記事の詳細

ハーブティーはサプリメントにも負けない美容ドリンク

ハーブティーの効能は飲んですぐ効くサプリメントとは違います。

しかし一杯のハーブティーには、薬効成分として精油やタンニン・サポニン・アルカロイド・フラボノイドなどたくさんの成分を含み、またビタミンやミネラルも豊富です。その時の体に必要なものを取り入れて、元々持っている自然治癒力を引き出し、健やかな状態に導いて心身ともにゆっくり働きかけるのがハーブティーです。

ハリ潤いがよみがえる美肌ハーブティー

<材料・3杯分>

  • ルイボスティー…2g
  • マテ…2g
  • ローズヒップ…2g
  • ハイビスカス…2g
  • ステビア…1g
  • 熱湯…600cc
  • コラーゲン粉末…21g

※1杯分(200cc)を作りたいときは、全てのハーブを細かくし3gだけ使い、コラーゲン粉末は7gです。残ったハーブは蓋付瓶などに入れて保管し、2・3日以内に使い切って下さい。

<作り方>

  1. ポットに細かくした全てのハーブ(1杯分・3g)を入れて熱湯(200cc)を注ぎます。
  2. 蓋をして5分間蒸らします。
  3. ティーポットを軽く揺らし、お茶の濃度を均一にしてから茶こしを使ってカップに注ぎ、コラーゲン粉末(7g)を入れて香りを吸い込みながらゆっくり飲んで下さい。

ルイボスティー

SOD酵素と呼ばれる酵素が含まれており、この酵素が体に溜まっている疲労物質や老廃物・毒素を排出するデトックス作用があります。それにより体をサビさせてしまう活性酸素も除去して酸化を防ぎ、代謝を上げ脂肪を燃焼しやすい状態に近づけてくれます。またポリフェノールやミネラルが豊富で、肌のハリとみずみずしさを維持し、むくみも解消してくれます。

マテ

カルシウム、マグネシウム、鉄、ミネラルなどを一気に摂取でき、食物繊維はレタスの約25倍も含むとも言われています。マテ茶に含まれているゲニポシド酸がコレステロールと脂肪吸収を抑え、蓄積しにくくしてくれます。

ローズヒップ

天然のビタミンCをレモンの20〜40倍も含んでいます。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑えてシミを予防し、コラーゲンの生成を助けて美肌やアンチエイジングに効果を発揮するといわれています。また便通を改善し、美容に役立ちます。

ハイビスカス

ハイビスカスに含まれるクエン酸が、ローズヒップに含まれるビタミンCの吸収を促進し疲労回復作用があります。

ステビア

0カロリーの天然甘味料。ショ糖の100倍以上の強い甘さを持つステビアは、砂糖などの甘さの代わりに使われます。

コラーゲン粉末

ドラックストアやネットで簡単に購入できるコラーゲン粉末。そのまま飲んでも良いのですが、吸収率を上げるためにローズヒップやハイビスカスのビタミンCと一緒に摂取するのがおすすめです。

ハーブティーで美肌3ヶ月プログラム

ハーブティーに含まれる成分は体内に吸収された後、約6時間後に排出されます。なので、体の中に維持させるには朝・昼・版と一日に3回飲むのがおすすめです。

飲み始め1ヶ月は浄化

まずは体の浄化から始まります。溜め込んだ不要なものを流し出して、体のバランスを整えてくれます。

2ヶ月目は吸収

ハーブティーを飲むリズムも整い始め、体が浄化されたら2ヶ月目は成分の吸収が始まります。

3ヶ月目は実感

ハーブティーの成分が体に馴染み、少しずつ実感に変わってきます。

ハーブの成分はすぐに効果が現れるものではありませんが、飲み続ける事で多様な成分が体に持続されバランスを整えてくれます。それが土台になり、コンディションが崩れにくい美容効果をもたらしてくれます。健康や美容はゆっくりと時間をかけて育まれます。まずは1日3回、もしくは日常の水分の代わりとして飲んでもいいです。まずは3ヶ月間、体のメンテナンスを始めてみましょう。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る