記事の詳細

薔薇ならではの深くて甘い優雅な香りが、やさしく肌を包み込み、女性らしいこころと豊かな精神へと導きます。

体内にたまった毒素を排出するチカラがあるので、すっきりとした美肌を生みます。

肌質や年齢を問わず使えるのも魅力♪

ローズの精油は世界最高級の薔薇から生まれる、気品あふれる香り。まさにアロマの女王とも言えます。

ローズの効果

心への働き

ネガティブな感情をほぐし、うつを和らげます。緊張やストレスを解消し、眠りを促します。

身体への働き

月経周期を正常化させます。消化器系を活発にし、食欲を増進させます。

肌への働き

皮膚炎や湿疹の治りを促します。

薔薇のパックの作り方

【材料・約1回分】

ローズパウダー 小さじ1/2
クレイ(カオリン) 小さじ1/2
精製水 小さじ1
マカダミアナッツオイル 少量
精油 薔薇(ローズオットー) 1滴

【作り方】

ローズパウダーとクレイ(カオリン)、精製水を器に入れ混ぜ合わせる。

ペースト状になったらマカダミアナッツオイルと精油を加え、さらに混ぜる。

器にラップもしくは蓋をして、冷蔵庫で保管する。

【保存期間】

1日

【使用方法】

洗顔後、目のまわりを避けて顔につけて5分後に洗い流す。

薔薇のパックのアレンジ

乳香(フランキンセンス)の精油なら、疲れた肌にハリを与えて、優れた保湿効果で肌を保護します。

かみつれ(ローマンカモミール)の精油なら、アレルギー症状を緩和してくれます。

乳香(フランキンセンス)精油の効果

Mental(心)

・イライラ ・うつ状態 ・心の傷 ・過度の緊張 ・ショック ・不安 ・パニック ・強迫観念 ・固執

Health(体)

・免疫力低下 ・喘息の発作 ・カタル症状 ・気管支炎 ・風邪

Beauty(美)

・傷 ・手荒れ ・老化肌 ・皮膚真菌症 ・乾燥肌 ・シワ ・たるみ

ネロリやローマン・カモミールとのブレンドは、不安やストレスをやわらげる効果があります。

ミルラやサンダルウッドと合わせると、呼吸をゆったりと落ち着かせるのに相乗効果を発揮します。

また、抽出物は粘度が高いため、香りの保留剤としても役立ちます。

※妊娠中や授乳中には芳香浴以外の使用は避けること。

かみつれ(ローマンカモミール)精油の効果

Mental(心)

・不眠 ・不安 ・緊張 ・ショック ・恐怖 ・心配 ・かんしゃく ・興奮 ・躁状態 ・パニック

・自律神経のアンバランス ・動悸 ・高血圧 ・PMS ・更年期

Health(体)

・アレルギー性鼻炎 ・花粉症 ・肩こり ・筋肉痛 ・神経痛 ・頭痛 ・リウマチ

・月経痛 ・嘔吐 ・胸焼け ・腸内ガス ・消化不良 ・歯肉炎

Beauty(美)

・じんましん ・アトピー性皮膚炎 ・湿疹 ・赤ら顔 ・かゆみ ・シミ ・そばかす ・クマ ・にきび

ラベンダーとのブレンドはリラックス効果を高め、心地よい眠気を誘います。

婦人科系の悩みには、クラリセージやローズオットー、ジャスミンなどのブレンドが効果的です。

また、柑橘系やパルマローザ、シダーウッド、メリッサなどの香りともよく合います。

※妊娠中や授乳中は芳香浴以外の使用を控えること。向精神薬や、鎮静薬、睡眠薬との併用は避けたほうがよい。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る