記事の詳細

ハーブティの効果と効能をご紹介します。

ジンジャーのハーブティーの効果

ジンジャーのハーブティは、風邪のひき始めに体を温めます。乗り物酔いなどの吐き気に効果があります。熱帯アジアを原産としており、昔から薬用、香辛料として使用されました。生のジンジャーは、弱った胃腸、吐き気、風邪の症状に効果があります。料理においては、魚や肉の臭みを消したり、風味づけなどに使用されます。乾燥したジンジャーは、腰痛や胃痛に効果があります。ティーとして飲むことで体を温めてくれるので冷え性や悪寒を感じるときに飲んでください。生姜の爽やかな香りがあり、辛味とスッキリとした風味があります。

ジャスミンのハーブティーの効果

ジャスミンのハーブティには、神経を抑えてリラックスさせる働きがあります。抗鬱的な気分を楽にしてくれます。クレオパトラが愛用していたとされています。最近の研究により、性機能障害の改善に役立てられることもあります。精油は、1kgを採取するのに1tの花弁が必要とされます。それほど高価な物になります。エキゾチックで濃厚な香りがします。オイルマッサージや芳香浴に利用されています。ジャスミンのおだやかな香りがあり、スッキリとした後味です。カロライナジャスミンは、強い毒性があるので、飲用することのないように注意が必要です。

シナモンのハーブティーの効果

シナモンのハーブティは、三大スパイスの一つです。昔から、伝統医学に用いられてきました。胡椒やクローブとともに三大スパイスとして広く使用されています。樹皮には、消化機能を促進する作用があります。精油は、強力な抗菌作用、抗真菌作用、抗ウイルス作用、などがあります。また、精神的に疲れた場合や、不安な気分のときにハーブティとして飲むことで気分を落ち着かせてくれます。シナモンにアレルギーのある人は、注意が必要です。妊娠中の人は、避けて多量に飲用しないようにしてください。

サマーセーボリーのハーブティーの効果

サマーセーボリーのハーブティは、健胃、強壮作用に優れています。精神的な疲れに効果的です。昔からスパイスとして使用されてきました。胃を丈夫にするとされており、胃腸が弱っているときに飲むことで腸内のガスを抑えてくれます。強壮作用があり、精神的に疲れているとき、気分を変えたいときに飲むことをオススメします。タイムとオレガノを混ぜたような刺激的でエギゾチックな風味が特徴です。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る