記事の詳細

クレソンといえば、ぴりりとした風味が特徴のステーキの付け合わせで有名ですよね。サラダなどにも添えられていますが、なんとなく脇役感が否めません。そこで、今回はクレソンの風味を活かした春ならではのレシピをご紹介します。

クレソンと春野菜のみぞれ鍋の作り方

材料(4人前)
●だし汁●水 1800ml・野菜くず(冷蔵庫の残り野菜や端っこなどでOK) あるだけ・鯛あら あるだけ・煮干し 20匹程

●具材●鯛の切り身 4~5枚・クレソン、菜の花 それぞれ2束づつ・しめじ 1株・アスパラガスやキャベツ、ブロッコリーなどを適量・大根おろし 1/4本分

●〆の和風雑炊●ごはん 3~4膳分・とろけるチーズ 適量・醤油 大さじ2・黒コショウ 適量

(1)葉物野菜は洗って食べやすいサイズに切っておきます。時間があれば切る前に茎を水につけておくとシャキッとします。

(2)だし汁を作ります。鍋に水と野菜くずを入れて沸騰させます。このとき使う鍋は食卓にだす鍋とは別のものを使ってください。

(3)沸騰したら、鍋に金属製のざるを入れ、そこへ煮干し・鯛あらを入れます。弱火で30分煮込んだらだし汁は完成です。〆のトッピングに使えるように、鯛あらの身をはがしておきましょう。

(4)土鍋などに切った葉物野菜などの具材と大根おろしを汁ごと入れたら、先ほどのだし汁を8分目まで注ぎます。火が通れば出来上がりです。ゆず胡椒とポン酢で召し上がれ。

(5)具材を楽しんだら、土鍋のだし汁をざるで濾します。濾せたら、沸騰させてごはんを入れてふつふつしたら2分ほど中火で煮ましょう。

(6)(3)でとっておいた鯛の身と、チーズをのせて醤油を垂らしたら蓋をして5分蒸らしたら出来上がりです。お好みで黒コショウを散らしてくださいね。

野菜くずがないときは和風だしでも代用できます。まだ肌寒いこの季節、ほっこり温まるお鍋でクレソンを味わってみては?

クレソンの効能

いつも脇役のクレソンですが、栄養はばっちりなんです。クレソンといえばあのピリッとした辛味。あの辛味はわさびにも含まれる「シニグリン」という成分で、食欲増進、胃もたれを軽くする作用があります。ステーキなどの肉料理に添えられているのも納得ですね。さらにビタミンA、B、C、E、カルシウム、亜鉛がたっぷり含まれているので、貧血防止に役立ちます。利尿作用もあるので、むくみが激しい方にもおすすめです。

2014年にアメリカの疾病予防管理センターで発行された機関誌で、健康に役立つ栄養素の含有量のスコアランキングの1位をとったのもクレソンなんですよ。強い抗酸化作用があるカロテンが豊富に含まれているので、アンチエイジングにも一役買ってくれそうです。ヨーロッパでは昔からその優秀さを認められていて、ギリシャでは「クレソンを食べて知恵を得よ」という言い伝えがあるほど。それほど優れたハーブなのですね。

クレソンの使い方

洋風の料理に使うのはもちろんのこと、和食にもどうぞ。おひたしにしたり、三つ葉のように茶碗蒸しなどにトッピングするのもいいですね。
他のハーブと同じようにハーブティーにもできます。その際は乾燥させて使ってください。利尿作用のある女性の味方のハーブティーになりますよ。

もし買ったクレソンの茎が固くて食べられなかったりしたら、コップに水と化粧砂を入れて挿し木してみてください。毎日水替えすると柔らかな葉が生えてきます。

クレソンの旬は3月から5月です。旬真っ盛りの美味しいクレソンをぜひご賞味ください。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る