記事の詳細

富士山と一緒に、一面に咲く花が見られる夢のような場所!

山中湖花の都公園の開園時間

4月16日~10月15日(8:30~17:30)

10月16日~4月15日(9:00~16:30)

休園日:12月1日~3月15日の毎週火曜日(祝祭日を除く)

山中湖花の都公園のアクセス

住所:山梨県南都留郡山中湖村山中1650

電話:0555-62-5587

・車  東富士五湖有料道路・山中湖北ICから約3分

・電車 富士急行・富士山駅から周遊バスふじっ湖号利用で、バス停「花の都公園」下車すぐ

山中湖花の都公園の入場料金

無料 ※一部有料エリアあり

有料エリア 清流の里

4月16日~10月15日 大人¥500・小中学生¥200

10月16日~11月30日、3月16日~4月15日 大人¥300・小中学生¥120

12月1日~3月15日 無料

駐車場有料(乗用車¥300)

山中湖花の都公園とは

標高1000m、山中湖のそばに広がる30万㎡の広大なお花畑。富士山をバックに、一面に咲く季節の花が楽しめる無料エリアと、有料エリアの『清流の里』に分かれています。

無料エリアのお花畑は、春のチューリップ、初夏から夏にかけてキカラシ・カスミソウ・百日草・ヒマワリ、秋にはコスモスとカラフルな花々で覆われます。

有料エリアは『清流の里』と呼ばれ、水を使って遊べる遊具や小さな滝などがあり、夏には子供たちが楽しめるようになっています。また、全天候型の温室もあり、熱帯植物の観察ができます。

一年を通して様々なイベントが開催され、夏の恒例イベント・トウモロコシの摘み取りや百日草の摘み取り、冬には山中湖アートイルミネーション「FANTASEUM」があります。11月末から1月中旬頃までの間は、天候に恵まれれば『ダイヤモンド富士』が見られます。最近は団体がバスでやって来るほど、人気のスポットになりました。晩秋から冬にかけては花が少なくなりますが、イルミネーションと花火・そしてダイヤモンド富士が見られるので、写真が好きな方にはオススメな時期です。

山中湖花の都公園の見どころ

何と言っても、富士山と広大なお花畑がセットで、しかも無料で見られること!

その年によって違いはありますが、チューリップが15万本・百日草が100万本・ヒマワリは30万本・サンパチェンスは国内でも株数日本一を誇り約1万本とか!この花々が富士山をバックに一面に咲く様子は、まさに圧巻!

有料エリアの『清流の里』も見逃せません。特に子供と一緒に楽しみたい方は、ぜひこちらへ。屋外にある水遊具広場では、水がパイプの中をさかのぼる「アルキメデスのポンプ」や、的に水を当ててロケットを飛ばす「水鉄砲」など、水で遊べる遊具がたくさんあります。また、落差10m・幅80mの「明神の滝」や滝壺で遊べる「石清水の滝」など、暑い夏の時期でも水のそばで涼める施設が揃っています。

冬には雪が降る山中湖周辺ですが、「全天候型温室フローラルドームふらら」なら外の天気や気温に関係なく花を楽しめます。館内は。「ウェルカムガーデン」「ハーブガーデン」「イングリッシュガーデン」「テラスガーデン」などと分かれていて、一年中ランの仲間や熱帯植物が鑑賞できます。パソコンを使ってハーブや植物の情報を知ることができるスペースもあるので、知識を増やしたい方にもおススメ。

その他、お土産物を扱うお店や甲州名物ほうとうが食べられる食事処・フラワーショップなどもあります。

山中湖花の都公園の近隣にある観光スポットの紹介

2016年6月22日にオープン!
山梨県立富士山世界遺産センター

2013年6月に世界遺産に登録された富士山の文化や歴史的価値などを、国内外に広く伝えていく目的で創設されました。日本人の誰もが誇る「富士山」の美しい姿を、後世に継承していかなくてはなりません。知っているようで意外と知らない、そんな「富士山」の新たな魅力を発見しにぜひお出かけください!

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1

電話:0555-72-0259

山中湖花の都公園から車で約20分

※詳細はホームページをご覧ください


どの季節でも楽しめるのが魅力。

できれば、何度も行ってみてほしい!!そんな場所です。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る