記事の詳細

お風呂で疲れをしっかり取りたい。

そんな時に使っているのが、ハーブを使ったバスソルトです。

市販されているものもありますが、手作りをすると、自分の好きな香りを楽しめ、お風呂場に置いた時の見た目も違ってきます。

今回は、疲れをしっかり取る手作りバスソルト(入浴剤)を紹介します。

【用意するもの】

材料

・天然塩 200g

・精油 10~15滴

-ローズマリー・シネオール

-ラベンサラ

・色付け材(いずれか1つ)

-レッドクレイ ・・ 小さじ1/10

-抹茶 ・・・・・・ 小さじ1/2

-マロウブルー ・・ 大さじ1~2

道具

・ガラスボウル

・はかり

・スプーン

・保存容器(フタのできる透明なもの)

※塩を選ぶ時は製造方法が「イオン交換膜法」となっているものは避けて下さい。お風呂の効果を高める「ミネラル」がほとんど取り除かれてしまっています。

精油は、疲れを取るものとして、ローズマリー・シネオールとラベンサラを紹介します。

いずれも清涼感のある香りで、心身のケアによいとされています。

今回は、お風呂場に置いても見た目から楽しめるように色付けをします。

天然塩+ドライハーブはカラフルさがあまりありません。そこにピンクや緑が加わると、お風呂場のインテイリアとして使えます。

色合いが分かるように保存容器は、フタができる透明なものをお勧めします。

【作り方】

1.ガラスボウルに天然塩を入れて、精油を垂らし混ぜあわせます

2.精油が天然塩全体になじんだら、色付け材(レッドクレイなど)を混ぜます。

3.保存容器に移し替え、軽く振って完成です。

色付け材のレッドクレイは肌によいとされています。クレイは粘土のことで、毛穴や皮膚の汚れを取り除いてくれます。

抹茶は飲み物と使われることが多いですが、その香りは私たちをほっとさせてくれます。

マロウブルーは色が変わるハーブとして有名です。はじめは紫、続いて青色と変わります。さらにクエン酸などの柑橘系を入れると鮮やかなピンクに変わります。色変わりを楽しみたい場合は、マロウブルーの量は少し多めにするのがいいと思います。

1日の中で一番ほっとするお風呂の時間。香りも見た目もインテイリアもバスソルトでお楽しみ下さい。

★★★ 今回使ったハーブの紹介 ★★★

( 名前 )ローズマリー・シネオール

( 香り )フレッシュで酸味のある清涼感の香り

( 効能 )疲労回復、フケや枝毛の予防

1.8-シネオールという成分を多く含み、血行を促進させます。

気持ちをリフレッシュさせてくれる香りもあり、筋肉疲労や神経痛の症状を和らげるのに有効とされています。

また、脂質肌のケアに効果があります。髪の毛の成長を促進させるのに有効とされていて、フケや枝毛の予防になるとされています。抗菌作用もあり、ニキビの予防にもよいとされています。

( 名前 )ラベンサラ

( 香り )甘さを含むややスパイシーな香り

( 効能 )免疫を高める、皮膚トラブルのケア

サビネン、リモネンなどの成分を含んでおり、抗菌作用が強いとされています。細菌やウイルスの繁殖を防ぎ、傷口にも有効で、肌のケアによく使われます。

また、筋肉をゆるめて、疲労を回復させる効果があるといわれており、関節痛、首や肩のこりを緩和することができます。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る