記事の詳細

育てたハーブでハーブティーの美味しい入れ方

夏のこの季節、暑いし紫外線も強い!!

どんなにがんばっていても疲れてしまう、身体もお肌も。

こんなときリラックス効果も美肌効果も兼ね備えた飲み物が・・・??

それがハーブティーなんです。

ガーデニングでハーブを育てているのであればぜひチャレンジしてみては??

ローズヒップハーブティー

美肌ならコレ!と言われるくらいに、ポピュラーとなったローズヒップティー。 原料となるローズヒップは野バラの実で、主にロサ・カニナ(ドッグローズ)、というバラの実が使用されています。

注目すべきローズヒップの成分は、ビタミンCとビタミンEです。ビタミンCには美白、コラーゲン生成、シミ・シワの改善、疲労回復といった効果があり、ビタミンEには毛穴を引き締める効果があります。また、老化予防として最近注目されはじめた、リコピンも含んでいます。

ローズヒップティーの入れ方は、ティーバッグの場合は一人分1パック、粉砕された実の場合は一人分ティースプーン1杯を暖めたポット(またはカップ)に入れて熱湯を注ぎ、3~5分程蒸らして成分を抽出します。ホール(砕いていない実)の場合は、有効成分が出やすいように砕いてから使いましょう。

ローズヒップティーの味は、少し酸味があります。ティーを入れた後の実(茶殻)にも、まだ有効成分が残っていますから、捨ててしまわずに砂糖や蜂蜜を加えて小鍋で煮て、ローズヒップジャムを作りましょう!

なお、ロサ・カニナの他にスイートプライヤー、ハマナスといったバラでもローズヒップが採れますが、実の皮と種、種の周りについている細かい毛を良く取り除く必要があり、家庭で作るにはなかなか手間がかかるのが難点です。また、種の周りについている細かい毛を吸い込むことで、アレルギーを起こす人もあるようです。不安を感じる方は、市販のティーを使用されることをお勧めします。

ハイビスカスティー

ハイビスカスティーの原料は観賞用のハイビスカスではなく、食用に栽培されている原種「ローゼル」の花後のがくの部分です。ティーはお湯を注ぐと美しいルビー色になり、そのままでも、冷やしても楽しめます。

ドライハーブの状態でも酸っぱい香りの漂う、ハイビスカスティー。これは有効成分であるクエン酸やビタミンCが多く含まれているためですが、初めて飲む方はその酸っぱさに驚かれるかもしれません。初めてハイビスカスティーを入れるときは、ティースプーンに少なめ一杯(がく1~2個)から、まずはお味見を。蒸らしすぎると酸味が増すので、3~5分を目安にします。酸味が苦手な方は、蜂蜜やオリゴ糖などを加えてみましょう。

ハイビスカスティーの効能は、疲労回復、肌荒れの改善の他、カリウム成分による利尿効果でむくみの改善や、アントシアニンにより眼精疲労にも良いとされています。また、前項でご紹介したローズヒップとブレンドされたティーも、美肌の定番となっています。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る