記事の詳細

便秘になるとなんだかスッキリしない気分で、特に女性は肌荒れや吹き出物に悩まされることも多いですね。便秘でお腹に便がたまることによって、お腹が張って食欲がなくなることもあります。下剤を飲んで薬の力を借りて便を出す方法もありますが、いつも下剤を使っていると、だんだん身体が慣れてきて薬の量が増えてしまいます。下剤をなるべく使いたくない人や、減らしたい人は、ハーブを使って、便秘を解消してスッキリさせる方法、試してみませんか。

ダンディライオンの特徴

ダンディライオンはダンデライオン、ダンデリオンとも呼ばれ、学名「Taraxacum officinale」、和名はセイヨウタンポポです。見ているだけで元気が出そうな黄色い花のダンディライオンですが、ハーブティーに使うのは主に葉や根の部分です。ダンディライオンは、古くから世界中で薬草として使われてきたハーブです。日本でも生薬として昔から使われてきました。ダンディライオンには便秘に効果的な「緩下作用」があります。緩下作用とは、「便を緩くして排出させやすくする作用」のことで、便秘で悩んでいる人にピッタリのハーブです。他にも、肝臓を強くして解毒機能を高めたり、母乳を出やすくさせる催乳作用があるなど、「カラダの外に出す」という働きが強いハーブです。

ダンディライオンの根を軽く炒って濃いめにいれた「タンポポコーヒー」は、コーヒーに似た味でカフェインが含まれていないため妊娠中のプレママや、コーヒーの量を控えたい人にとても人気があります。ただし、ダンディライオンはキク科の植物です。キク科アレルギーの人は、アレルギー症状が出る場合がありますので気を付けてください。

ダンディライオンとブレンドすると良いハーブ

・ネトル

ネトルはヨーロッパでは体質改善によく使われる、ダンディライオンと同じくデトックス効果の高いハーブです。ビタミンCや葉酸、カルシウム、鉄などを豊富に含むため、食事が原因の便秘の解消に役立ちます。

・ローズヒップ

ローズヒップはラグビーボールのような形と、ビタミンを豊富に含むことから「ビタミンCの爆弾」といわれています。ビタミンCを補給してお肌の状態を改善するとともに、ダンディライオンと同じ緩下作用で便をやわらかくして排出させてくれます。

ダンディライオンハーブティーの簡単レシピ

<1杯分>
ダンディライオン 1g
ネトル 1g
ローズヒップ 1g
熱湯 200ml

<作りかた>
1.ダンディライオンとローズヒップを、細かく砕きます。
2.ティーポットに全てのハーブを入れて、熱湯を注ぎます。
3.ティーポットのふたを閉めて、5分ほど待ちます。
4.ティーカップに注ぎます。

<飲みかた>
便秘が気になるときに、一日4~5回、1杯ずつ飲みます。便秘になる人は、水分の摂取量が少ない傾向があるため、なるべく多めに飲むようにこころがけましょう。飲んだ後にお腹を「の」の字にマッサージするのも効果的です。

ハーブの力はおだやかなので、そのうち効かなくなるということはなく、また副作用もありません。下剤はいざというときのためにとっておいて、普段はハーブで便秘を解消しましょう。便秘を解消すると、肌もキレイになり、代謝もアップします。ハーブの力で、美肌とスリムボディを手に入れましょう!

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る