記事の詳細

ティートリーはエッセンシャルオイルの中でも有名で、名前を聞いたことのある方も多いと思います。

すっきりしたシャープな香りが特徴的で、作用としては抗菌や免疫力効果に特に優れたオイルです。

ニキビに効くことでも有名ですね。また、口角炎などにも有効です。

そんなティートリーの力を活かしたハンドソープの作り方をご紹介します☆

すっきりハンドソープ

【材料・約100g分】

A(ティートリー精油15滴、ペパーミント精油5滴)
好みのハーブ適量
せっけん素地100g

【道具】

ビーカー
はかり
竹串
せっけんの型

【作り方】

ビーカーにせっけん素地を入れ、電子レンジ(500W)で1分加熱する。
溶けたら取り出し、Aを加えて竹串でよく混ぜる。
2を型に流す。好みのハーブを加えて竹串で混ぜ、1時間おいて、固まったら型から取り出す。風通しのよいところで3~4日乾燥させる。

【使い方】

よく泡立ててから使う。

☆保存☆ 常温または冷蔵庫で保存。ラップで包んでおくと香りが長持ちする。

【ティートリー】

オーストラリアの大地に生えるティートリーは、遠く離れた場所からでも香るほど鮮烈な香りを放つ樹木です。この精油は、ユーカリと並んでオーストラリアでは非常にポピュラーな存在です。

この木の葉は先住民アボリジニの間で、感染症や切り傷の治療に使われていました。精油にも、殺菌・消毒力や免疫を高める効果があります。花粉症など鼻が詰まって頭がぼんやりするときにも有効です。

20世紀前半にヨーロッパへ持ち込まれて救急医薬品の代用として使われ、第二次世界大戦中には、軍隊や軍需工場で傷の手当てをするために使われたそうです。

また、優れた殺菌効果もあるので、ニキビや傷、水虫などの症状の緩和にも有効です。

◆原料になる植物◆

ティートリー。オーストラリア原産で、サイプレスに似た常緑低木。幹を切り倒しても成長し続け、2年後にはまた伐採できるまでになるほど、非常に強い生命力をもつ。

主な産地:オーストラリア、ジンバブエ

抽出部位:葉

抽出方法:水蒸気蒸留法

こんなときにおすすめ☆
Mental(心)

ショックを受けた時にこの香りを嗅ぐと、気分がリフレッシュし、沈んだ気持ちが明るく元気になります。

・ショック症状 ・不安 ・落ち込み ・眠気 ・ストレス

Health(体)

免疫力が高まるので、かぜの引きはじめなどに使うと、体の中に入ってきた細菌やウイルスの感染力を弱め、悪化を防ぎます。

・かぜの予防 ・免疫力低下 ・膀胱炎 ・膣炎 ・気管支炎 ・花粉症 ・鼻づまり ・疲れ目 ・やけど ・水虫 ・切り傷

Beauty(美)

殺菌作用が非常に強いのが、この精油の特徴。ニキビが悪化し、炎症をおこしたときに用いると効果的です。

・ニキビ ・フケ ・日焼け ・足の臭い ・イボ ・デオドラント

!使用上の注意!

皮膚の薄い敏感な部分に使うと刺激を感じる場合があります。長期間使い続けると、アレルギー症状を引き起こすことも。

《相性の良い精油》

オレンジスイート/サイプレス/ペパーミント/ユーカリ/ラベンダー/レモン/ローズマリー

ユーカリと香りが似ているので、合わせると風邪予防や花粉症対策に!集中力を高めたいときは、ペパーミントやローズマリーのブレンドがおすすめ。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る