記事の詳細

お酒をみんなでワイワイと飲んでいるときは楽しいけど、翌日は頭がズキズキしたり、むくみがとれないなど、二日酔いの症状は仕事や勉強に影響をおよぼして効率が悪い上にカラダ的にもツライものです。そんな二日酔いの時に役立つハーブティーをランキングでご紹介したいと思います。すこしでも二日酔いの症状を緩和したいという方は、ぜひ一度試してみて下さい。

二日酔いの症状を緩和してくれるハーブティーベスト5

1.ハイビスカス

2.ミルクシスル

3.ワイルドストロベリー

4.スウィートクローバー

5.ローズヒップ

体内にたまったアルコール成分を排出してくれるハイビスカス

ハイビスカスは、アオイ科フヨウ属のハーブで別名ローゼルとも呼ばれています。鮮やかなルビー色が特徴で、ほのかな酸味を持っています。酸味のもととなっているクエン酸は、新陳代謝をアップさせ、体内にたまったアルコール成分を排出するのを助けてくれます。また、利尿作用があるので、むくみの改善にも役立ちます。酸味が苦手な方は、人口の甘味料であるステビアを少量入れることで酸味がおさえられ飲みやすくなる上に、低カロリーなのでダイエット中の方でも安心して飲めます。

肝臓の機能をアップしてくれるミルクシスル

ミルクシスルは、キク科オオアザミ属のハーブで、古代ギリシャでは肝臓の薬として使用されていました。ほのかな甘味が特徴です。ミルクシスルの種子に含まれるシリマリンと呼ばれる成分によって、肝臓の細胞を守ったり肝機能を高めるはたらきをします。アルコールで酷使された肝臓を保護して修復するのにピッタリのハーブティーなのです。

アルコールをデトックスしてくれるワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーは、バラ科オランダイチゴ属のハーブで別名エゾヘビイチゴとも呼ばれています。腎臓のはたらきをアップしてくれる効果があり、アルコールをデトックスするのに役立ってくれます。また、カラダにたまった不要な水分も排出してくれるので、むくみの症状改善にも効果的です。

二日酔いで起こるむくみ解消に役立つスウィートクローバー

スウィートクローバーは、マメ科のハーブで別名メリロート、シナガワハギとも呼ばれております。独特な甘い香りが特徴で、桜餅の香り付けとしても使用されています。体内にたまった不要な老廃物を排出してくれるはたらきがあるので、二日酔いによるむくみを改善するのに役立ちます。

飲み過ぎで疲れたカラダを元気にしてくれるローズヒップ

ローズヒップは、バラ科バラ属のハーブで、レモンの20〜40倍ものビタミンCを持つだけでなく、その他にもリコピンやベータカロチン、ビタミンEやフラボノイドなどの含んでいます。高い栄養価を持っていることによって、二日酔いで残った疲れを癒やして、カラダの中から元気にしてくれるのに役立ちます。また、ビタミンCのを豊富に含むのでお酒の飲み過ぎによる肌荒れ対策としても有効です。

ハーブティーをブレンドして相乗効果を得よう

ハーブティーはそれぞれの種類を単独で飲むことでも症状緩和に役立てられますが、色々ブレンドして飲むことで相乗効果を生むことができます。今回ご紹介したハーブティーを使ったおすすめのブレンドをご紹介しますので、是非こちらも試してみてください。

※下記のレシピは全て約300ml分、ティーポットに一杯の分量となります

【二日酔いに効果的なハーブティーのブレンド1】

ハイビスカス 小さじ½

ミルクシスル 小さじ½

ワイルドストロベリー 小さじ1

【二日酔いに効果的なハーブティーのブレンド2】

ハイビスカス 小さじ1

スウィートクローバー 小さじ½

ローズヒップ 小さじ1

ハーブティーの効果でツライ二日酔いの症状を乗り切ろう

いかがでしたか?ハーブにはそれぞれの種類によってさまざまな効果を持っており、症状に合わせて使い分けることができます。お気に入りのタンブラーに入れて持ち運ぶことによって、いつでもどこでも好きな時にハーブティーでリフレッシュすることができておすすめです。これを機にあなたもハーブティーの持つ効果を体験されてみてはいかがでしょうか。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る