記事の詳細

花も温泉も楽しみたい!そんな欲張りさんにおススメです。

フラワー&ガーデン森の風の開園時間

2016年度

4月23日〜11月6日  10:00〜20:00(最終受付19:00)

11月7日〜翌年1月9月 16:00〜20:00(最終受付19:00) ※イルミネーション期間

休園日:営業期間中無休 ※悪天候により閉園する場合があります

フラワー&ガーデン森の風のアクセス

住所: 岩手県岩手郡雫石町鴬宿10-64-1

電話:019-691-8787

・車  東北自動車道・盛岡ICから約25分

・電車 東北新幹線・盛岡駅から無料シャトルバス利用で約35分

フラワー&ガーデン森の風の入場料金

大人(中学生以上)¥600・小人(小学生)¥300

イルミネーション期間 大人¥500・小人¥200

フラワー&ガーデン森の風とは

2014年7月にオープンした、岩手県・鶯宿温泉「ホテル森の風」に併設された施設です。約23000㎡の敷地を持つ、日本最大級の本格的ガーデニング庭園です。

国内外で高い評価を受けている世界一の庭師・石原和幸氏が手掛けた庭園なので、見ごたえもバッチリ!

園内は、4つのガーデンで構成される「メインガーデン・森の渓谷」と、2つのガーデンと芝桜の咲く広場・永遠の愛を誓う『愛と幸福の鐘』のある「コミュニティガーデン・森の丘」にわかれています。

2014年9月から行われている「ガーデンイルミネーション森の風」は、33万球の電飾が幻想的な雰囲気を作り出すナイトガーデン。期間中の土曜日は花火の打ち上げもあり、宿泊者以外も入園できることからたくさんの人で賑わいます。

フラワー&ガーデン森の風の見どころ

主に、東北地方に生息する300種以上の植物が楽しめます。
メインガーデン・森の渓谷
「エントランスガーデン」「メインガーデン」「チェルシーガーデン」「トピアリーガーデン」の4つのテーマガーデンで構成されています。

メインガーデンの玄関口にあたる「エントランスガーデン」は、森の中の小道を歩くように、小さな川のせせらぎを感じながら季節ごとに色合いを変える花々が楽しめます。「メインガーデン」は、まさにこのガーデンのメインスポット。数百種類に及ぶ植物が絶妙のバランスで配置され、渓谷を流れる水の音や小鳥のさえずりを聞きながら花の鑑賞ができます。ちょっとした森林浴の気分が味わえそうです。庭園デザイナーとして世界的にも有名な、石原和幸氏の技術と感性を注いで造られ、ガーデニングに関心のある人にとってヒントをもらえそうな庭園です。植物を使って動物たちの世界を表現している「トピアリーガーデン」。トピアリーとは樹木や低木を刈り込んで作る造形物で、子どもにも楽しんで見てもらえるよう工夫がされています。どんな動物たちを表しているか、親子で考えてみるのもいいですね。
コミュニティガーデン・森の丘
「愛と幸福の鐘」「コニファーガーデン」「スイーツガーデン」「芝桜」のエリアに分かれています。

「恋人の聖地」に選定された永遠の愛を誓う鐘。恋愛中のカップルはもちろん、ご夫婦もぜひここに来たら鐘を鳴らしましょう!展望台に設置されているので、ガーデンの眺望も楽しめますよ。「コニファーガーデン」では様々な種類や形のコニファー(針葉樹)を集め、緑のコントラストが映える景色が楽しめます。花だけでなく実がなる植物も植栽しているのが「スイーツガーデン」。果物・スイーツが好きな方でも、どんなふうに実がなるのか知らないと言う方もいるはず。実際に見てみると面白いかも?4月下旬頃から開花を始める芝桜が楽しめるのも、このエリア。約5万坪もの広場に植えられた芝桜が一面に咲く様子は、見事です!

フラワー&ガーデン森の風の近隣にある観光スポットの紹介

もう1つ、湿性植物が見られる植物園へもどうぞ。
尾入野湿性植物園

カキツバタが25000株と、見ごたえのある植物園。4月にはミズバショウ・5月下旬からはカキツバタ・7月下旬にはスイレンと、水辺に生息する植物が楽しめます。このあたりはホタルも棲息していて、7月にはホタルの飛ぶ幻想的な風が見られます。

フラワー&ガーデン森の風から車で約15分

※詳細は岩手県立御所湖広域公園ホームページをご覧ください


ホテルに併設されている庭園なので、旅行の計画を立てている方にはおススメです!

もちろん宿泊者以外も入れるので、近くに行ったら立ち寄ってみてください。

マリーゴールド

学名:Calendula dfficinalis
別名:キンセンカ・トウキンセン
種類:キク科キンセンカ属・1年草
草丈:30~60㎝
原産地:ヨーロッパ南部
利用部位:葉、花
利用方法:ティ、料理、美容、健康、アロマ、混植
作用:抗炎症、生肌

マリーゴールドとは

学名Calendula dfficinalisの意味は「薬効のあるキンセンカ属」です。マリーゴールドの名前の由来は「聖母マリアの黄金」にあります。

マリーゴールドはメディカルハーブとして使う場合、観賞用のフレンチマリーゴールドと混同しないようにします。古代エジプトでは若返りの妙薬でした。

またインドのヒンドゥー教徒は祭壇をこの花で飾ります。17世紀には様々な病気に効く万能薬として使われていたことが記されています。

マリーゴールドの種類

ポットマリーゴールド
冬型キンセンカ属、主にマリーゴールドと呼ばれます、食用や香味料にする植物なので「ポットハーブ」ともいいます。

「ポット」の意味は食用にできる山菜、野草でイギリス名です。
フレンチ・アフリカンマリーゴールド
夏型マンジュギク属・観賞用、ドライフラワーやポプリに使用します。

マリーゴールドの効能

肌を綺麗にする効能
肌を綺麗に保つ作用があるために吹き出物が出来る事を抑えます。

もし吹き出物ができて腫れたり痛みがともなうときにもこれらを緩和させる効果があります。

ティにして飲んでみたり湿布にして貼ります。ローションにして使う事も出来ます。素肌を保湿してスベスベの肌にします。
染料としての効能
花の黄色い色を染料として使います。サフランの代用として使われる時もありました。

金髪の女性が美しい金髪をさらに美しく保つためにこの花で髪染めをしました。シルクや羊毛の染色にも適しています。

花弁だけでなく葉や茎も一緒に染料に使うと褐色かかった緑色に色付けされます。
ルテインで抗炎症作用の効能
カロテノイドの一種です。抗炎症作用、抗酸化作用があり眼精疲労や眼病予防に使われます。花弁に多く含まれています。

マリーゴールドの効果

目の健康
天然ルテインが豊富に含まれています。人間の目では網膜や水晶体の中にルテインが多く存在します。

ルテインはテレビやパソコンの画面から発せられるブルーライトや光によって発生する活性酸素を除去する働きがあります。

しかしルテインは年齢と共にその働きは衰えて視力低下や様々な目の病気を引き起こします。
白内障
原因の一つに活性酸素が上げられますが目の水晶体のタンパク質が変形してきます。

これによって白く濁り視界がぼやけたり眩しく感じられたりします。
黄斑変性症
黄斑はルテインが多く集まっている場所です。

目の網膜の中心である黄斑が変形するとモノが歪んで見えたり中心部が見えにくくなります。

年齢とともに黄斑のルテインの濃度が低下する事によって光による強いダメージよってこの発症します。
胃炎や胃潰瘍を予防する効果
抗炎症作用により胃の粘膜の炎症を抑えてくれます。胃潰瘍の予防にも役立ちます。
子宮の働きを助ける効果
女性ホルモンの作用があります。生理不順、整理周期のバランスを整えてくれます。
虫よけの効果
ネグサレセンチュウ、ネコブレセンチュウに効果があります。ただし、根が張った土の中だけで効果を発揮します。

使用する方法は畑全体にマリーゴールドを植えたらそのあとに他の作物を植えるようにします。

一緒に植えてしまうと栽培したい作物の栄養を奪ってしまったり日陰にしてしまったりします。

ニンジン、ダイコン、ナガイモなどの根菜類がネグサレセンチュウの被害が多いものといえます。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る