記事の詳細

4月は緊張の連続。

異動で新しい業務を覚える。

新入社員がやってきて人間関係を築く。

子供の入園、入学、進級。

新しいことは楽しい半面、どこか無理がかかるのか、眠りが浅くなることも・・・

今回は「眠り」をテーマにお届けします。

【用意するもの】

・空のスプレー

・精製水 45ml

・精油(ラベンダー、レモングラス)

・無水エタノール 5ml

用意するものを見れば「アロマスプレー!」と分かる人もいると思います。

今回は、ぜひ無水エタノールをご用意し、お楽しみ下さい。

無水エタノールは薬局でも販売されており、100mlで800円や500mlで2000円など様々なものがあります。少し高いと思う人もいると思いますが、無水エタノールを使うことには2つのメリットがあります。

1.精油が溶けやすくなる

精油は名前に「油」とつくように水には溶けにくい性質を持っています。

そこで無水エタノールを使うことで、水に溶けやすくなり、均一なアロマスプレーを楽しい無ことができます。

2.香りがよくなる

揮発性といって、無水エタノールは蒸発しやすい性質を持っています。

スプレーをシュッとした時に、精油が一緒に蒸発し、香りが広がりやすくなります。

ラベンダーはよく名前の聞く精油だと思います。

リラックス効果があり、眠りによいとされています。

そこに今回は相性のいいレモングラスを混ぜます。

なぜレモングラスを?と思う人もあるかもしれません。

実はラベンダーが香るのは少し時間がかかります。そして残念なことに香りも長続きしづらいのです。専門的にはミドルノートといいます。

レモングラスは同じくリラックス効果がある精油で、香り立ちがよく、長続きするのが特徴です。

眠る準備にはよいけど長続きしないラベンダー。そのサポーター役として活躍してもらうのです。

【作り方】

1.空のスプレーに無水エタノールと精油を入れてよく混ぜます。

2.精製水を入れてよく振って完成です。

できたアロマスプレーを試しに部屋にシュッとして、香りを確かめましょう。

お好みに合わせて、ラベンダーとレモングラスの割合を調整し、リラックスできる香りを探します。

部屋に香りを広げて楽しむのも1つですが、少し薄めのものをまくらにひとふりするのもお勧めです。

眠る30分前くらいから始めると、心も身体も眠る準備に入るんだと気がついてくれます。

何かと緊張の続くこの時期です。気持よく眠っていい毎日を送りましょう。

【アドバイス】

そんなに時間をかけられない人は、コップにお湯を入れて、その上に精油を垂らしましょう。

湯気とともにラベンダーの香りがひろがります。

★★★ 今回使ったハーブの紹介 ★★★

( 名前 )ラベンダー

( 香り )甘いフローラルな香り

( 効能 )ストレスに関わるトラブル全般によく、痛みを和らげる

アロマの代表ともいえるラベンダー。語源はラテン語の「洗う」という意味のlova や lavare と言われています。疲労を和らげるためによく利用されていたそうです。

( 名前 )レモングラス

( 香り )レモンに似たフレッシュな香り

( 効能 )トラウマなどの苦痛から開放する

レモンの草と書いてレモングラス。レモンの木にできる訳ではありません。

レモンの香り成分であるシトラールを含んでいるので、レモンのような風味があります。

インドでは数千年前から親しまれてきた植物で、熱を下げ、病気を治すと信じられてきました。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る