなので、一気に使うと頭痛や吐き気を起こす場合があります
・運転中など、集中力がいる作業の時は避けましょう

相性のいいアロマオイルの香り

・フローラル系(ローズやネロリなど)
・樹木系(サンダルウッドやローズウッドなど)

いかがでしたか。
忙しい毎日を過ごしている方に、ベンゾインはぜひ試していただきたいエッセンシャルオイルです。
香りがきつすぎる、と感じる方は、柑橘系などとブレンドして、試してみてください。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る