記事の詳細

MP石鹸という言葉を聞かれることが多くなったのではないでしょうか。

MP石鹸とはグリセリンでできた石鹸のことで、MPとは「Melt and Pour」の略で「溶かして注ぐ」という意味です。

グリセリンには保湿成分があり、MP石鹸は通常の石鹸よりも保湿効果が高いと言われています。

そんなMP石鹸も手作りで作ることができます。

今回は乾燥肌と脂性肌に効くMP石鹸の作り方を紹介します。

【用意するもの】

材料

・MP石鹸素地 ・・・150g

・ホホバオイル ・・・小さじ1

・ドライハーブ ・・・2g

(マリーゴールドなど)

・精油 ・・・・・・・30滴

(サンダルウッド、ゼラニウムなど)

道具

・MP石鹸の型(シリコン製の製氷皿でも代用できます)

・ティッシュ

・エッセンシャルウォーマー(電子レンジでも代用できます)

・計量スプーン

・はかり

・ガラス棒

MP石鹸素地は無添加のものを選びましょう。

ホホバオイルは、型に塗って石鹸を取り出しやすくするものです。

肌荒れ、吹き出物、アンチエイジング、アトピーによいとされており、直接肌にふれても大丈夫なものとして有名です。

ホホバオイルが手元にない方は、肌に触れても大丈夫なものを使いましょう。

【作り方】

1.石鹸を作る前にホホバオイルをティッシュに染み込ませ、型に薄く塗っておきます。

2.MP石鹸素地をカットし、エッセンシャルオイルウォーマーで温めて溶かします。

(耐熱容器に入れて、電子レンジで温めることもできます)

3.溶けたMP石鹸素地にハーブと精油を加え、ガラス棒で混ぜあわせます。

4.型に流し込み、1時間ほど放置します。

5.固まったら取り出して風通しのいいところで2~3日乾燥させます。

温めて溶かす作業に少し手間がかかりますが、そうすることできれいな石鹸ができ、使い心地も違ってきます。いいものができあがるのだと思って、楽しんで作っています。

【注意】

溶けた石鹸はとても熱く、粘性があります。肌にかかってしまうと、熱湯などと違って洗い流しづらく、ひどい火傷になることが多いです。取り扱いに充分注意して下さい。

★★★ 今回使ったハーブの紹介 ★★★

( 名前 )マリーゴールド

( 香り )摘みたての野草の花のような香り

( 効能 )生活習慣の改善

血行を促進させ、体内の毒素を排出する効果があると言われています。リラックスするお風呂と相性がいいです。

( 名前 )サンダルウッド

( 香り )甘さのある落ち着いた香り

( 効能 )炎症を抑え、やわらかく潤いのある肌にする

古くからインドでは、寺院での瞑想などの時に使われてきました。アーユルヴェーダ医学では万能薬として取り上げられています。日本では「白檀」という名前で親しまれています。

主成分のα-サンタロール、β-サンタロールには心臓を強くする作用があり、血のめぐりをよくします。加えて、皮脂の分泌を調整する作用があるので、乾燥肌にも脂性肌にも効果を発揮すると言われています。

( 名前 )ゼラニウム

( 香り )バラのような甘さを含んだミントのような清涼感のある香り

( 効能 )肌のアンチエイジング

ハンドトリートメントによく使われるハーブです。肌を柔らかくし、皮脂分泌を整える効果があるので、乾燥肌にも脂性肌にもよいとされています。また、しみやしわを予防し、血色をよくする働きがあるといわれています。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る