記事の詳細

お湯の中に入れるとシュワシュワと炭酸ガスが出るバスボム。

市販されているものも多いですが、実は手作りすることができます。

材料はスーパーで揃えることができ、作り方もそれほど難しくありません。

そこにハーブを加えると香りも楽しむことができ、一度のお風呂でたくさんの効果をえることができます。

今回はリフレッシュ効果のあるバスボムの作り方を紹介します。

【用意するもの】(4個分)

材料

・重曹 ・・・・・・・大さじ6

・クエン酸 ・・・・・大さじ2

・コンスターチ ・・・大さじ2

・はちみつ ・・・・・大さじ1

・精油

―ベルガモット ・・12滴

―ジュニパー ・・・8滴

・お好みのハーブ ・・小さじ2

(タイム、ペパーミントなど)

道具

・軽量スプーン

・ビニール袋(2枚)

・ラップ

はちみつはつなぎのためにいれます。手軽に手に入り、甘い香りもするのでお勧めです。

ハーブはお好みで、入れても入れなくても大丈夫です。

精油は合計20滴であれば、お好みのもので大丈夫です。今回はリフレッシュをテーマにしていますので、ベルガモットとジュニパーを紹介しています。

また、タイムやペパーミントは、ベルガモットとジュニパーと相性がいいです。いずれもリフレッシュ効果が高いとされています。ただし、刺激は強めですので、違和感がある場合は量を減らして下さい。

【作り方】

1.ビニール袋を二重にして、重曹、クエン酸、コンスターチを入れてよく混ぜます。

2.はちみつを加えて混ぜあわせます。

※はちみつはかたまりやすいので、こすりつけるように少し強めに揉むといいです

3.精油とハーブを加えて、均等になるように混ぜます。

4.4等分にして、ラップでくるみ、おにぎりを握る要領で丸めます。

5.ラップを少しゆるめ、風通しのよいところで4~5時間乾燥させます。

これで手作りのバスソルトができあがります。

お湯につけるとシュワシュワ発泡して、全体に溶け出します。

血行をよくする炭酸成分に加え、いい香りがお風呂場に広がり、リフレッシュすることができます。

ぜひ一度お試し下さい。

【注意】

4等分に分けたバスボムは、精油とハーブが偏らないように気をつけて下さい。

精油もハーブも濃いと身体にかえってトラブルを引き起こします。混ぜる時はしっかり均一になるようにして下さい。

★★★ 今回使ったハーブの紹介 ★★★

( 名前 )ベルガモット

( 香り )柑橘系ならではのフレッシュでフルーティーな香り

( 効能 )イライラを取り除き、気持ちをふわっとさせます。

気持ちを落ち着かせる作用と気分を高揚させる作用の両方があるとされています。感情を適度に抑えるので、頑張りすぎているときにもお勧めです。

( 名前 )ジュニパー

( 香り )ひのきに似た落ち着いた香り

( 効能 )意欲と集中力を出させる

昔から心を浄化し、悲観的になった心を助ける精油と言われてきました。体内の余計な水分や毒素を外に押し出すと言われています。

( 名前 )タイム

( 香り )清涼感のある甘みと苦みを含んだ香り

( 効能 )精神疲労を回復し、頭をすっきりさせる

強壮作用と脳を活性化させる作用があると言われています。強い抗菌作用もあり、古代エジプトではミイラの防腐剤として使われてきました。風邪の予防にもいいとされていいます。

( 名前 )ペパーミント

( 香り )さわやかな清涼感

( 効能 )頭の中のもやもや感を改善する。

成分の5割を占めるメンソールは刺激作用と鎮静作用の両方をあわせもちます。脳に刺激を与え、眠気を覚まして頭をすっきりさせる効果があります。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る