記事の詳細

カモミール

学名:Matricaria necutita、Chamaemelum nobile
別名:カミツレ、カミルレ、カモマイル
分類:キク科・カミツレ属
種類:一年草・多年草
草丈:40cm~100cm
原産地:ヨーロッパ
利用部分:葉、花、茎
利用方法:ティ、料理、美容、健康、染料、アロマ、混植
精油成分:アズレン、テルペンアルコール、ノニル酸、カプリン酸

カモミールとは

ウォドン神がこの世に与えた9種の聖なるハーブの1つだと信じられています。特にイギリスでは古くからよく知られているハーブです。

太陽の神への捧げものとしていた古代エジプト人は治癒の秘薬、最高のハーブとしてカモミールを称えてきました。また、熱病や婦人病の治療薬として使用されました。

婦人病の薬として貴重にされたように属名の「Matricaria」はラテン語のマトリックスで子宮の意味です。

ギリシャ人が、カモミールを「カマイ・メロン」(地面のリンゴ)と呼んでいますが、その理由はカモミールの花の香りがリンゴの香りに似ているからです。

スペイン語名マンサニージャ「manzanilla」も「リンゴ(manzana)のような(香りがある)もの」という意味になっています。

カモミールと一緒に他の植物を植えてみると他の植物たちがよく育っていくのがわかります。

それはカモミールの独特な性質で「植物のお医者さん」といわれるように他の植物を健やかに保ってくれる力をもっているからです。

1638年に書かれたウィリアム・ロースン著の造園書には、「テッサリアの神殿の森のごとく、広くてゆったりとした散歩道には、砂利と砂を敷き詰め、ベンチを設けて、カモミールを植えるとよい。心身ともに健康になるであろう」とあります。また、逆境にあるものを激励する言葉に、「カモミールの苗床のごとく、踏まれるたびに成長せよ」というものがあります。

カモミールの種類

ジャーマンカモミール「植物のお医者さん」
アズレンを多く含んでいます。一緒に植えた植物を元気づけ病気から守ってくれます。花を収穫して残った茎や葉は刻み込んですきこむと優良な肥料になります。草丈は40~50㎝くらいになります。
ローマンカモミール
苗が小さいうちはジャーマンカモミールと区別が難しいです。花だけでなく全草から良い香りが出ているので苗を触って香りをかいでみると区別がつきます。草丈は10~20㎝くらいになります。
ダイヤーズカモミール
ローマンカモミールの仲間で八重咲きで芝生にもちいます。薬用・染料に使われます。

カモミールの使い方

心と美容に著しい効果があります。憂鬱な心を鎮静効果で抑えていきます。様々な神経症に使用されてきました。

特にヒステリー的なものには昔からよく使われていて古代エジプト時代から現代の薬草専門家に至るまで利用してきました。

また皮膚の炎症の中でも特に皮膚炎、アレルギー性皮膚に効果が期待できます。腫れもの、炎症を起こした傷・潰瘍にも使用できます。

やけどにも特効薬です。カモミールを民間の治療薬として子供たちによく与えている国があります。フランスとドイツです。

また更年期を始め女性特有の病気や神経障害に対する効果が知られています。

都内とは思えないほど、緑がいっぱいの植物園です。

小石川植物園の開園時間

1月4日~12月28日

9:00~16:30(入園は16:00)

休園日:月曜日(祝日の場合はその翌日、月曜から連休の場合は最後の祝日の翌日が休園日)

小石川植物園のアクセス

住所:東京都文京区白山3-7-1

電話:03-3814-0138

・車  首都高速道路・飯田橋出口から約10分 ※専用駐車場はありません

・電車 都営地下鉄三田線・白山駅下から徒歩約10分

小石川植物園の入場料金

大人(高校生以上)¥400・小人(小中学生)¥130 ※6歳未満は無料

小石川植物園とは

一般には「小石川植物園」の名で呼ばれていますが、正しくは『東京大学大学院理学系研究科附属植物園』です。歴史を辿ると、1684年に徳川幕府が設けた「小石川御薬園」が前身だそうで、日本最古の植物園です。1877年に東京大学が設立された直後に付属植物園となって、一般に公開しています。歴史的な価値が評価され、2012年には国指定の名勝及び史跡になりました。

約16万㎡の広大な敷地には4000種ほどの植物が栽培されていて、春はウメやサクラ・秋には紅葉と、一年を通してたくさんの植物を楽しむことができます。

小石川植物園の見どころ

東京大学大学院理学系研究科附属植物園と言うこともあり、園内の本館には研究室があり植物標本約70万点と関連図書約2万冊がありますが、残念ながらここは一般には公開していません。しかし、植物園の「分類標本園」では生きた植物から分類体系を学べるように約500種の代表的な植物が集められたり、徳川幕府時代の薬園だった当時、ここで栽培されていた約120種の薬用植物が「薬園保存園」にあるので、花や樹木を見る一般の植物園と違い、深く植物について学べる施設になっています。

もちろん、樹齢130年のソメイヨシノ・100種以上に及ぶツツジやシャクナゲが集められたツツジ園・園芸品種約50種100株が植えられた梅林・小石川植物園でも人気の高いハンカチノキなど、見て楽しめる花もたくさんあります。

変わったものでは、1964年に株分けされた「ニュートンのリンゴの木」や、メンデルが実験に用いた葡萄の木を株分けされた「メンデルの葡萄」などがあります。

秋には美しく紅葉するイロハモミジの並木や、メタセコイアの林・スギやヒノキなど日本の代表的な針葉樹からなる林・徳川幕府の薬園のころから栽培されていたカリン林など、樹木の種類も豊富です。

小石川植物園の近隣にある観光スポットの紹介

こちらも、都内では有数の緑のオアシスです。
都立六義園(りくぎえん)

1695年に徳川綱吉から旧下屋敷跡地を拝領し、2万7千坪の土地を約7年かけ回遊式築山泉水庭園を造り上げました。造園当時から小石川後楽園と共に江戸の二大庭園と言われました。明治時代になると、三菱の創業者・岩崎弥太郎氏の所有となり、1953年には国の特別名勝指定されました。ここは、手入れの行き届いた芝生とツツジが有名。鮮やかなピンク色のツツジが咲くと、芝生の緑との絶妙なコントラストを描きます。

住所:東京都文京区本駒込6-16-3

電話:03-3941-2222

小石川植物園から車で約5分

※詳細は東京都公園協会のホームページをご覧ください

都内でも花と緑が楽しめる場所が、意外とたくさんあります。

最新スポットも楽しいですが、歴史のある庭園も落ち着いた雰囲気が素敵ですよ。

お手軽な値段なのに、花を満喫できる!気軽に行ってみよう!

神奈川県立フラワーセンター大船植物園の開園時間

3月~9月・10月3月 9:00~17:00(観賞温室は9:30~16:30まで)※入園は16:00まで

11月~2月      9:00~16:00(観賞温室は9:30~16:00まで)

休園日:毎週月曜日(祝祭日の場合は開園し、火曜日が休園)・祝祭日の翌日(該当する日が土・日・祝祭日に当たる場合は開園)・12月28日~1月4日

神奈川県立フラワーセンター大船植物園のアクセス

住所:神奈川県鎌倉市岡本1018

電話:0467-46-2188

・車  横浜横須賀道路・朝比奈ICから約20分

・電車 JR大船駅から神奈川中央交通バス利用し、バス停「岡本」下車し徒歩約3分

神奈川県立フラワーセンター大船植物園の入場料金

20歳以上65歳未満¥360・学生(中高生を除く)と20歳未満¥250・高校生と65歳以上¥100

※中学生以下は無料

神奈川県立フラワーセンター大船植物園とは

観賞植物の生産振興と花卉園芸の普及・植物に親しむ場の提供を目的として、1962年に神奈川県農業試験場の跡地に開設されました。園内には国内や海外から集められた植物約5000種があり、一年を通じて季節ごとに咲く花を楽しむことができます。花時には県内外から観光客が訪れ、2016年7月18日には開園からの総入園者数が1500万人を達成しました。

全国でも有数の規模を誇る「しゃくやく」や、約350品種1200株の「バラ」が見どころの1つ。他にも「はなしょうぶ」や「ぼたん」「つばき」など、花の種類ごとに分けらた各園や観賞温室があります。

神奈川県内でも最大の菊花大会や展示会など、さまざまなイベントが開催されます。

神奈川県立フラワーセンター大船植物園の見どころ

園のメインフラワーと言ってもいいのが「しゃくやく」。「しゃくやく園」には約200品種2000株があり、全国一の規模を誇ります。明治末から昭和初期に輸出を目的として品種改良された『大船系』など、珍しいものも見ることができます。

休憩所を中心として、原種やオールドローズやつるばらなどが周辺を囲むように咲く「バラ園」では、神奈川で育成されたバラも含む約350品種1200株が春と秋に見頃を迎えます。景観を重視し立体的に作られているので、満開時にはボリューム感があり見ごたえ充分です。

しゃくやくと同様、『大船系』と呼ばれる「はなしょうぶ」が栽培されています。他にも『江戸系』『肥後系』『伊勢系』などがあり、現在では約160品種1300株ほどがあります。

熱帯・亜熱帯の植物約1300品種を世界中から集めた『観賞温室』内は、植物の種類や性質に合わせて「ラン室」「ハイビスカス室」「スイレン室」など6室に分けられています。1992年に開園30周年を記念して建て替えられ、風通しがよく光を効率的に取り入れるようドーナツ型のユニークな形をしています。

これ以外にも、3月中旬から4月下旬に見頃を迎える『つつじ・しゃくなげ園』・中国系を含む約120種320株を栽培している『ぼたん園』・7月中旬に可憐なハスが花を咲かせる『スイレン池』や、小さな池泉回遊式の和風庭園などもあります。

神奈川県立フラワーセンター大船植物園の近隣にある観光スポットの紹介

少し移動すれば、人気観光地の北鎌倉まですぐです!
北鎌倉

建長寺・東慶寺・浄智寺・明月院・円覚寺など、有名なお寺が集まっています。1つ1つが見ごたえたっぷりなので、時間があればぜひ寄ってみましょう。付近にはおしゃれなカフェや和食のお店もあるので、ランチや休憩にもピッタリです。

神奈川県立フラワーセンター 大船植物園から車で約10分

※詳細は鎌倉市観光協会のホームページをご覧ください

鎌倉に近いけど、行った事がない方も多いのでは?

ちょっと足を延ばせば、こんな素敵な植物園がありますよ!

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る