記事の詳細

プチグレインは、ビターオレンジの葉や枝から抽出される精油です。

同じ植物の花からとれる精油をネロリと呼びますが、香りも作用も異なります。

オレンジスイートやネロリなど、他のオレンジの精油と比べるとウッディーな香りがするのが特徴です。

精神面にも働きかけてくれるので、気分が落ち込んでいる時に他の香りが明るすぎるという方には、このプチグレインの精油がおすすめです。

消臭効果もあるので、ボディパウダーにして気になる部分にはたくと、消臭しながらプチグレインの爽やかな香りが広がります♪

さらさらボディパウダー

【材料・約100g分】

A(プチグレイン精油1滴、オレンジスイート精油1滴)
コーンスターチ50g
タルカムパウダー50g
ローズパウダー大さじ1

【道具】

はかり
計量スプーン
ビニール袋
パウダー容器

【作り方】

ビニール袋の中に、コーンスターチとタルカムパウダーを入れる。
袋の外からもむようにして、よく混ぜる。
ローズパウダーを入れて更に混ぜ、Aをくわえてよく混ぜる。

【使い方】

清潔にした肌に、パフではたきつける。

プチグレイン

オレンジ・ビターの葉や枝から抽出されるプチグレインは、ネロリのような甘さと爽やかさに加え、ウッディーな香りが特徴です。プチグレインとは、“小さな粒”という意味で、もともと未熟で小さな粒のようなオレンジの果実から精油をとっていたことから、この名がつきました。原料のオレンジは、スイートオレンジではなく、ネロリと同じビターオレンジですが、ネロリよりも安価で作用も穏やかです。

気持ちをリフレッシュさせ、心身のリラクゼーションを誘い、不安や孤独を和らげるのはもちろん、自身を取り戻させてくれる効果もあります。また、ストレスが原因の消化器系や循環系の不調、月経痛などにも有効です。皮脂分泌を調整する作用もあるため、しみやニキビ、頭皮ケアにもおすすめです。デオドラント効果があり、病気に対する体本来の抵抗力を強める働きもあるため、香水のみならず、製薬業界でも広く使われています。

◆原料になる植物◆

ビターオレンジ。オレンジからとれる3種類の精油のひとつ。パラグアイ原産。レモンやマンダリンの葉や枝からも抽出されることがある。

!使用上の注意!

リラックス効果があるため、運転や仕事中、勉強など、集中力が必要なときは、使用を避けること。

主な産地:スペイン、イタリア、チュニジア

抽出部位:葉と小枝

抽出方法:水蒸気蒸留法

こんなときにおすすめ☆

Mental(心)

・不安 ・ストレス ・興奮 ・心配 ・緊張 ・うつ状態 ・怒り ・動揺 ・精神的疲労 ・不眠 ・自律神経のアンバランス

Health(体)

・PMS ・消化不良 ・動機 ・不整脈 ・高血圧 ・消化不良 ・胃痛 ・嘔吐 ・しゃっくり ・月経痛 ・気管支炎 ・筋肉の痙攣 ・アレルギー性鼻炎 ・免疫低下 ・耳鳴り

Beauty(美)

・過度の発汗 ・傷 ・デオドラント ・ヘアケア ・スキンケア ・ニキビ ・脂性肌 ・老化肌

《相性の良い精油》

オレンジスイート/カモミールローマン/サイプレス/サンダルウッド/ベルガモット/ラベンダー/レモン/ローズ/ローズウッド

柑橘系とブレンドすれば、香りに深みを出すことができます。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る