記事の詳細

エルダーフラワーはスイカズラ科の植物で、セイヨウニワトコという植物の花の部分になります。ヨーロッパの各地で5月から6月頃に咲き、初夏にはクリームがかった色の小さな花をたくさん咲かせます。ヨーロッパでは、昔からこのエルダーフラワーを使い、コーディアルシロップを作ったり、料理やお菓子などに利用されてきました。特にイギリスや北欧の伝統的なハーブのひとつです。 エルダーの花はマスカットのような香りを持ち、ハーブティーにも用いられます。

エルダーフラワースコーンの作り方

材料 (スコーン)

・薄力粉        250g
・ベーキングパウダー  小さじ3
・はちみつ       大さじ1
・バター        50g
・牛乳         大さじ2
・卵          1個
・エルダーフラワー    小さじ1杯半
・ネトル        小さじ1杯半
作り方
1.エルダーフラワーとネトルを混ぜ、すりこ木で摺る。それを牛乳の中に入れレンジで30秒加熱する。
2.薄力粉とベーキングパウダーを入れて混ぜ、冷えたバターを切って入れ混ぜる。
3.卵とはちみつ・ハーブ入りの牛乳も加えてこねる。

4.出来た生地を薄力粉をひいた上に、1cmぐらいの厚みに伸ばす。
5.型抜きをし、レンジは180~190度で温めておく。
6.鉄板に型抜きした生地をのせて、180~190度で約15分焼いて出来上がり!
花粉症の方にも喜ばれるおいしいスコーンです!

エルダーフラワーでババロアの作り方

材料 (2人分)

・牛乳       200cc
・エルダーフラワーコーディアル 大さじ3
・粉ゼラチン          5g

・砂糖             大さじ1

・お湯             50cc
作り方
1.粉ゼラチンを熱いお湯で溶かす。
2.お湯が熱いうちに砂糖、コーディアルも入れて混ぜ、牛乳を加える。
3.容器に入れ、40~60分ほど冷やして固まれば出来上がり。
可愛い器に入れてミントを飾ればオシャレに!

エルダーフラワーの効能

風邪かな?と思ったときには、エルダーフラワーがおすすめです。このハーブは粘液を浄化し、呼吸器の気道をきれいにしてくれるため、風邪やインフルエンザの治療に用いられてきました。アレルギー性の鼻炎や花粉症など鼻水・鼻づまりなどの緩和にも効果を発揮します。また、エルダーフラワーは利尿作用や発汗作用もあり、デトックス効果も期待できます。むくみ対策にもエルダーフラワーのハーブティーをお試し下さい。今日欧米ではエルダーフラワーはインフルエンザの特効薬としても知られています。また、その多くの効能から「万能の薬箱」とも呼ばれているそうです。

エルダーフラワーの注意

エルダーフラワーは適量を守れば、花弁自体に副作用はないのですが、エルダーフラワーが枯れた後に実るエルダーベリーやエルダーフラワーの葉には毒性があり、嘔吐や下痢を引き起こす危険性がありますのでご注意下さい。また、ドライタイプのエルダーフラワーを飲まれる場合、ハーブティーを1日1回程度なら問題ないですが、1日に何杯も飲んでしまうと体調を崩してしまうのでお気を付けください。

エルダーフラワーの花言葉

エルダーフラワーの花言葉は「思いやり、熱心さ、哀れみ」です。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る