記事の詳細

大型リゾートホテルに隣接している猪苗代ハーブ園。宿泊してのんびり散策してみませんか?

猪苗代ハーブ園の開園時間

2016年3月5日~11月27日 ※冬期休園

9:00~17:00

猪苗代ハーブ園のアクセス

住所:福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁リステルパーク

電話:0242-66-2690

・車  磐越自動車等・猪苗代磐梯高原ICから約10分

・電車 JR猪苗代駅から無料シャトルバスで約15分

※JR郡山駅から予約制の無料バスが運行。詳細はホームページをご覧ください

猪苗代ハーブ園の入場料金

3月5日~11月27日の開園期間のうち、4月23日~10月23日のみ有料(ハーブガーデンとグリーンハウス)

大人¥310・小学生¥210・幼児無料

※詳細はホームページをご覧ください

猪苗代ハーブ園とは

猪苗代ハーブ園は、福島県内最大級の規模を誇るリゾートホテル「ホテルリステル猪苗代」のホテル建物前に広がるリステルパーク内にあります。

10万平方メートルの敷地にハーブ約500種栽培されているほか、春は菜の花、夏はひまわり、秋のコスモスまで長い期間花畑を楽しむことができます。

猪苗代湖を臨むリゾートホテルが目の前なので、宿泊してのんびり過ごすのがおススメです。

猪苗代ハーブ園の見どころ

ハーブガーデン

ラベンダーやミント、チャイブ、ローズマリーなど約500種類のハーブや、春から秋にかけて様々な花々が咲き誇ります。特に人気なのはラベンダーで、猪苗代ハーブ園に造られたラベンダー畑は福島県内では一番大きいと言われます。6月10日~7月17日には「ラベンダーフェスティバル」が催され、期間中の7月10日までは花摘みも体験できます。季節によりカモマイル、ポピー、コスモスの花摘みもできます。※花摘み体験には¥300(ラベンダーのみ¥600)が入園料とは別に必要です

ハーブガーデンでは、磐梯高原にある広大な敷地一面に咲く花々を心ゆくまで堪能できます!
グリーンハウス・ハーブショップ&カフェ

温室のグリーンハウス内でも、ブーゲンビリアやセージなど様々な種類のハーブを観賞することができます。観賞するだけではなく、ハーブの苗の販売もされています。家での育て方やハーブティー・料理での活用方法などもスタッフの方がアドバイスしてくれるので、初心者でも安心です。

併設のショップでは、入浴剤やオイル・ポプリなどのハーブ関連商品もあるので、自分へのお土産もゲットしましょう。カフェではハーブティーや軽食も楽しめるほか、人気のラベンダーソフトクリームも販売しています。

猪苗代ハーブ園の近隣にある観光スポットの紹介

猪苗代ハーブ園と合わせて見ておきたい!「会津若松城」まで足を延ばしてみませんか?
若松城

会津若松市のシンボル的存在の若松城は鶴ヶ城・会津若松城・黒川城とも呼ばれ、国の史跡や日本百名城にも指定されています。

今から630年ほど前に、前身である東黒川館を葦名直盛(あしななおもり)が築いたのが若松城の始まりです。 1か月にも及ぶ激しい攻防戦となった戊辰戦争でも耐えた、天下の名城でもありました。明治7年には石垣だけを残して取り壊され、昭和40年になって再建されました。天守閣は郷土博物館になっていて、城や会津の歴史などを知ることができます。

猪苗代ハーブ園から猪苗代湖畔を経由して約50分なので、ドライブにピッタリです。

住所:福島県会津若松市追手町1-1

電話:0242-27-4005(会津若松観光ビューロー)

天守閣への入場は大人¥410・小人¥150が必要です。 ※詳細はホームページをご覧ください


高原にあるリゾートホテルに滞在し、「猪苗代ハーブ園」でゆっくりとハーブや花を楽しむ。

ちょっと優雅な気分に浸って、素敵な休日を!

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る