記事の詳細

ハーブティの効果と効能についてご紹介します。

クローブのハーブティーの効果

クローブのハーブティは、口の中がスッキリとして食後にオススメです。しかし、そのままでは飲みにくさがあるため、フルーティな香りのハーブとブレンドすることで美味しく飲むことができます。その中でも、ミルクティーに加える飲み方をオススメします。花は、つぼみのうちに収穫します。時間が経つにつれて刺激的でスパイシーな香りが出てきます。オイゲノールを主成分とする精油は、強力な殺菌力があります。消化を促す作用があります。

グリーンティのハーブティーの効果

グリーンティは、緑色のティーです。抗コレステロール作用、体脂肪低減作用があり、成人病の予防に効果があります。カフェインが含まれており、鎮静効果のあるテアニンを含んでいるため紅茶やウーロン茶、コーヒーなどに比べて刺激が少ないです。緑茶の香りと風味、さわやかな苦味が特徴です。グリーンティの濃いものを多く飲用しないようにしてください。

クランベリーのハーブティーの効果

クランベリーを使用したハーブティは、膀胱炎、尿道炎、尿路結石などの防止に役立ちます。クランベリーのジュースやブレンドティーにして飲むことでキナ酸という成分が腸で吸収され、尿が酸性化します。これにより、大腸菌がすみにくい環境に保つことができます。感染症の原因となる菌が泌尿器の粘膜に付着するのを防ぐ効果があります。ほのかに甘酸っぱく、やさしい味わいが特徴です。

キャラウェイのハーブティーの効果

ヨーロッパでは、種子がスパイスとして使用されています。ハーブティには、消化作用があり、胃を健康にするとされています。食べ過ぎた後に飲むことで胃もたれを防ぎ、お腹が張っている際は、腸内のガスを排出する作用があります。また、口臭を消す働きがあるため、食後のティーとして飲むことをオススメします。甘くさわやかな風味があり、刺激的な苦さが特徴です。

キャットニップのハーブティーの効果

葉と花の先端部には、発汗作用があります。そのため風邪のひき始めに飲むことで良い効果に期待できます。解熱作用があり、胃腸の不調や消化不調の症状を改善してくれます。ハッカに似た香りがあり、ハーブティで飲む以外にも、布袋に詰めることで猫のおもちゃにも変身します。やさしい香りと、おだやかな風味があります。かすかな渋みもあるのが特徴です。

いかがでしたか?それぞれのハーブの効果と効能を知ることで、体調に最適なハーブを選択することができます。是非、参考にしてください。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る