記事の詳細

自然豊かな山梨県では、四季折々に花が咲き誇ります。ハーブと花を楽しめる「ハーブ庭園 旅日記」で、のんびりと休日を過ごしませんか。

ハーブ庭園旅日記の開園時間

9:00~17:30 年中無休

ハーブ庭園旅日記のアクセス

住所:山梨県甲州市勝沼町等々力1736

電話:0533-44-3715

車なら中央道勝沼ICから甲府方面へ約15分、河口湖方面から約40分。
JRなら中央線「勝沼ぶどう郷」下車で、タクシーで約10分。
「塩山駅」利用ならタクシーで約15分です。

ハーブ庭園旅日記の入場料金

無料

ハーブ庭園旅日記とは

ぶどうの産地としても有名な勝沼にあり、何と言っても入園料が無料なのが魅力的です。しかし、無料でも、園内はとても充実しています。

1万坪の広大な敷地で、約200種のハーブや花が育てられています。春から秋にかけては庭園、冬には大温室で、一年を通して楽しむことができます。

見るのはもちろん、実際に触れて香りを楽しめるのが嬉しいですね。

ハーブ庭園旅日記の見どころ

とにかく広い園内なので、一日ゆっくり楽しみたい場所です。

春の時期から夏にかけて楽しめるハーブは、ラベンダー・ミント・バジル・ジャスミンなど。花なら春が見頃のバラ、夏には日差しをいっぱい浴びて大輪の花を咲かせるひまわりが見られます。

散策して疲れたら、カフェテラスへ。カモミール・レモングラス・ローズヒップなどを使ったハーブティを味わえます。

「世界で2番目においしいソフトクリーム」と紹介されている、ラベンダーのソフトクリームもおススメです。

天気が良ければ、花に囲まれたテラスでのんびりくつろいでみるものいいですね。庭園のお散歩を楽しんだ後は、体験工房でオリジナルのグッズ製作もどうぞ。ハーブ石けんやキャンドル・ブレスレットなど、お土産にもピッタリです。

さらに園内には天然温泉の足湯もあります。受付を済ませれば、無料で利用できます。

苗の販売を行うショップでは、気になったハーブや花があれば購入もできます。おうちでハーブを育ててみたい方は、ぜひショップへ立ち寄ってみて!

ハーブ庭園旅日記の近隣にある観光スポットの紹介

「ハーブ庭園 旅日記」へのお出かけと合わせて、こちらもどうぞ!
甲州市勝沼 ぶどうの丘

ワイン好きなら、ここへの立ち寄りはマスト!

約200種2万本のワインが試飲できるワインカーブがあり、自分にあったワインをじっくり選ぶことができます。専用の試飲容器タートヴァンを購入すれば、すべてのワインが試飲できます。ワイン以外にも山梨県のお土産も販売しているので、ドライバーの方やアルコールが苦手な方でも大丈夫!

ぶどうの丘には4つの食事処・売店や美術館、宿泊施設に眺望自慢の天然温泉まで揃っています。

売店や美術館は無料なので、気軽に立ち寄りできます。「ハーブ庭園 旅日記」から車で約10分です。
グリーンアウトレット1/2

「桔梗信玄餅」の製造・販売を行う「桔梗屋」は笛吹市に本社があり、「ハーブ庭園 旅日記」から車で約15分。

こちらで毎朝9:30から行われる「お菓子の詰め放題」では、作りすぎたり賞味期限が近いもの、包装に小さな傷があるものなどをアウトレット品として提供しています。

その日によって並ぶお菓子は変わりますが、専用の袋に好きなお菓子を詰める楽しさはまさにアトラクション!団体ツアーも訪れるので、気になる方は早めに出かけましょう。

山梨県笛吹市一宮町坪井1928(桔梗屋本社の事務所棟1階) 9:30~売切れ次第終了 一人¥220


いつ訪れても、ハーブ・花が楽しめる「ハーブ庭園 旅日記」。

休日のお出かけに、ドライブで行ってみませんか?

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る