記事の詳細

ハーブの資格を取得して、プチ副業を始めてみませんか。自宅でハーブを育ててオリジナルハーブティーを販売したり、ハーブを調合してアロマオイルを作ったりすることができます。

ハーブを育てることが好き、またはハーブを使ったお料理やお茶が好きになると、どんどんハーブについて知りたくなりますよね。

ハーブにはたくさんの種類があり、楽しみ方は無限です。より多くの知識を得るため、ハーブに関する資格を取得しようと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

ハーブに関する資格はたくさんあり、それぞれに特徴があります。ご自分や身近な方とより多くのハーブを楽しむため、多くの方にハーブの素晴らしさを知って頂くためなど、皆様の目的は様々だと思います。また趣味を深めるためなのか、仕事に活かすためなのかによっても選ぶ資格は変わりますよね。

ハーブが好きだからこそ取っておきたい資格をご紹介いたします。

目次

ハーブに関する職業に向いている人とは

ハーブティーが好き、またはハーブを育てることが好きで、ハーブの素晴らしさを多くの人に伝えたいと思っている人は、ハーブに関する職業に向いているでしょう。

また、自然の力で心や身体を健康にしたいと考えている人も向いています。

  • ハーブを食べることやハーブティーを飲むのが好きな人
  • ハーブを育て、そのハーブを生活の中で活用している人
  • ハーブの素晴らしさを多くの人に伝えたい人
  • 自然療法に興味のある人

ハーブに関する仕事に就くには

ハーブに関する仕事はたくさんあります。どのような形でハーブを扱いたいかを決めてから、仕事を選ぶと良いでしょう。

ハーブを扱うお店などで働くだけでなく、今している仕事にハーブを取り入れる方法もあります。ハーブに関する資格を認定している協会に所属する事で、講師や開業のサポートをしてくれる場合もあります。

  • ハーブを扱っているお店や会社の求人募集に応募する
  • 現在している仕事にハーブを取り入れる
  • ハーブの資格を認定している協会のサポートを受け個人サロンをオープンする
  • ハーブの資格を認定している協会の認定校で講師をする

ハーバリストとして開業までの流れ

日本ではハーバリストという国家資格はないので誰でもハーバリストになり、開業する事が出来ます。しかし、スムーズに開業、運営をしていくためには、ハーブに関する資格を認定している協会に所属し、開業サポートを受けると良いでしょう。

ハーブに関する資格を取得する

資格を認定している協会に所属する

協会のサポートを受け、開業する

メディカルハーブカウンセラー

メディカルハーブカウンセラーは、メディカルハーブの持つリラックス効果やデトックス効果、そして心身のバランスを取る、といったハーブ特有の効能を理解します。そしてその知識を用いて人々の心の悩みに合ったハーブを提案しつつ、カウンセリングを行う技術を習得した人に与えられる資格です。

メディカルハーブカウンセラー

  • 資格管理団体:日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:在宅受験
  • 受験料・更新料等:10,000円
  • 難易度:初級レベル

メディカルハーブカウンセラーの取得方法

協会認定校の資格取得の為のカリキュラムを受講します。講座は学校に通うのではなく、通信講座のみです。あるいは独学でハーブについて勉強し試験を受けます。

認定講座には特別なカリキュラムを受講し課題を提出すれば、試験免除で資格が取得出来るコースもあります。

メディカルハーブカウンセラーの試験方式

日本メディカル心理セラピー協会のHPにある受験申し込みのページより、WEBで申し込みが出来ます。

申し込みをしたら受験票・試験問題・解答用紙が送付されますので、協会が設定した試験期間内に回答を送り返します。

メディカルハーブカウンセラーの試験内容

  • ハーブの基礎知識について(ハーブの歴史、ハーブの有効成分、ハーブの選び方、ハーブの保存方法など)
  • ハーブティーについて(ハーブティーの楽しみ方、症状別レシピなど)
  • ハーブを美味しく食べる方法について(ハーブの料理、ハーブスイーツ、ドリンクアレンジなど)
  • ハーブでホームケアについて(手作りハーバルアイテム、ハーブコスメ、湿布など)
  • ハーブクラフトについて
  • ハーブの作用について

メディカルハーブカウンセラーの取得までの流れ

協会の認定校の講座を受講するか、独学でハーブについて学ぶ。

協会HPよりWEBで受験申し込みをする。

協会が設定する試験期間内に回答用紙を協会に返送する。

協会の設定する合否通知発送日に合否が通知され、合格ならば資格を取得。

協会HPにて合格認定証と認定カードを申し込む。

メディカルハーブカウンセラーの問い合わせ先

〒130-0013
住所:東京都墨田区錦糸1-2-1アルカセントラル14階
協会名:日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)
E-メール : info@domap.net

ハーブセラピスト

ハーブセラピストはハーブを本格的に学び、ハーブを飲み物としてだけではなく「癒し」や「自然療法」のアイテムとして活かしながら、ハーブの素晴らしさを世の中に広めることの出来る資格です。協会に会員登録する事で、ハーブ検定に関する講座を開講することが出来ます。

ハーブセラピスト

  • 資格管理団体:日本ハーブセラピスト協会(JHTA)
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:講座受講・協会への入会が必要
  • 受験料・更新料等:養成講座・認定校による
  • 難易度:上級レベル

ハーブセラピストの取得方法

協会が行っているハーブ検定の1級と2級の両方に合格した後に上級講座を受講するか、ハーブ検定を受けずにハーブセラピスト養成本講座を受講し、ハーブセラピスト認定試験を受験します。また、ハーブセラピストになるためには講座受講後、日本ハーブセラピスト協会に入会しなければなりません。

ハーブセラピストの試験方式

ハーブ検定に合格した後に受講する上級講座か、ハーブセラピスト養成本講座のカリキュラムの中にハーブセラピスト認定試験が組み込まれています。どちらかを必ず受講せねばならず、試験のみを受験する事は出来ません。どちらも協会本部で開講しています。

ハーブセラピストの試験内容

  • ハーブの基礎知識について(ハーブの定義、ハーブの歴史、ハーブの有効性など)
  • ハーブの栽培や収穫方法、ハーブの保存方法について
  • ハーブティーについて(それぞれのハーブを応用する方法など)
  • ハーブティーの美味しい淹れ方について(器の選び方、レモンやミルクの有効な使い方、美味しいハーブティーのポイントなど)
  • ハーブのブレンド方法について
  • ハーブの効能について
  • パーティードリンクとしてのハーブティーについて

ハーブセラピストの取得までの流れ

ハーブ検定の1級と2級に合格した後、上級講座を受講するか、ハーブセラピスト養成本講座を受講する。

講座のカリキュラムに含まれるハーブセラピスト認定試験を受験する。

講座修了後、日本ハーブセラピスト協会に入会する。

ハーブセラピストの問い合わせ先

〒163-1402
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー2階
協会名:日本ハーブセラピスト協会(JHTA)
電話番号:03-3373-2378

メディカルハーブコーディネーター

生活をする中で手に入りやすいメディカルハーブ15種類の安全性や有用性を正しく理解し、ハーブに対する基礎知識を身に付けた人に与えられる資格です。自分や家族だけでなく、アロマショップや介護施設などで多くの人に対しハーブを活用する場合に、知っておきたい知識が身につきます。

メディカルハーブコーディネーター

  • 資格管理団体:日本メディカルハーブ協会(JAMHA)
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:検定試験合格後、協会への入会が必要
  • 受験料・更新料等:6,480円
  • 難易度:上級レベル

メディカルハーブコーディネーターの取得方法

日本メディカルハーブ協会の認定校に通ったり、通信講座を受講したり、公式のテキストで独自に学習をして「メディカルハーブ検定」を受験します。
検定に合格した後、協会に入会する事でメディカルハーブコーディネーターの資格が得られます。

メディカルハーブコーディネーターの試験方式

各地で年に2回開催される「メディカルハーブ検定」を試験会場にて受検します。
試験はマークシート方式です。
受験する際は協会HPから申し込みが出来ます。

メディカルハーブコーディネーターの試験内容

  • メディカルハーブについて(メディカルハーブとは?ハーブの歴史など)
  • それぞれのハーブについて(15種類のハーブのプロフィール)
  • メディカルハーブの効能ついて(メディカルハーブの成分など)
  • メディカルハーブの利用法(基材について、安全に使用するための注意など)
  • メディカルハーブでのホームケアについて
  • ハーブのブレンドレシピについて

メディカルハーブコーディネーターの取得までの流れ

協会公式のテキストに沿って独自にメディカルハーブについて学習するか、通信講座を受講、あるいは認定校に通う。

協会HPよりWEBでメディカルハーブ検定の受験申し込みをする。

試験日に希望した試験会場にて受験する。

メディカルハーブ検定に合格。

日本メディカルハーブ協会に入会する。

メディカルハーブコーディネーター取得。

メディカルハーブコーディネーターの問い合わせ先

〒102-0073
住所:東京都千代田区九段北1-10-1 九段勧業ビル2階
協会名:日本メディカルハーブ協会(JAMHA事務局)
TEL:03-3230-4182

ハーブ&ライフコーディネーター

ハーブを楽しみ、生活に活かすための知識を学び、ハーブを広める事が出来る資格です。
幅広く56種類のハーブやスパイスを学ぶ事で、料理やライフスタイルにハーブを取り入れながらハーブの楽しみ方を色々な方に伝え、ショップやサロンでも役立てる事が出来ます。

ハーブ&ライフコーディネーター

  • 資格管理団体:日本メディカルハーブ協会(JAMHA)
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:検定試験合格後、協会への入会が必要
  • 受験料・更新料等:6,480円
  • 難易度:上級レベル

ハーブ&ライフコーディネーターの取得方法

日本メディカルハーブ協会の認定校に通うか、通信講座を受講して「ハーブ&ライフ検定を受けます。また、講座を受講しなくても協会が指定するテキストに沿って独学で学習し、検定試験を受検する事も出来ます。検定に合格した後、協会に入会する事でハーブ&ライフコーディネーターの資格が取得できます。

ハーブ&ライフコーディネーターの試験方式

各地で年に2回開催される「ハーブ&ライフ検定」を試験会場にて受検します。
試験はマークシート方式です。
受験する際は協会HPから申し込みが出来ます。

ハーブ&ライフコーディネーターの試験内容

  • ハーブ・スパイスについて(ハーブやスパイスの歴史など)
  • ハーブ・スパイスの料理について(ハーブやスパイスを使った料理の紹介・使い方など)
  • ハーブティー・スパイスティーについて(ブレンドの仕方・コーディアルなどのドリンクの紹介など)
  • ハーブ・スパイスを使ったホームケアについて(ハーブやスパイスを使った美容法・生活への役立て方など)
  • ハーブ・スパイスの育て方について
  • 指定された56種類のハーブ・スパイスについて

ハーブ&ライフコーディネーターの取得までの流れ

協会公式のテキストに沿って独自にメディカルハーブについて学習するか、認定校に通うか通信講座を受講する。

協会HPよりWEBでハーブ&ライフ検定の受験申し込みをする。

試験日に試験会場にて受験する。

ハーブ&ライフ検定に合格する。

日本メディカルハーブ協会に入会する。

ハーブ&ライフコーディネーター取得する。

ハーブ&ライフコーディネーターの問い合わせ先

メディカルハーブコーディネーターと同じ連絡先になります。

ハーバルセラピスト

ハーバルセラピストは、メディカルハーブと精油を化学的、体系的に理解し、ホリスティックなハーバルライフを提案する専門家です。ハーブショップやドラッグストア、アロマセラピーサロンでメディカルハーブを楽しみながら、生活に取り入れるアドバイスが出来る資格です。

ハーバルセラピスト

  • 資格管理団体:日本メディカルハーブ協会(JAMHA)
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:認定講座の修了後認定試験を受験・合格後協会に入会が必要
  • 受験料・更新料等:12,000円
  • 難易度:上級レベル

ハーバルセラピストの取得方法

日本メディカルハーブ協会の認定校に通いハーバルセラピスト認定講座を受講後、認定試験を受験します。独学で学習し試験を受けることは出来ませんので、必ず認定講座を受講しなければなりません。試験に合格すれば協会に入会し、ハーバルセラピストの資格が取得出来ます。

ハーバルセラピストの試験方式

協会認定の講座を修了した後、年に2回日本各地で開催されるハーバルセラピスト認定試験を、試験会場にて受験します。試験願書は期間内に協会事務局に送付します。試験時間は120分で、マークシート方式です。

ハーバルセラピストの試験内容

  • 30種類のメディカルハーブの基礎知識・歴史・今後の展望について
  • アロマテラピーの基礎知識について(12種類の精油についてなど)
  • メディカルハーブと精油の安全性について(使用上の注意・禁忌など)
  • メディカルハーブ製剤(レメディ)について(製剤の種類や使用法など)
  • QOLの向上とメディカルハーブについて(生活習慣病・ストレス・精神的トラブル・女性のトラブルなど、現代の様々な問題に対応するメディカルハーブ、キッチンファーマシーとしてのメディカルハーブなど)
  • 自然治癒力を高めるハーバルライフについて(メディカルハーブをどのように生活に取り入れるか)

ハーバルセラピストの取得までの流れ

協会の認定校にてハーバルセラピスト認定講座を受講する。

講座修了後、希望する試験会場にて、ハーバルセラピストの認定試験を受験する。

試験に合格すれば協会に入会し、ハーバルセラピストに認定される。

ハーバルセラピストの問い合わせ先

メディカルハーブコーディネーターと同じ連絡先になります。

ハーブインストラクター

ハーブインストラクター初級はハーブに興味のある一般の方に、ハーブの知識や楽しみ方の指導が出来ます。中級、上級となると認定校でインストラクターが出来る資格です。
教育や福祉の現場など、広い社会で役に立つ知識を身に付ける事が出来ます。

ハーブインストラクター

  • 資格管理団体:ジャパンハーブソサエティー(JHS)
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:認定講座の終了・協会の入会後、認定試験
  • 受験料・更新料等:各級5000円
  • 難易度:上級レベル

ハーブインストラクターの取得方法

協会の認定校か通信講座にて試験範囲のカリキュラムを受講します。
その後協会に入会し、認定試験を受験します。合格すれば資格取得です。
初級のインストラクター資格がなければ中級を、中級の資格がなければ上級を受験する事が出来ません。

ハーブインストラクターの試験方式

認定校でカリキュラムを修了した後、一次試験を受けます。その一次試験に合格すれば二次試験となります。通信講座を受講している場合、修了試験に合格していれば、一時試験が免除となります。

ハーブインストラクターの試験内容

  • ハーブの歴史について(ハーブと人の関わり、歴史上でのハーブについて、など)
  • ハーブの植物学について(ハーブについての基礎知識など)
  • ハーブの種類について(有毒植物について、など)
  • ハーブの育て方について(有機栽培方法、殖やし方など)
  • 美容と健康とハーブについて(アロマセラピー・精油について、アロマクラフトについて、ハーブティーについて、など)
  • 食とハーブについて(ハーブを使った料理。クッキングハーブについて など)
  • ハーブクラフトについて(ハーブ染めなど)

ハーブインストラクターの取得までの流れ

初級ハーブインストラクター養成校か通信講座で受講する。

協会に入会する。

一次試験を養成校で受験する。(通信講座の場合修了試験を受ける)

一次試験(修了試験)合格後二次試験を受験する。

合格すれば初級インストラクターとなる。

初級と同じく、中級・上級も養成校に通い、認定試験を受ける。

ハーブインストラクターの問い合わせ先

〒102-0074
住所:東京都千代田区九段南3-3-13 横山ビル2階
協会名:ジャパンハーブソサエティー(JHS)
TEL:03-5212-4301

ハーブライフインストラクター

ハーブの扱い方や効能を理解し、ハーブを豊かな生活に取り入れるための知識、技術を持つ人に与えられる資格です。食品関係全般で需要のある資格です。また自宅サロンを開く、カルチャースクールでインストラクターをするなど、ハーブセラピストとして活躍する事も出来ます。

ハーブライフインストラクター

  • 資格管理団体:日本安全食料料理協会(JSFCA)
  • 種別:民間資格
  • 資格の取得方法:在宅受験
  • 受験料・更新料等:10,000円
  • 難易度:初級レベル

ハーブライフインストラクターの取得方法

協会の認定校で資格取得の為の講座を受講します。講座は通信講座のみなので、自宅学習になります。あるいはハーブについて独学で勉強し試験を受けます。
認定講座には試験免除になる特別なコースもあります。その講座を受講し課題を提出すれば試験を受験せずに資格が取得できます。

ハーブライフインストラクターの試験方式

日本安全食料料理協会のHPにある受験申し込みのページより、WEBで申し込みが出来ます。
申し込みをすると後日受験票・試験問題・解答用紙が送付されますので、自宅で試験を受け、協会が設定している試験期間内に解答を送り返します。

ハーブライフインストラクターの試験内容

  • ハーブの基礎知識について(ハーブの歴史、ハーブの有効成分、ハーブの扱い方、ハーブの保存方法、ハーブの選び方など)
  • ハーブティーについて(ハーブティーの淹れ方、ハーブティーの道具、ブレンド方法と効果など)
  • ハーブの料理やハーブを使ったドリンクについて
  • ハーブを使ったホームケアや美容に利用する方法について
  • ドライハーブとフレッシュハーブについて

ハーブライフインストラクターの取得までの流れ

独自でハーブについて勉強するか、認定校の通信講座を受講する。

協会HPよりWEBで受験の申し込みをする。

協会が設定をしている試験期間内に回答用紙を協会まで返送する。

協会が設定している合否通知の発送日に合否が通知され、合格ならば資格が取得出来る。

協会HPで合格認定証と認定カードの申し込みをする。

ハーブライフインストラクターの問い合わせ先

〒105-0022
住所:東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3階
協会名:日本安全食料料理協会(JSFCA)
E-メール : info@www.asc-jp.com

ハーブ  ハーブ

ページ上部へ戻る