記事の詳細

ハーブティーで病気が治るのか

ハーブティーに使用されているハーブは、害虫や外敵から身を守るために様々な進化を遂げ、そして、強い日光や雨風にも負けないよう日々たくましく生きている植物が使用されています。

そのため、ハーブは古来から健康維持や治療維持として使用されています。

日常生活において、病院に行くまでもないけれど、軽い不調を伴うものは精神的にも不愉快なもののため、少しでも和らげたいと思う人が多いと思います。

そこで、健康づくりの一環としてハーブを飲むことで、日常の中で起こる軽い不調や症状を和らげることが出来ます。

では実際に、どのような症状に効果的なのか、症状別に効果のあるハーブティーをまとめてみました。

症状別ハーブティーの選び方・心編

現代社会において、仕事やプライベートでストレスを感じることは多くあります。精神的に疲れてしまった時や、蓄積されたストレスを緩和したい際に効果のあるハーブティーをご紹介します。

カモミール

ハーブティーの中でも人気の高いカモミールは、飲み口がとても夜話価格、気分を落ち着かせてくれる効果を持っています。

また、胃腸の調子を整える働きも持っており、吐き気やストレス性の不調に有効です。

不眠などといった症状にも効果があり、飲むことで質のいい睡眠を問えることが出来ます。甘く、やさしい香りが特徴のため、香りを堪能するだけでも十分なリラックス効果を得ることが出来るハーブティーです。

ジャスミン

疲れた心をリラックスさせてくれる、甘くて優雅な香りが特徴的です。女性が多く好み、ゆったりとした時間をサポートしてくれるので、ストレスを緩和することができます。

症状別ハーブティーの選び方・体編

ストレス緩和以外にも、日常生活では少しの不調で、仕事やプライベートを有意義に過ごすことが出来なくなることがあります。

そこで、頭痛や体の痛みなどといった、様々な症状を和らげることが出来るハーブティーをご紹介します。

<胃の不調には>

オレンジピール、カモミール

オレンジや柑橘系のハーブティーは、食べ過ぎや胃のむかつきを抑えてくれる効果があります。

また、カモミールには、ストレス緩和以外にも、胃の調子を整えてくれる効果があり、吐き気や食べ過ぎで疲れている胃の調子を和らげることが出来ます。

<目の疲れには>

クランベリー

パソコンやスマホを使用することが多い現代社会では、常に目が疲れているということも珍しくはありません。

クランベリーには、ブルーベリーよりも多くアントシアニンが含まれているので、疲れた目をしっかりと癒すことが出来ます。

<花粉症には>

アイブライト

春になると、仕事に影響が出る程の不調を感じることもある症状です。アイブライトには、その症状を緩和させ、鼻水を止めてくれる効果があります。

目のかゆみにも効果的なので、仕事などで集中したいときには、記憶力を高め、マンさんしがちな集中力を取り戻すことが出来ます。

<冷え性には>

シナモン、ジンジャー、カモミール

万病のもとで、女性の天敵ともいわれる冷え性には、体を温める効果のあるハーブティーが効果的です。

3大スパイスともいわれているシナモンや、ジンジャー、そしてカモミールには、冷え性や悪寒にとても有効です。

消化を助ける働きや、不安を抑えてくれる効果もあるので、ゆらぎやすい女性にとても好ましいハーブティーです。

ハーブティーの選び方

いかがでしたか?

今回は、現代社会で生活する皆さんが切り離すことのできない不調の症状や悩みに効果的なハーブティーをご紹介しました。

日常に取り入れやすく、手軽に手に入れることが出来るハーブティーばかりでした。

マグに入れて持ち運ぶことも手軽に行えるので、仕事やプライベートでゆっくりとした時間を楽しみたいときなどは、飲んでみてはいかがでしょうか。

サイプレスは、檜に似た香り、というと日本人には伝わりやすいかもしれません。
檜のような優しい木の香りに、少しスパイシーさが含まれたのがサイプレスです。

男性用の化粧品に入っていることも多く、どちらかというと男性に好まれる香りと言えます。
婦人科系のトラブルにも有効なので、女性の方にももちろんおすすめです。

今回は、サイプレスの優しい香りに詰まった効果効能をお伝えします。
ぜひ、効果的に生活へ取り入れてください。

サイプレスとは

サイプレスは、昔から神聖なものとして大切にされています。

例えば、イエス・キリストが処刑された十字架がサイプレスだったと言い伝えられています。
そこで、死や再生を意味するとして墓地などに植えられていました。

他にも、アレキサンダー大王の艦隊も、サイプレスが使用されていたそうです。
これは、サイプレスが腐りにくい性質を持っていたからです。
現在では、シックハウス症候群の原因のホルムアルデヒドを分解する作用があるとされ、研究が進められています。

ゴッホの「糸杉の道」という作品に描かれている木もサイプレスです。
こうしてみても、昔から愛されていたハーブということがわかりますね。

※シックハウス症候群…
建材や家具から出る化学物質や、カビなどの室内空気汚染によって起こる健康障害のこと

サイプレスの効能:呼吸を整えてくれる

サイプレスは鎮静作用が期待できます。

その中でも、不安や緊張でドキドキが治まらない時におすすめしています。
一旦深呼吸をして、冷静になってから物事を進められるようになります。
何か不安に感じて気持ちのバランスが取れなくなったときは、この香りで落ち着いてから行動するといいでしょう。

サイプレスの効能:ホルモンバランスを整えてくれる

PMSや過多月経、月経不順など、婦人科系のトラブルに有効なエッセンシャルオイルです。

特にストレスから来る場合は、特に効果てき面です。
お風呂に入れるか、フットバスにして使用すれば、体が温まり、より効果を発揮してくれるでしょう。

※PMSとは…
生理前にイライラしたり体がだるくなったり、心や体に様々な不調が起こること
月経前症候群と呼ばれている

サイプレスの効能:消臭効果

高い消臭能力があることも、サイプレスの特徴です。

夏場に、ぬるめのお湯でいいのでフットバスをすると、足もサラッとして気持ちよく、嫌な臭いもなくなります。
夏場はスプレーにして持ち歩くのも良いでしょう。

サイプレスの効能:収れん作用

余分な皮脂の分泌を防ぎ、毛穴を引き締めてくれます。
キャリアオイルに希釈してフェイシャルケアにしたり、エッセンシャルオイルを加えた炭酸水ケアもおすすめです。
引きしまった肌で、小顔効果も期待できるでしょう。

アロマオイルの使い方の注意点

・妊娠初期は避けてください
・皮膚に刺激があるため、濃度に注意して使用しましょう

サイプレスと相性のいいアロマオイルの香り

・フローラル系(ラベンダーやメリッサなど)

・柑橘系(オレンジ・スイートやベルガモットなど)
いかがでしたか。
サイプレスとジュニパーベリーの組み合わせだと、むくみの解消には効果的です。
他にも、クラリセージとの相性は、リラックス効果を高めてくれます。
様々なエッセンシャルオイルをブレンドし、自分に合った香りを見つけてみてください。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る