記事の詳細

農と食のテーマパークで、花とグルメを満喫!

十勝ヒルズの開園時間

4月下旬~10月下旬(開園期間中は無休)

9:00 ~ 18:00

十勝ヒルズのアクセス

住所:北海道中川郡幕別町字日新13-5

電話 : 0155-56-1111

・車  とかち帯広空港から約20分

・電車 JR帯広駅からタクシーで約20分

十勝ヒルズの入場料金

大人¥800・中高校生¥400 ※小学生以下は無料

十勝ヒルズとは

2009年に開園した、「農と食」をテーマにした癒しの場所。23ヘクタールの広大な敷地には、約1000種の植物が季節ごとに咲き誇ります。小高い丘の上に造られた園内には、テーマごとのガーデンや収穫体験ができる『ファーム』・オリジナルの商品を扱う『ショップ』・『噴水』・『チャペル』・遊具があり子供でも楽しめる『こどもひろば』・動物と触れ合える『ふれあいひろば』などもあります。

広い敷地内なので、カート(20分¥500)を借りて移動することもできますよ。

植物とともに人気なのは食事。十勝産の食材がふんだんに使われ、園内で収穫されたハーブや食用花・無農薬の野菜なども提供されます。水にもこだわっていて、レストランはもちろん十勝ヒルズの園内すべての施設で札内川水系の伏流水を使っています。

散策途中での休憩に、「あずきソフト」はいかがですか? 帯広畜産大学の新鮮な牛乳と十勝産小豆のペーストが絶妙な組み合わせ!来園者に人気の一品です。入場無料のヒルズショップ&カフェで購入できます。

十勝ヒルズの見どころ

農と食をテーマにしているので、レストランやカフェで使われる食材の多くは園内の「ヴィーズ・ポタジェ」というガーデンで造られています。豆類を中心に野菜や雑穀・ハーブや食用花などを無農薬栽培で作られています。毎朝収穫された食材がレストランへ行き、シェフによって芸術作品のようなメニューへと変身します。味はもちろん目で見ても楽しめるのが、ここに来るリピーターの多さにも表れています。

レストラン前に広がるのは、ストライプ状に植えられた花が印象的な「スカイミラー」。広大な十勝平野を臨む場所にあるので、フォトスポットとしても人気です。

「スカイミラー」の先には、、アナベルやデルフィニューム・バーバスカムなどが小さな島のように植えられた花壇の「フラワーアイランズ」があります。

自然に近い状態で管理されている『トンボ池』がある「ナチュラルオアシス」。7月になるとこの池にはスイレンが咲き始めます。近くにあるベンチに座り、ちょっと一息つくにもいい場所です。

他にもツツジやバラなど、園内の各所で四季折々に咲く花が楽しめます。散策しながら、思い思いの時間を過ごしてください。

十勝ヒルズの近隣にある観光スポットの紹介

近くの「ハッピースポット」へも寄っていきませんか?
幸福駅

1987年に広尾線が廃止されるにあたって「幸福駅」の駅舎も廃駅になる予定でした。しかし「幸福駅」という名前の縁起の良さから残されることに。廃駅後も観光地として、またハッピースポットとして若い女性を始め多くの観光客が訪れるようになりました。近くの売店では様々な幸福グッズがあるので、ぜひ寄ってみてください。近くには「愛国駅」もあるので、一緒に見に行ってみては?

住所:北海道帯広市幸福町東1線

十勝ヒルズから車で約30分

※詳細はホームページをご覧ください


北海道の大自然とグルメが満喫できる十勝ヒルズ。

「花より団子」の方もきっと満足できますよ!

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る