記事の詳細

季節ごとに肌のトラブルは違います。

それにあわせて市販の化粧水を買い換えるのもいいですが、自分好みの自分にあった化粧水を自分で作ってみるのはいかがでしょうか。

ハーブティンクチャーを応用すれば、自分のオリジナル化粧水が作れます。

使うハーブを変えれば、いろんな用途に使えます。

今回はハーブティンクチャーにグリセリンを加えた化粧水をご紹介します。

【用意するもの】

(ハーブティンクチャー)

材料

・ドライハーブ ・・・20g

・精製水 ・・・・・・120ml

・無水エタノール ・・80ml

道具

・密閉容器

・ビーカー

・はかり

・コーヒーフィルター

(化粧水)

材料

・作ったハーブティンクチャー

・グリセリン ・・・・小さじ2(1ヶ月後に使います)

道具

・保存容器

ドライハーブは目的に応じて使い分けます。

乾燥肌・・・カモミール・ローマン、サンダルウッド

脂性肌・・・イランイラン、ネロリ

ニキビ肌・・ティートリー、ラベンダー

美白効果・・イランイラン、クラリセージ

毛穴対策・・クラリセージ、ローズ

頭皮ケア・・ゼラニウム、ティートリー

グリセリンは、保湿効果を高めるために使います。

【作り方】

1.密閉容器にドライハーブを入れます。

2.精製水と無水エタノールを加えて、密閉します。

3.直射日光の当たらないところで約1ヶ月間保管します。

(できれば毎日容器を振って、なじませるのが望ましいです)

4.1ヶ月経ったら、液をコーヒーフィルターでろ過して、保存容器に移し替えます。

5.保存容器にグリセリンを加え、よく混ぜあわせます。

ハーブティンクチャーにグリセリンを加えるというシンプルなものですが、たくさんの効果があります。

グリセリンの量は好みで調整するのがいいと思います。

ぜひお試し下さい。

★★★ 今回使ったハーブの紹介 ★★★

( 名前 )カモミール・ローマン

( 香り )青りんごのような甘酸っぱい香り

( 効能 )乾燥肌によいとされ、かゆみを抑える

成分として含まれているピノカルボンには傷跡を目立たなくする作用があるとされています。アトピー性皮膚炎やじんましんにも有効といわれています。

( 名前 )サンダルウッド

( 香り )甘さのある落ち着いた香り

( 効能 )炎症を抑え、やわらかく潤いのある肌にする

主成分のα-サンタロール、β-サンタロールには心臓を強くする作用があり、血のめぐりをよくします。

( 名前 )イランイラン

( 香り )南国を思わせる甘い香り

( 効能 )肌とホルモンの調子を整える。

皮脂の分泌を調整する効果があります。またホルモンバランスを整えるとされているので、女性特有のトラブルにも効果があるといわれています。

( 名前 )ネロリ

( 香り )オレンジの甘さにやや苦みを含んだ香り

( 効能 )皮膚の新陳代謝を促進させる

セロトニンの分泌を促す作用があるので、心身ともに元気になるといわれています。

皮膚の新陳代謝を促進し、しみやそばかす、にきび跡などの色素沈着を予防・ケアします。

( 名前 )ティートリー

( 香り )清涼感のあるフレッシュな香り

( 効能 )ニキビ肌、頭皮ケア

成分として含まれているテルピネン-4-オールには、炎症を抑える働きがあり、ニキビや頭皮ケアに有効とされています。

( 名前 )ラベンダー

( 香り )クリアで軽さのあるフローラルな香り

( 効能 )ニキビ肌、妊娠線の予防・ケア

炎症を抑える作用、細胞の成長を促す作用があり、傷の治りを早めます。

( 名前 )クラリセージ

( 香り )すっきりした香りにナッツのような甘みを含む香り

( 効能 )美白効果、毛穴対策

皮脂の分泌を抑え、吹き出物の予防に効果的です。

( 名前 )ローズ

( 香り )心地よい甘さの華やかな香り

( 効能 )毛細血管を収縮させ、肌を強くする

主成分であるフェニルエチルアルコールは毛細血管を収縮させる働きがあり、肌を強くすると言われています。しみやしわを防ぎ、肌を引き締めるのに効果があります。

( 名前 )ゼラニウム

( 香り )バラのような甘さを含み、ミントのような清涼感のある香り

( 効能 )肌のアンチエイジング

皮脂分泌のバランスを整える効果があるので、頭皮ケアによいとされています。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る