記事の詳細

300種のハーブと植物に癒されに、北海道まで出かけてみませんか?

香りの里ハーブガーデンの開園時間

5月1日~8月31日  9:30~16:30

9月1日~10月31日 9:30~16:00

休園日:5月1日~10月31日までの期間中は無休

香りの里ハーブガーデンのアクセス

住所:北海道紋別郡滝上町元町

電話:0158-29-3400

・車  オホーツク紋別空港から約45分

・電車 JR上川駅から都市間高速バス利用で、バス停「旭町」下車し徒歩約20分

※詳細は、滝上町観光協会または滝上町役場へお問い合わせください

香りの里ハーブガーデンの入場料金

無料

香りの里ハーブガーデンとは

香りの里ハーブガーデンがある滝上町はハッカの生産量が日本一で、実はハッカはハーブの一種なんです。

もともとシバザクラが有名な滝上町ですが、それに続く観光基盤作りとして注目したのがハーブ。4ヘクタールの敷地内には約300種類のハーブや植物があり、主に6月~8月にかけてハーブは開花を迎えます。実際に触れて、香りを楽しみながらハーブの世界に浸りましょう。

香りの里ハーブガーデンの見どころ

園内で楽しめるハーブは、5月ごろのキャットミント・チャイブから始まり、6月にはジャーマンカモマイル・レモンタイム・セージ、7月にはラベンダー・オレガノ、8月になるとモナルダ・ハッカと開花リレーが続きます。

その他にも、バラやヒマワリなど季節によって、様々な植物を見ることができます。

丘の上にある「フレグランスハウス」では、ハーブを使ったメニューが揃っているので、ハーブティとともにランチも楽しめます。また、ハーブ石けんやリース・サシェなどクラフト体験も可能。自分へのお土産に、オリジナル作品を手がけませんか?ショップでは、滝上町自慢の特産・ハッカを使ったお土産が揃っています。

丘の上まで上がる散策路を進んでいけば、滝上町濁川地区の風景が広がります。のんびり園内を散策して、短い北海道の夏を満喫してください。

近くには「道の駅 香りの里たきのうえ」があり、ハーブの加工品やチーズを販売するショップ・観光協会事務所もあるので、時間があったら立ち寄っていきましょう。

香りの里ハーブガーデンの近隣にある観光スポットの紹介

もう1つ、癒しの場所へ。愛らしいアザラシに会いに行きましょう。
オホーツクとっかりセンター ゴマちゃんランド

日本最北にあるアザラシの保護を目的とした、アザラシだけを飼育する珍しい施設です。1987年にわずか4頭から始まり、現在では4種20頭を超えるアザラシを飼育しています。施設の名前にある「とっかり」とは、アイヌ語の浜言葉で『アザラシ』と言う意味だそうです。

怪我をしたアザラシを保護・治療し、海へ帰すなどの活動も行っています。

アザラシと直接触れ合える「アザラシ広場」では、給餌の様子やスタッフからアザラシの生態について学ぶことができます。大きな窓が3か所ついている水槽では、のんびり泳いでいるアザラシの姿を見ることができます。

住所:北海道紋別市海洋公園2番地

電話:0158-24-7563

香りの里ハーブガーデンから車で約40分

※入館料・営業時間など、詳細はホームページをご覧ください


北海道のハーブと言えば、富良野のラベンダーを思い浮かべる方も多いはず。

でも、富良野だけじゃなくハーブが楽しめるところが北海道にはたくさんあります。

滝上町は、意外と穴場かも?

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る