記事の詳細

湿気のある日に玄関にいくと漂ってくるあの靴の臭い。

嗅いだだけで1日を損した気分になります。

そんな気になる靴の臭いを消してくれるシューズキーパーの作り方を紹介します。

【用意するもの】

材料

・オリスルート ・・・5g

・ドライハーブ

―セージ ・・・・・10g

―ターム ・・・・・10g

―ラベンダー ・・・5g

・好みの精油 ・・・・10滴

道具

・ガラスボウル

・スプーン

・ラップ

・布

・リボン

・はかり

オリスルートとは、ニオイアヤメの根を乾燥させたもので、香りを長持ちさせてくれる保留剤として使われています。20g300円くらいで手に入れることができます。

ドライハーブは、消臭効果の高いセージ、ターム、ラベンダーを選びました。

精油はお好みですが、臭いが気になる場合はゼラニウムやペパーミントがお勧めです。

【作り方】

1.ガラスボウルにオリスルートを入れ、精油を染み込ませます。

2.よく馴染んだら、ドライハーブを加え、よく混ぜます。

3.ラップをして1週間ほど放置して、香りを馴染ませます。

4.半分ずつ布に入れて、リボンで口を絞って完成です。

殺菌効果もあり、清涼感のあるハーブを浸かっているので、玄関に清潔感が出ます。

使用期間は4週間くらいです。湿気の多い月は早めに替えるといいと思います。

毎月違った香りを楽しめる玄関、素敵だと思いませんか。

ぜひ一度お試し下さい。

【ワンポイント】

布の代わりに子ども用の靴下を使うのもかわいいです。

ストッキングや大人用の靴下でもいけますが、サイズが大きいので詰めるハーブの量を考えると子ども用が適していると思います。

★★★ 今回使ったハーブの紹介 ★★★

( 名前 )セージ

( 香り )よもぎに似たシャープで苦みを含んだ香り

( 効能 )臭い消し、殺菌作用、消毒作用

セージは肉の臭い消しとして使われています。古くから万能薬として使われており、ヨーロッパでは「長生きしたいものは5月にセージを食べよ」ということわざがあるほどです。

刺激は強く、その分殺菌・消毒作用があります。使う時は濃くならないように気をつけましょう。

女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をする成分が含まれているので、女性特有のトラブルにも有効とされています。

( 名前 )タイム

( 香り )清涼感のある甘みと苦みを含んだ香り

( 効能 )精神の疲労を回復させる。

強壮作用と脳を活性化させる作用があると言われています。強い抗菌作用もあり、古代エジプトではミイラの防腐剤として使われてきました。風邪の予防にもいいとされていいます。

呼吸器系のトラブルにも効果があり、痛みや炎症を和らげるのにも有効とされています。

( 名前 )ラベンダー

( 香り )クリアで軽さのあるフローラルな香り

( 効能 )不安やストレスを抱えた心を癒やして、深くリラックスさえる。

ラベンダーにも殺菌・消毒効果がありますが、それ以上に香りづけと帰ってきた時のあんしん感のために使います。タイムとは相性はそれほどよくありませんが、使っているのはそのためです。

( 名前 )ゼラニウム

( 香り )バラのような甘さを含み、ミントのような清涼感のある香り

( 効能 )自律神経のバランスを調整する

ラベンダーとの相性がよく、ミントのような爽快感があります。

ラベンダーとタイムとのつなぎ役として一役買ってもらいます。

( 名前 )ペパーミント

( 香り )さわやかな清涼感

( 効能 )頭の中のもやもや感を改善する。

清涼感のある香りが靴の臭いを消してくれます。また、虫よけにも使われているため、靴を虫から守ります。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る