記事の詳細

キャラウェイ

学名:Carum canvi
分類:セリ科・キャラウェイ属
別名:ヒメウイキョウ
種類:2年草
草丈:30~80cm
原産地:西ヨーロッパ
精油成分:カルボン、リモネン
利用部分:葉、花、根、種
利用方法:料理、美容、健康、アロマ
効果・効能:駆風、去痰、消化促進、利尿
花言葉:迷わぬ恋

キャラウェイとは

石器時代の遺跡や古代エジプトの墓、シルクロード沿いの古代の宿場町の遺跡などからキャラウェイが発見されています。

紀元前1552年のエベルス・パピルスに、ギリシャの薬草学者ディオスコリデスによってキャラウェイのことが記されています。

また、5000年前にスイスのメソリティク湖周辺に住んだ原住民の住居跡にキャラウェイの種が残されているのが発見されていたり12世紀のドイツの医学書にキャラウェイのことが記載されています。

14世紀のイギリスの料理の本にも料理で使われたことが記されています。インドのヒマラヤ北部には野生のキャラウェイが繁殖しています。

平地では冬の収穫作物として、カシミールを栽培し標高2700~3600mの地方では夏の作物として栽培しています。

キャラウェイの使い方

種を利用する事が多いハーブです。種の精油成分にはカルボンとリモネンが含んでいて胃を健康にしてくれたり駆風薬に使われたりします。

ドイツ料理のキャベツの煮物でザウエルクラウトやハンガリーの煮込み料理のグヤーシュには必ずキャラウェイの種が使われます。

他にはピクルス、サワークラフト、チーズ料理、パン、クッキー、焼きりんごなど幅広く使われます。

種をかみつぶした時の風味が人気で乾燥させたキャラウェイの種を料理や加工食品に粉か粒状で使われます。葉はサラダやスープなどに使います。

キャラウェイの特徴

ヨーロッパ東部、北アフリカ、西アジアが原産地で現在ではアメリカ、ロシアでも栽培されているといいます。日当たりが良く肥沃な土壌を好みます。

葉の模様はニンジンの葉のようです。花が咲くには2年目年からで白やピンクの小花を咲かせます。

花が咲いた後に種を収穫していきますが強い香りを持つスパイスとして人気があります。

キャラウェイの育て方

キャラウェイの種まき
4月から5月までの春まきと9月から10月までの秋まきがあります。キャラウェイは種から育てていくと上手に育ちます。

ポットを利用して中に土を入れていきます。土を1㎝くらい掘って種を2~3粒くらい蒔いていきます。軽く土をかぶせて水をかけていきます。

発芽するまで土を乾燥させないように水をしっかりとあげます。発芽して来たら間引きをしていきます。段階ごとに数回繰り返します。

本葉がでてきたら日光に当てながら育てていきます。
キャラウェイの苗植え
4月から5月までと9月から10月までが適期です。日当たりが良く水はけのよい肥沃な場所を選びます。

移植を嫌うハーブなので地面に植えるか鉢植えに植えていきます。根が深く伸びるので鉢植えを選ぶ時は深めのものを選びます。

地面に植える場合は苗間を40㎝離します。根が直根で痛みやすいからです。土を準備したら苗よりも大きく土を掘って植えていきます。

しっかりと土をかけて水をあげながら根が張るまで充分に水をあげていきます。
キャラウェイの収穫
3月から8月頃は葉の収穫をします。それが過ぎたら種と根の収穫をします。9月から10月頃までにします。

種の収穫方法は色づいてから茎ごと切り取って風通しの良い日陰で乾燥させて保存していきます。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る