記事の詳細

妊婦さんになると大変なのが、色々な食事制限が出てくるということ。おなかの中の赤ちゃんのことを考えたら我慢できなくはないですが、特に毎日飲んでいたコーヒーが好きなように飲めなくなるのはツライものですよね。こちらでは、そんな妊婦さんでも飲めて、妊婦さんにとってうれしい効果までいただけちゃうハーブティーをご紹介します。食べるものや飲むものに制限が出たとしても、新しいものを取り入れることで世界は広がるし楽しみも増えます。是非こちらのハーブティーを参考にしていただき、気になるものから試してみてくださいね。ではまず7選のご紹介をしますね。

1.ルイボスティー

2.ジンジャー

3.ダンディライオン

3.ハイビスカス

4.ローズヒップ

5.ラズベリーリーフ

6.ペパーミント

7.ネトル

妊娠中のドリンクとして人気のルイボスティー

ルイボスティーは、フラボノイドと呼ばれる成分が豊富に含まれており、老化の原因となる活性酸素を取り除いて若々しさを保ってくれるハーブティーとして、妊婦さんの間で人気を集めています。アフリカでは、不老長寿のお茶として愛用されているんですよ。また、代謝をアップさせてくれる効果もあるので、妊娠中のカラダの冷えが気になる方にもおすすめです。メープルシロップを少し入れることでコクのある風味になり、また違った味を楽しむこともできます。

つわりの症状を改善してくれるジンジャーのハーブティー

ジンジャーは、カラダの芯からポカポカと温めてくれる、冷え対策にピッタリのハーブティー。また、血行が促進されることで消化力や排便力がアップするので、便秘がちな方にもおすすめです。その他にも、吐き気を和らげる作用があるのでつわりの症状がツライときにも役立ちます。

母乳の分泌をよくしてくれる産後まで飲めるダンディライオン

ダンディライオンは、ローストするとノンカフェインのたんぽぽコーヒーとしても知られているハーブ。体内にたまった老廃物を排出するはたらきをもっているので、便秘で困っている妊婦さんにおすすめです。また、母乳の分泌を促進する成分も含まれているので、妊娠中だえけでなく、産後の期間まで長く飲み続けることができます。甘い香りが好みの方は、少しシナモンを入れるとフレイバーが変わってまた違った味を楽しむことができます。

妊娠中の食欲不振を改善してくれるハイビスカス

家事や育児までこなさしているお疲れ気味の妊婦さんにおすすめなのが、ハイビスカスです。酸味のもととなるクエン酸は、疲労を回復してくれ、全身の新陳代謝をアップさせてくれます。また、疲れによる低下した食欲をアップしてくれる効果も期待できます。酸味が苦手な方は、天然の甘味料であるステビアを少しいれるとノンカロリーで酸味の抑えられたハイビスカスティーをいただくことができておすすめです。

若返りのハーブのローズヒップで美肌ママに

レモンの20〜40倍ものビタミンCを含むローズヒップは、フルーティーで甘い香りが特徴。他にもリコピンやビタミンB群、E、フラボノイドが含まれており栄養価が高いので疲労回復や肌荒れの症状を改善するのにも役立ちます。また、ストレスによって消耗されたビタミンC も補ってくれるので、肉体的にも身体的にもストレスを感じてる妊婦さんにおすすめです。

陣痛を和らげてくれる安産のラズベリーリーフのハーブティー

ラズベリーリーフは、ヨーロッパでは古くから「安産のハーブ」として愛用されてきた歴史があります。含まれる成分の中には、子宮周辺の筋肉にはたらきかけて痙攣をおさえてくれる作用があるので、陣痛を和らげる効果が期待できます。また、ビタミンCが含まれていたり、メラニンの生成を抑えるエラグ酸が含まれているので、シミ・ソバカスを防ぐなどの美肌づくりにも役立ちます。

つわりのツライ症状を緩和してくれるペパーミント

ペパーミントには、中枢神経を刺激するメントールの成分が含まれており、つわりなどのツライ症状や腹痛、胃痛などを緩和するのに役立ってくれます。また、理由もなくイライラした感情を穏やかに鎮める作用もあります。その他、抗アレルギー作用があるので、花粉症や鼻炎などの症状で悩んでおられる方にもおすすめのハーブティーです。

貧血を改善してくれるネトルのハーブティー

ネトルは、造血作用のあるハーブティーで、血液をキレイにしてくれたり、貧血の予防などに役立ちます。また、ビタミンCのや葉酸、鉄分なども多く含んでいるので、栄養素の補給としても役立ちます。緑茶に似た風味なので、誰でも飲みやすいというのも大きな特徴です。

ハーブティーで楽しい妊婦生活を送ろう

ハーブティーには色々な種類がありどれも違った効果や風味があるので、色々試してみることで新しい発見があったり気分転換ができたりして楽しい妊婦生活をエンジョイすることができます。妊婦さんに適していないハーブティーもあるので注意が必要ですが、今回ご紹介したハーブティーは安心して飲んでいただけるものばかりなので安心してくださいね。とはいえ、飲み過ぎには注意してくださいね。体質によって合う、合わないということもあるかもしれませんので、心配な方はかかりつけの専門医に相談した上で試してみてくださいね。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る