記事の詳細

原っぱに、ぽつんとあるシンボルツリー。何だか見ているだけで癒されませんか?

国営昭和記念公園の開園時間

3月1日~10月31日       9:30~17:00

11月1日~2月末日        9:30~16:30

4月1日~9月30日の土・日・祝  9:30~18:00

休園日:年末年始(12月31日・1月1日)・2月の第4月曜日とその翌日

国営昭和記念公園のアクセス

住所:東京都立川市緑町3173

電話: 042-528-1751

・車  中央自動車道・国立府中ICから約15分

・電車 JR西立川駅から約2分

国営昭和記念公園の入場料金

大人(15歳以上)¥410・小人(小中学生)¥80・シルバー(65歳以上)¥210 ※小学生未満のお子様は無料

※みどりの文化ゾーンは無料エリア

※昭和の日・みどりの日など年に数回無料入園日あり 詳細はホームページをご覧ください

駐車場は有料(普通車¥820)

国営昭和記念公園とは

昭和天皇の御在位50年記念事業の一環として、立川飛行場の跡地に造られた国営公園。総面積180ヘクタールの広大な公園で、園内には「花の丘」「渓流庭園」「花木園」など花の楽しめるエリアと、「みんなの原っぱ」「ふれあい広場」などの芝生エリア、「わんぱくゆうぐ」「水あそび広場」など子供も楽しめるエリアがあります。

1983年に開園以来一年中たくさんの来場者で賑わい、2016年5月2日には8000万人を突破しました。

都内でも指折りの桜の名所で、春は桜以外にもポピーやチューリップ・夏にはヒマワリ・秋にはコスモスが園内を彩ります。

国営昭和記念公園の見どころ

園内各所で季節の花が楽しめるのですが、約15000㎡の『花の丘』は必見です!特に春になると丘いっぱいにオレンジや黄色の花で埋め尽くされるポピーの花畑に、秋には550万本の白やピンクのコスモスが咲く花畑に変わります。満開の時期に丘を歩けば、花に埋もれてしまいそうなほど。

約700mの緩やかな渓流に沿いにチューリップが咲く『渓流広場』・早咲き種のカワヅザクラ・遅咲き種のサトザクラなど31種1500本の桜の木がある公園でも、桜の代表格ソメイヨシノの開花時期にはお花見客で最も賑わう『桜の園』・ハーブを触った感触や香りを楽しむこともできる『花木園』内に設けられたハーブ園など、見どころがいっぱいです。

もっとアクティブに過ごしたいなら、水辺にアシやガマなどの水生植物が生い茂る『水鳥の池』でボート遊びを、ディスクゴルフやペタンクなど変わったスポーツが楽しめる『スポーツエリア』、園内に約14kmのサイクリングコースがあるのでレンタサイクルで走ってみるのも楽しいかも。

のんびりしたい方には、昭和30年代の武蔵野の原風景を再現した『こもれびの里』・落ち着いた雰囲気が漂う『日本庭園』などがおススメです。

初めて国営の盆栽展示施設として造られた『盆栽苑』などもあります。

広い園内は歩いて回ると1日では足りないほど!有料のパークトレインやレンタサイクルを使って、効率的に散策をお楽しみください!

国営昭和記念公園の近隣にある観光スポットの紹介

関東屈指の古刹です!
高幡不動尊

真言宗智山派別格本山で、正しくは高幡不動尊金剛寺と言います。地元では「高幡のお不動さん」と親しみを込めて呼ばれ、毎月28日に開かれる縁日ではたくさんの参拝者で賑わいます。重要文化財に指定されている仁王門や不動院、5年の歳月をかけて完成した五重塔など境内は見どころがいっぱいです。

住所:東京都日野市高幡733

電話:042-591-0032

国営昭和記念公園から車で約20分

※詳細はホームページをご覧ください


とにかく広い!早い時間からお弁当を持って出かけて、1日中花に囲まれてみたくなる公園ですよ。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る