記事の詳細

「サフラン、サフラワー、コリアンダー、コモンマロウ」のハーブティとしての効果と効能をご紹介します。

サフランのハーブティーの効果

サフランのハーブティは、生理痛や冷え性に効果があります。パエリヤやブイヤベースのスパイスとしてサフランは使用されます。ハーブティに使用されるのは、柱頭とされている雌しべの先端の部分です。ハーブティとして飲用することで、高齢者の記憶力の低下、肘や肩の痺れ、などに効果があります。独特の香りがあり、油分を感じます。なめらかな味わいが特徴です。妊娠中の人は避けて、大量に飲用しないようにしてください。

サフラワーのハーブティーの効果

サフラワーのハーブティは、冷え性や生理不順に血の流れをよくする薬用のハーブになります。昔から赤や黄色の染料として使用されてきました。中国では、血を動かす薬草として利用されてきました。血流を刺激して、血行を良くしてくれます。このような効果により冷え性を改善します。また、生理痛、更年期障害、などを緩和してくれます。やさしい味で、花の香りと、まろやかな口当たりが特徴です。キク科植物にアレルギーのある人は、注意してください。妊娠中の人は、避けることをオススメします。

コリアンダーのハーブティーの効果

料理に使用されるコリアンダーの葉は、アジアではパクチーと呼ばれています。クセのある独特の香りがします。ハーブティに使用する果実は、クセがなく飲みやすいのが特徴です。ハーブティには、消化を助ける特徴があり、食べ過ぎや胃もたれなどの防止に効果があります。食後にハーブティを飲むことをオススメします。腸内に溜まったガスを排出してくれます。スパイシーな香りがあり、うまみがあるのが特徴です。

コモンマロウのハーブティーの効果

コモンマロウのハーブティは、色の変化を楽しみながら炎症を抑えてくれます。お湯を注ぐと鮮やかなブルーが出ます。時間とともに、グレーになります。レモン果汁を加えると美しいピンク色に変化します。水出ししたハーブティを凍らせると青紫色の氷になります。咳や気管支炎をやわらげるほかに、胃の粘膜を保護して胃炎や腸炎など消化器系の炎症を緩和してくれます。風味に特徴がなく、色の変化を楽しめます。レモン果汁を少し加えることで、酸味が加わり美味しくなります。鎮静、消炎、皮膚、粘膜の保護、視覚機能向上に効果があります。

いかがでしたか?ハーブの知識を学ぶことで、自分の体調に合うハーブを選択することができます。是非、参考にしてください。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る