記事の詳細

ハーブの虫除けスプレーとは

夏になると欠かせない虫除けスプレー。どうせなら、お肌に優しくて効果的なものを使いたいですよね。

虫除け効果のある精油はいくつかありますが、シトロネラは虫除けとして特に有名な精油のひとつです。その作用を活かし、古来から精油を蚊帳に編み込んだりろうそくに混ぜて使われていたそうです。

最近では、シトロネラ精油を配合した日焼け止めなども見られますね。

ハーブの虫除けスプレーの作り方

材料・約30ml分

A(シトロネラ精油4滴、ユーカリ2滴)
ウォッカ5ml
精製水25ml

道具

メスシリンダー
ビーカー
ガラス棒
遮光スプレー容器

作り方

ビーカーにウォッカを入れる。
さらに、Aを加えてガラス棒で混ぜる。
精製水を加えてよく混ぜ、遮光容器に移す。

使い方
肌から10~15cm離して吹き付ける。

※顔には使用しない。
保存
冷暗所で保存。2週間を目安に使いきる。

ハーブの精油・シトロネラとは

「コウスイガヤ」とも呼ばれるイネに似たハーブからとれる精油で、レモン以上にフレッシュで透明感のある香りが特徴です。スリランカが原産でしたが、1980年代には、よりすぐれた品質をもつジャワ産も誕生しました。

古来より、鮮烈な香りを虫が嫌がって寄り付かないため、精油を蚊取り用ろうそくに練りこんだり、草葉を蚊帳などに編み込んで虫除けとして使われていました。現在でも、アウトドア用の防虫キャンドルなどによく使われています。

ま香水やせっけん、基礎化粧品、洗剤、つや出し剤、デオドラント用品など多くの製品の成分にも、この名を見ることができます。また、シトロネラは、虫にさされてしまったときにも使えます!
原料になる植物
シトロネラ。スリランカ原産のイネ科の多年草で、高温多湿な地域に生息する丈夫な草。細長い草が特徴。
シトロネラの詳細

学名:Cymbopogon nardus
科名:イネ科
主な産地:インドネシア、スリランカ、南米、中国
採油方法:全草の水蒸気蒸留法
揮発度:トップノート
香りの強さ:中から強め
作用:強壮、抗うつ、殺虫、刺激、殺菌、消臭
主な成分:モノテルペンアルコール類ゲラニオール、カンフェン、リモネン、シロトネラール、シトロネロール、酢酸ゲラニル、α-ピネンなど

使用上の注意
皮膚に刺激があるので、使用量に注意。

ハーブの精油・シトロネラの効能

心への効能

気持ちを前向きにさせ、うつをやわらげます。
疲れを取り、リフレッシュさせます。

身体への効能

頭痛、偏頭痛、肩こり、腰痛の痛みをやわらげます。

肌への効能

肌に弾力を与え、肌のにおいを消します。
体臭をおさえます。

相性の良い精油
イランイラン/サイプレス/ゼラニウム/ティートリー/ネロリ/ペパーミント/ベルガモット/ユーカリ/ラベンダー/ローズマリー

ハーブで手作り-虫さされのかゆみ止めの作り方

材料
シトロネラ精油2滴
道具

洗面器
タオル

使い方

洗面器に水を5~6分目まで入れ、精油を加える。
畳んだタオルを浸し、水面に浮かぶ精油をすくうようにしてタオルを取り出す。
そのままタオルを絞り、精油が直接肌に触れないように注意して、かゆい部分に当てる。

※異常を感じたらすぐに中止し、水で洗い流す。

シトロネラは香りが強いので、虫除けスプレーとして使うときは周囲に気を配りましょう。

ハッカ油マスクとは

暖かくなってきたのは嬉しいけれど、今年も花粉の季節がやってきます。2月から5月にかけて、花粉症の方にはつらい季節ですよね。

皆さんは、どのような対策をしていますか?簡単に手に入るもので、お金をかけずに症状が緩和できたら嬉しいですよね♪

今回は、薬局で手に入るものだけで作れる、花粉症対策のハッカ油マスクの作り方をご紹介します!

花粉症に効く精油といえば、ユーカリやティーツリーが挙げられますが、精油は専門店でないと手に入りません。

そういう時に、薬局で手に入るハッカ油でも、実は鼻づまりが解消できるのです!ハッカ油は、お近くのドラッグストアなどで、550円ぐらいで気軽に手に入ります。

ハッカ油マスクの材料

マスク・・・1枚~(作成したい分)
コットン・・・1~2枚
ハッカ油・・・数滴
密封できる袋・・・1枚

ハッカ油マスクの作り方

①コットンにハッカ油を1~2滴垂らす。(コットンの代わりにティッシュでもOK)

ハッカ油は香りが強いので、マスクが1枚だけなら1滴で十分です。マスクが複数枚のときも、ハッカ油の量は増やしすぎないように注意してください。

マスク10枚に対して、ハッカ油5滴程度を目安に、お好みで調節してください。
②マスクとコットンを密封袋に入れる

密封袋の中に香りを閉じ込めて、マスクに香りを移すイメージです♪

※コットンはマスクの外側に当たるように!

顔に当たる内側には付けないように気を付けてください。ハッカ油は無色なのでマスクに色が付く心配はありませんよ!
③1時間以上おいて、マスクにハッカの香りが移ったら完成です!
1日以上おくと、香りが馴染んでより良い感じになりますよ。時間が無い場合は30分程でも大丈夫です。もっと短くても大丈夫ですので、お好みで調節しましょう。

ハッカ油はそれだけ香りが強いので、扱いにはご注意を。出かける準備をしている間に作れるのは嬉しいですよね♪

ハッカ油マスクの感想

私は30分程香りを移してから使ってみました。袋のチャックを開けると、早速ハッカの爽やかな香りが・・・!マスクを着けてみると、鼻に一気に清涼感が駆け抜けました!鼻の中がヒヤッとする感覚が気持ち良いです♪鼻通りも良くなりました。

人混みや満員電車がつらい時にもオススメです。ハッカの殺菌効果とマスクの保湿効果で、ずっと着けているとお肌もしっとり。吸い込む空気が綺麗なので、喉にも優しいです!

ハッカ油マスクの注意点

いかがでしたか。これなら、とても簡単に花粉症対策のグッズが作れますよね。

ハッカの香りで鼻の通りがよくなるだけでなく、ハッカ油には殺菌効果もあります!そのため、風邪やインフルエンザの予防にもオススメです。

※ハッカは香りが強いので、くれぐれもつけ過ぎにはお気を付けください!

花粉症に効くハーブの精油

ハッカ:抗菌作用、鼻づまりの緩和、虫除け、緊張性頭痛、乗り物酔い
ユーカリ:抗菌、殺菌作用、免疫強化、頭痛・偏頭痛の緩和、虫除け
ティーツリー:殺菌・消毒作用、抗ウイルス、免疫強化、鼻づまりの緩和

更に花粉症への効果を高めるなら、ハッカ(1滴)・ユーカリ(1滴)・ティーツリー(1滴)という感じにブレンドしてもいいですね♪

花粉症の方や、日頃の風邪予防に、是非ハッカマスクを使ってみませんか?

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る