記事の詳細

体力的にも精神的にもストレスがたまりやすい子育て中のママ。子育てだけではなく家事も一人でこなさないといけないのは、本当に大変ですよね。そんなママ達のサポートをしてくれるおすすめのハーブティーベスト5をご紹介しますので、是非あなたの日常生活に役立ててみてください。では、まずどんなハーブティーがおすすめなのかというと、下記の5種類です。

子育て中のママをサポートしてくれるハーブティーベスト5

1.ネトル

2.ラズベリーリーフ

3.ローズヒップ

4.フェンネル

5.ミルクシスル

次に、それぞれのハーブティーがどんな効果が期待できるのかをご紹介します。

貧血予防やデトックス効果の高いネトル

ネトルは、イラクサ科イラクサ属の植物で、緑茶に似た風味があり飲みやすい味が特徴です。血液の中に含まれるヘモグロビンと似た構造をもつクロロフィルを多く含んでおり、ぞ血液を新しく作ってくれる造血作用があります。貧血気味の方や、生理の出血によるツライ症状を緩和させてくれます。また、花粉症などのアレルギー症状の緩和にも役立ちます。

美肌づくりと子宮の回復をサポートするラズベリーリーフ

ラズベリーリーフは、バラ科キイチゴ属の植物で、ヨーロッパでは古くから安産のハーブとして活用されてきました。子宮周辺の筋肉にはたらきかけて、出産後の子宮の回復を助けるはたらきがあります。また、ビタミンCのとポリフェノールが豊富に含まれており、疲れによる肌荒れを改善するのにも役立ちます。

ストレスで消耗したビタミンCの補給ができるローズヒップ

ローズヒップは、バラ科バラ属の植物で、レモンの20〜40倍ものビタミンCを持っています。育児や家事を一人でしていると、どうしても知らず知らずの内にストレスがたまってしまうもの。そして、ストレスは大量のビタミンCを消耗してしまいます。そんな時にローズヒップのハーブティーを摂ることで、ビタミンCをの補給を効果的に行うことができます。また他にも、リコピンやビタミンE、ベータカロチン、フラボノイドなども含まれており、疲労回復にも役立ちます。

産後のダイエットに効果的なフェンネル

フェンネルは、セリ科ウイキョウ属の植物で、古くからダイエットに効果的なハーブとして使用されてきました。甘くてスパイシーな香りが特徴で消化を促進する作用があります。おなかにガスが溜まりやすい方や食べ過ぎによるだるさを感じる方に特におすすめです。また、催乳作用もあるので母乳の出が悪いという方にも役立ちます。

肝機能低下による肌荒れや頭痛を軽減してくれるミルクシスル

ミルクシスルはキク科オオアザミ属の植物で別名オオアザミ、マリアアザミと呼ばれています。古代ギリシャでは肝臓の薬として使われてきており、種子の中に含まれるシリマリンと呼ばれる成分が肝臓の機能をアップさせてくれます。肝臓の機能低下からくる肌荒れや、頭痛などの不調、イライラ感を鎮めたい時に役立ちます。また、母乳の出をよくする作用もあります。

子育て中のママを助けてくれるハーブティーのおすすめブレンド

では次に、今回ご紹介した5種類のハーブを組み合わせた、おすすめのブレンドを2種類ご紹介します。あなたのお好みのブレンドでまず試してみてください。

【用意するハーブ(約300ml分、ティーポットに一杯の分量)】

ネトル 小さじ1/2

ラズベリーリーフ 小さじ1

ローズヒップ 小さじ1/2

【用意するハーブ(約300ml分、ティーポットに一杯の分量)】

ネトル 小さじ1/2

フェンネル 小さじ 1/4

ミルクシスル 小さじ1

ハーブティーを活用して子育てをもっとラクに楽しく

毎日の積み重ねで知らず知らずのうちにカラダに疲れはたまっていくもの。上手にカラダをケアしてあげないと、ストレスは子供へ向けられるということも考えられます。できればそんな状況は未然に防ぎたいですよね。そんな疲れたカラダと心を癒やしてくれるのがハーブティー。是非これを機に今回ご紹介したハーブティーのブレンドを試してみてはいかがでしょうか。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る