記事の詳細

ハーブティーの効果と効能についてご紹介します。

ホーステールのハーブティーの効果

ホーステールのハーブティーは、ケイ素、シリカを豊富に含みます。それらの成分により、体内の傷や傷跡を修復する効果があります。他のハーブには、含まれていないミネラルのケイ素が含まれています。ケイ素は、骨や軟骨の発育を促進し、骨粗鬆症の予防に効果的です。他にも、利尿作用があり膀胱炎や尿道炎にも効果があります。傷んだ髪や爪、にきび、湿疹、などに長時間煮た液を使用することで改善してくれます。

プランテーンのハーブティーの効果

プランテーンのハーブティーは、粘液質によりおだやかな下剤として利用できます。胃の炎症をおさえたり、尿路の感染症や炎症をやわらげてくれます。コレステロール値を下げる働きもあります。さわやかな香りがあり、ほのかな渋みがあります。

フラックスのハーブティーの効果

フラックスのハーブティーは、種子に含まれる粘液質が便秘や腸のトラブルに効果的です。ドイツでは、慢性の便秘や腸炎に対して効果があるとされ、使用が認められています。フラックスから採れる油は、フラックスシードオイルと呼ばれます。このフラックスシードオイルは、必須脂肪酸の重要な供給源になっています。他にもご飯と一緒に炊き込んだり、パンやクッキーに練りこんだり、おひたしに振りかけたりなど、様々な使い方があります。炒りたてのゴマの香りがあり、油分を感じさせます。かすかな甘みがあります。

フェンネルのハーブティーの効果

フェンネルのハーブティーには、甘みがあり、飲みやすいです。古代ギリシャ人は、フェンネルをダイエットに利用していたそうです。フェンネルのハーブティーは、甘みがあり消化を助けてくれます。胃や腸内にたまったガスの排出を促進します。このような作用は、セリ科のアニスシードやキャラウェイなどと共通しています。甘みや芳香があり、アニスに似ています。

ヒソップのハーブティーの効果

ヒソップのハーブティーは、香りが強く風邪などの際に飲むことをオススメします。神殿を清めることに使用されており「聖なるハーブ」と呼ばれていました。現在の研究により、葉に抗生物質の一種であるペニシリンを算出するカビが繁殖することが判明しました。ヒソップのハーブティーを飲むことで、気管支炎、喘息、ウイルス性の風邪、などに効果的です。発汗作用があるため解熱に効果があります。ヒソップの花のついた枝を漬けたハチミツは、咳止めなどに効果があります。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る